無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月30日 (土)

お正月用のお餅-黄金色に輝く 「玄米もち」

 今年もお正月用のお餅を買いました。 コジマフーズというお米屋さんが母体のお店で毎年買っている「黄金もち」と呼ばれている有機玄米ののし餅です。

 我家はここ20年ぐらい、このお餅を毎年のようにお正月用に注文しています。 今でこそ自然食とか有機農法とか一般的になってきましたが、20年前はそれ程普及していなくて、このお店も当時自然食関係の何かの本か雑誌で知って買い続けています。 (その頃は「小島米穀店」という小さな商店街の米屋でしたけど、今はブームに乗ってかお店も会社の規模も大きくきれいになりました。)

 当時からこのお店はこの手の玄米餅を「黄金もち」と呼んでいたと思うのですが、今改めてホームページを見ると「黄金もち」の名称が無いので、どこかよその餅屋が登録商標していたのかしらん。

 Photo_5

 このお餅はモチモチした完食の中に玄米のつぶつぶ感があって、噛むほどに玄米の持つ滋養を感じる旨味があります。 普通のお餅みたいに喉に詰まる様な事もないのでお年寄りや小さな子供も安心して食べられると思います。

2006年12月26日 (火)

ウズベキスタンのワイン「ツァースコイ」

 前回ウズベキスタンに行ったときに、レストランで飲んだ赤ワインのうちで一番美味しかったのが「ツァースコイ(Tsarskoe)」という奴です。 現地の日本大使館関係者の方がパーティーでよく出されるブランドだとおっしゃってましたが、納得です。 ワイン好きの後輩に一本贈呈したので、彼からのコメントが楽しみです。 ちなみにツァースコイとはロシア皇帝を表すツァー(リ)の形容詞だそうです。 

Tsarskoe Photo_3

それから後ろのラベルにウズベキ語でいろいろ書かれてますけど、誰かウズベキ語が分かる人、なんて書いてあるか教えて頂戴!

Photo_4

2006年12月21日 (木)

やき鳥 きんぼし

 今日は今池にあるきんぼしという焼き鳥のお店に行きました。 このお店の大将は某焼き鳥店で修業してた時代から知ってるんで、もう20年近く顔見知りかな。 この自分のお店を出してから15年ぐらいになるんじゃないだろうか。 焼き鳥屋としては一番のお気に入りで、若い頃はほとんど毎日の様に顔を出していましたが、最近はちょっとご無沙汰気味でした。

 焼き鳥と言っても鶏肉だけじゃなく、牛肉や子羊も串にしますし、焼き海苔巻といって海苔巻きご飯を串にして焼いたのまであります。 (昔はうどんなんかも出してたけど、この前注文したら「良く覚えてるね、うどん出してたのは何年も前で今はやってないよ。」と苦笑いされちゃいました。)

 最近はイタリアのワインも置くようになって、焼き鳥をつまみながらワインが楽しめるのがいいから、接待で外国人のお客もつれていった事があります。 何を食べても間違いないので安心出来るお気に入りのお店です。 特にお勧めはきんぼし焼き(牛肉)、つくね、アスパラベーコン、子羊香草焼き。

061221_19210001 061221_19480001

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31