無料ブログはココログ

« 嗚呼!遙かなるイスカンダル! | トップページ | 岐阜のケーキが絶品のお店 シェ・ドーム »

2007年2月11日 (日)

日本食ペクトパー

 やっと一ヶ月ぶりの出張を終えて日本に帰ってきました。  久しぶりの日本はいいです。 今日は着くなりセントレアから三重に行って担々麺のお店を二軒はしごしちゃいました。

 ところで、今回最後にサンクト・ペテルブルグ(SPB)、モスクワと行ってきたロシアの市内で良く目にする”PECTOPAH”って看板があるんですが、皆さん何かおわかりですか? 最初のロシアに行った時に「ハァ? ペクトパーってなんじゃろ?」と思いましたが、実はロシア語はキリル文字でラテン文字いわゆる欧米系のアルファベットと所々文字が変わっていまして、キリル文字の”P”は英語の”R”、”C”は”S”、”H”は”N”に置き換わりますので、答えは”RESTORAN”即ちレストランの事でした。(笑)

 (当時ロシア語と日本語の通訳をしてくれたロシア人の男性にこの話をしたのですが、それから数ヶ月後その人と再会した時に、「家で子供にその話をしたら、最近子供が『パパ、今日はペクトパーで食事したい』なんて冗談で使ってますよ。」と笑いながら言われました。)

 とにかく、ロシアの大都市であるモスクワではちょっと前から日本食ブームと言うかスシ・ブームなのであります。 もともとロシアのビジネスマンが寿司が好きだと言うのは2000年頃アメリカに駐在していたときに、NYの高級寿司店の職人さんから聞いてはいました(昼食で一人$400~500平気で使う)が、初めてモスクワに着いたときは本当に驚きました。 市内至る所に日本レストラン=寿司屋があります。 少なくとも200軒以上はあり、中にはロシア料理店やカフェでメニューに「スシ」が載っている店もあるぐらいです。

 今回もSPB市内で着いた夜にホテルのすぐ近くにある「ユーラシア」レストランで一人スシ。

Evurasia_1 Eurasiasushi 

  次の日のお昼に取引先ロシア企業が、近くに出来たスシ屋の味がうまいかどうかみてくれと言われ食べたテイクアウトのスシ。

Sushi_3

 取り引き先のロシア人社長がスシ好きなので。モスクワに移動して着いた日のランチに有無を言わさず連れて行かれた、金がシンボルのレストラン「タヌキ」で舟盛りスシ。 入り口を入るとドラをならされ「いらっさいまとぅえ~」とロシア人従業員が出迎えてくれて、差し口が一㍍ぐらいある金属の急須でわけが分からんハーブティーを湯飲みに入れてくれるサービスは取りあえず見てみないふり。

Tanuki_2Tanukifunamori Tanukiocha

 ロシアから帰る日の午後、空港へ送ってもらう道すがらまたまた半強制的に連れて行かれた老舗「ヤキトリヤ」。  ここは店内に書かれた怪しげな日本語と日本人風カフカス系従業員が目印。 (カフカスとは日本語でコーカサス地方の事。 アジア系民族が多く住んでいます。) ここでもかみしもを来た金髪のお兄ちゃんが入り口で出迎えてくれますが、驚かずスルーしましょう。

Yakitoriya Yakitoriyatennai Yakitoriyasushi Ramen

Wagyu

 ここはラーメンもワギュウ・ステーキもあります。 ラーメンはスープが温いのと腰がない平打ち麺を我慢すれば美味しいです。 ワギュウ・ステーキは食べましたが和牛ではありません。 くれぐれも。

 驚くのはお客さん達。 お昼過ぎ7割ぐらい埋まった店内は全員がロシア人、つまりこのお店を含めほとんどの日本食レストランがロシア人向けなんです。 近年マグロが足りないと騒がれていますがヨーロッパやロシアのスシ・ブームを肌で感じると、10年後にマグロが食べられない日が来てもおかしくないと思いますよん。

« 嗚呼!遙かなるイスカンダル! | トップページ | 岐阜のケーキが絶品のお店 シェ・ドーム »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ペクトパー…アタイも使ってみよう♪
いただきィ(*゚∀`b)b ゥィゥィ~♪
凄いね♪どこもかしこも寿司すしスゥシィ♪
お味のほうは…?舟盛りスシが気になりました(*´I`)ノ
湯呑にハーブティはご愛嬌ってことで。゚( ゚^∀^゚)゚。

ショコラさんいつもコメント有り難うございます。

お寿司のお味の方は結構普通と言うかまともです。 日本の回転寿司レベルは出してます。 お値段もまぁまぁですよん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193417/13876186

この記事へのトラックバック一覧です: 日本食ペクトパー:

« 嗚呼!遙かなるイスカンダル! | トップページ | 岐阜のケーキが絶品のお店 シェ・ドーム »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31