無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月27日 (水)

「どですか!」弁当(たぬきつねころうどん)

 昨日に引き続いて「どですか!」のうどんバージョンをトライしました。 「たぬきつねころうどん」



 "たぬきつね"の正体は天かすに油揚げ、そして厚めのかまぼことほうれん草、ねぎです。



 麺は細めのきしめんっぽい麺で、つるつる感ともっちり感はありますが、いかんせん茹でてから保存してありますので、お店で食べるような腰はありませんな。 おつゆはやや塩が強いですが良い味です。 完食しました。



 どうでもいいけど、「ころ」ってのは"香露"って書いて味醂が効いた冷たい醤油ベースのうどんが本来の意味じゃなかったっけ? これはたんなる冷やしうどんだけど。

2007年6月26日 (火)

「どですか!」弁当(牛肉たまり焼)

 朝の情報番組「どですか!」プロデュースでサークルK・サンクスで販売される『「どですか!」弁当』が今日から発売という事でさっそく買ってみました。

 この企画は、「どですか!」のパーソナリティー 宮地佑紀生と矢野きよ実が若かりしころに食べた思い出の味を再現するというコンセプト。 買ってみたのは、宮地佑紀生が若いころに食べて今でも味を覚えている「牛肉たまり焼」弁当@590円。



 中にはご飯とたまり風味で焼かれた薄切りの牛肉が2枚。



 番組の紹介ビデオでみたお店のたまり焼の牛肉は厚めだったけど、弁当のそれはしゃぶしゃぶかすき焼きに使う程度の薄切り。 よせてあげるナンチャラじゃないけど、ボリューム感を出すためにスパゲティで上げ底されてる。笑



 味付けはやや醤油から目だけど、悪くはないかな。 ごはんはつやつやしてて結構美味しい。 付け合わせはレンコン等の煮物、インゲン、ポテサラ、ニンジン、漬け物。 ごちそうさまでした。

2007年6月 7日 (木)

リストランテ パパゲノ@ベルリン

 最終日の今日、取引先のドイツ人社長とイタリアンレストランにいきました。 店の名前は「パパゲノ」で、どうもイタリア人だけで経営しているみたい。 お店に行ってみるとそれらしき緑色のウィエターが「ぼなせら」と話しかけてきた…

 お店の中は重厚な雰囲気。でも今回は季候もよいので、店先のオープンエリアへ。

 とりあえず地場のビールで乾杯したあとで、店員おすすめのフレッシュワインを。

 つぎにイタリア人のシェフが出てきて、「任せろ」というので任せて出てきたうずらか何かのロースト。 味はまぁまぁまぁ。

 で、お次がボンゴレ・ロッソ。 スパゲティだとシェフはゆっとりゃーしたが、実際はリングイニ。 どっちでもいいけど。 やや塩っぱめだけどアサリの火の通りも絶妙でおいしかった♪

 メインを食べようかとも思ったが、同行のドイツ人社長がオナカイパーイとの事で、メインはスキップ。最後に「気に入らなかったらお代はいりませんとウェイター」が言いはなったお任せのデザート。 パンナコッタ以外気に入らなかったけど、何も聞かずに皿を下げられた。 結局口だけね。 Orz

 全般的に悪くないイタリアンですよ。

Ristorante Papageno

Richard-Wagner-Str. 13
10585 Berlin, Germany
030/3421414

カレーソーセージ@ベルリン

 以前TV日本のでも紹介されていましたけど、ベルリンの名物に「カレーソーセージ」があります。 ちなみに、ドイツ語では「カレーブルスト(Curry Wurst)」で、僕の持っているガイドブックではドイツ語の"W"は日本人に発音しにくく間違えて"B"の発音をすると「胸」を意味するので気をつけろと書いてある。

 で、今回2軒のお店に行きました。 一つ目はサーチエンジンでみつけた地元在住の方が書いておられるあるサイトで紹介されていた、ベルリン一の人気店"Curry 36"。

P1010856_3

 噂に違わず結構な人が行列をつくって待ってました。 味についてはそれ程って感じで、むしろ僕の好みは別の日に行った"Savigny Platz"駅の近くにあったImbis(売店)のやつ。

 隠し味なのかウスターソースっぽいのが入ってて、ぴりっとして美味しかった。

それにしてもドイツの人って本当にソーセージやフライドポテトが好きみたいです。 だって、いろんな駅のホームにソーセージの自販機やら、フライドポテトの自販機がおいてあるんだもん。

ソーセージの自販機

P1010852

P1010853_2 

フライドポテトの自販機

P1010838 

2007年6月 6日 (水)

宇田川@ベルリン

 本日はスペイン人とギリシャ人のお客様を夕食に接待。 スペイン人に何がよいかと尋ねたら、「日本食」との事なので、また「ささや」にいこうかと思ったらあいにく本日定休日。 で、インターネット情報で、良さげだった「宇田川」という日本レストランを店も見ずに予約して行った。

 Sバーンの駅から歩いて3分ほど行くと、目的地の方に提灯が見える。 「うーん、ちょっと怪しげか?」「なんちゃって日本食レストランか?」 自分に問いかける。

 でも店内はまともそうだし、職人や従業員も全員日本人のようで、まずは安心。

 とりあえず、本日のおすすめの「鰹のたたき」と
「あんきも」を注文。

 どちらもおすすめだけあって、鮮度は抜群! とてもおいしい。 あと、「白アスパラガスの揚げ出し」や「ちびだこの唐揚げ」もいい感じ。

 お寿司はシャリがちょっと僕には酢が強めでしたが、まあ中の上ぐらいのおいしいお寿司でした。 このお店もベルリンの和食店としておすすめできます。

Japan Restaurant Udagawa
Steglitz
Feuerbachstraße 24
12163 Berlin
Tel: (030) 792 23 73
S-bahn:Feuerbachstrasse
Web:http://www.restaurant-udagawa.com/

2007年6月 5日 (火)

串揚げ@ベルリン

 ドイツで揚げ物が食べたくなって、日本から持って行ったガイドブックに載っていた「串乃家」という串揚げ(串カツ)のお店に行きました。 場所はSバーンのSavignyplatz駅から歩いて40秒のところです。





 入ってすぐ左にテーブル席があり、その奥がオープンキッチンのカウンターになっています。





 カウンターのケースには、お肉、魚介類、野菜類が串に刺さって揚げられるのを待っています。 ドイツならではなのか変わり種としてプチ・トマトにチーズが入った串もあります。 味はイタリアンでした。



 串につける塩やソースは6種類あり、ややこしいのかと思いましたが、串揚げを乗せるお皿も同じようにくぼみがあるので、串揚げを乗せられたくぼみと同じ位置にあるソースを付けて食べれば良いと説明がありました。(写真の場合、エビが右下のくぼみに入っているので、ソース皿右下のくぼみに入った塩をつけて食べる。)





 既出のトマト以外の変わり種は、うさぎやアヒルの肉があります。 それからアイスクリームのフライも。

□うさぎの肉


□アイスクリーム


 話を聞くまでは知りませんでしたが、串乃家は日本の神戸に本店、銀座に支店がありベルリンは三軒目のお店だそうです。 今回串を揚げてくれたイケメンの若い店長も銀座で修行したあと、こちらに最近こられたそうです。 とても美味しい串揚げでした。

串乃家(Kushinoya)
Bleibtreaustrasse 6
10623 Berlin
S-Bahn: Savignyplatz
Tel: 030-3180-9897 

ささや@ベルリン

 今日はお昼に食べたホットドッグが胃にもたれて、夕方も食欲があまりなかったので、ドイツ料理はやめにして昨日行ったココロラーメンのバイトの人から教えてもらった現地の日本人の間でも人気だという「ささや」という日本食レストランに行って来ました。

 ホテルに近いCharlottenburg駅からAlexanderpl.駅で乗り継いでU2のEberswalder Str.に行こうとしましたが、なぜか途中のRosa-Luxemburg-Pl.駅で強制終了。 バスに振り返られてやっとEberswalder Str.駅にたどり着いたのはホテルを出て約1時間後。

 10分程歩いて見つけたのは日本食レストランらしからぬ店構え。 しかし店先の屋外座敷にドイツ人が座って飯をくらっているので、間違いなさそう。 

 店の中はモダンな作りでカウンター、テーブルの他に異様に低い座敷が。 お客のほとんどがドイツ人みたいで、座敷もタイのプミポン国王の前にひれ伏す家臣のようにへなちょこ座りしているドイツ人のカップルや家族連れで埋まってる。

 まずは本日のお勧めの「えびまんじゅう」を注文。 食べてみると少し味は濃いめだがえびの風味がして美味しい。

 後から追加した「ホワイトアスパラガスの揚げ浸し」も外が少しかりっと揚がってて季節のアスパラに良い風味をそえてる。

 お寿司もやや小振りながらネタも悪くなく、シャリとのバランスもグッド! ドイツの中でもお勧めできる味です。 (シャコとうなぎが中でも美味しかった。)

 本日のお勧め締めくくりは「カルピスのムースと蜜柑ゼリー、ラズベリーのソース」。 カルピスのムースは乳脂肪分が加えられているようで、ねっとりとして濃厚な味わい。 蜜柑のゼリーとラズベリーのソースがうまくマッチ。

 写真に写っていない「朝顔菜(空芯菜)のお浸し」とビール1杯でしめて45オイロ(≒7500円)。  味と中身を考えるとドイツにしては決して高すぎない金額で、満足がいきました。  ベルリンを訪れる方にお勧めしたいお店です。

Sasaya
Lychener Str. 50,
10437 Berlin
(U2: Eberswalder Str.)
030-447-17721
昼:12:00 - 15:00
夜:18:00 - 22:30
水曜休

2007年6月 4日 (月)

ココロラーメン@ベルリン

 昨日ICEでハンブルグからベルリンにやってきました。
ベルリンでドイツ人が屋台のラーメン屋をやっているという噂は以前ネットで知っていましたので、今回再度ネットで調べたところどうやらお店を出しているもよう。 ネットの記事の電話番号に電話してみるとオーナーらしき外国人が出て、今日は営業してるという。

  でさっそく電車を乗り継いで行ってみたのが夜の9時過ぎ。 最寄りだと思われるWeinmeisterstrasse駅(U8)でおりて、すぐ近くのGipsstrasseを歩くこと5分ぐらい、あった、あった有りました。 日本的なノボリと提灯が。。。

 お店の中は記事で見たとおり手作り屋台風。 屋台の中には日本人らしき女性が、そしてお客はカウンターの一組、奥のテーブルに二組全てドイツ人(だと思われ)。

 予備知識では「みそ・しょうゆ・しお」しかないはずだったが、メニューにはなんと「TANTANMEN」の文字が!  たんたんめん(担々麺)あるんだぁ。(..;)

 実は、心と体は本日塩ラーメンの気分。 で、恐る恐る屋台の中の日本人店員さんにお勧めを聞くと、一番人気は担々麺とのこと。 う~ん。 担々麺好きの私としてはますます食べざるを得ない状況。 でも、絶対ちがうよなあと思いつつ、結局担々麺@8.50ユーロを注文しました。

 そしてこれがそのみそ担々麺(坦々麺)。  上にはもやし、シナチク、さやえんどう、ねぎ、コーン、煮豚が乗ってる。 胡麻もパラパラと。 写真ではみえないけど、辛いミンチも真ん中らへんに沈んでます。

 スープはとんこつの風味がする薄めの味噌味。 コクとかはないけど、それ程悪くない。 麺は自家製だというやや細めの麺。 やっぱり食感はボソッとしてる。 でも小麦の風味がして美味しい。  担々麺としては方向性が違うけど、海外で食べるラーメンとしては及第点かな。

 食後にビールを飲みながら日本人の店員さん(2名)と雑談。 二人ともこっちの学生さんだそうで、アルバイトしてるとのこと。 ドイツ人オーナーは7時過ぎにどっかいっちゃったそうでこの日は会えませんでした。

 彼女たちの話しによると、お店はラーメン以外餃子も置いていないのにお客さんの多くがドイツ人だそうです。 中にはドイツ人のくせに豚のスープは体に悪いから他のスープはないのかと聞く人や、ベジタリアンだからラーメンダレをトンコツスープじゃなくてお湯割りにしてくれだのという客がいるそうです。(^^ゞ

 ちなみに、メニューに書かれている"c/o KUCHI"とは、隣にある日本料理のお店がKUCHIと言う名前で、そこと共同経営だからだそうです。

Cocolo Ramen
c/o Kuchi
Gipsstrasse 3, 10119 Berlin
U8 Weinmeistarstrasse から徒歩5分
18:00 - 24:00
無休

2007年6月 3日 (日)

うなぎ料理@ハンブルグ

 昨日の夜は、ハンブルグ在住の日本人お勧めのうなぎ料理のお店「アルト・ハンブルグ・アールシュパイヒャ(Alt Hamburger Aalspeicher)」というお店に行ってきました。 場所はハンブルク港からほど近い場所です。 賑やかな細い通りの一角に緑色の割と古い建物です。

 ウェイターに前菜のお勧めを聞いたところ、「うなぎの燻製(Raucheraal)」が最高ということなので、注文しました。 12ユーロ(≒2000円)

  運ばれてきたのは、つやつやと輝く中太のうなぎの燻製。 柔らかめのかまぼこみたいな歯ごたえの身を一口噛むと燻製の良い香りと、ほどよいうなぎ自身の脂が口中に広がります。 小骨や生臭さは全くなくとても美味しいです。 下に黒パンがひかれており、添えられたホースラディッシュ(西洋わさび)を好みで一緒に食べます。

 メインのお勧めもやはりうなぎだとウェイターがのたまふ。 店名に「うなぎ(Aal)」を冠しているからそうでしょうね、納得。 で、「うなぎのグリル、マダガスカルソース添え(AalGrill Madagaskar)」23ユーロ(≒3800円)を注文。

 運ばれてきたのは、韓国焼肉の焼いてから肉を取り去ったあとの骨付きカルビ見たいなやつ。 薄緑の生胡椒粒が入ったのがマダガスカルソースじゃな。

 お味の方は「これはまるでうなぎの唐揚げや~」って感じで、多少うなぎ臭さはあるものの外はさっくり、中はホッコリしてなかなか美味しかったです。

 最後はデザートにウェイターがお勧めで当地名物と言う"Hamburger Rote Grutze"のバニラアイス乗せ。 食べてみたところ、いわゆるハンブルグ風「フルーツの砂糖姿煮」です。 言い換えると作りかけのフルーツジャム? でもあまり甘くなくて美味しかったです。

Alt Hamburger Aalspeicher
Deichstr. 43, 20459 Hamburg
Tel: 040 36 29 90

2007年6月 1日 (金)

オールドコマーシャルハウス@ハンブルグ

 6月5日からベルリンで開催される見本市へ行くためにモスクワを離れて、乗り継ぎのため空港が一番ベルリンに近いハンブルグ市に来ました。 夕方6時頃に着いたのですが、気温20度と快適です。

 ホテルにチェックイン後、日本のガイドブックに載っている当地の名物料理だという「ラプスカウス(Labskaus)」を食べに"Old Commercial Room"というお店に行きました。 

 1795年に創立したとメニューに書かれていますから、 ペルリが黒船で浦賀にやってくる60年近くも前ってことですか? 200年以上も営業しとるとです。

 ホテルからバス(37番線)に乗って、Michaelis-kirscheバス停で降りろとホテルの人に教えられて聖ミヒャエル教会にたどり着きました。 

聖ミカエル教会

 教会の斜め前あたりのビルの中に控えめな感じでオールドコマーシャルハウスがございました。

 店の中程のテーブルに通されました。 室内は船舶をモチーフとした木目の作りです。 過去にはビートルズ、ジョンデンバーと言った有名人も数多く来訪したそうです。

 最初に地ビールの"HOLSTER"を一杯飲りながら、ウェイトレスのお姉さんがお勧めだというスープとラプスカウスを注文しました。 

 まず最初に運ばれてきたスープは、"Hummersuppen"という名前のロブスタースープ。 6.90ユーロ(≒1100円)

 濃厚でクリーミーなエビだしのスープ。 いわゆるアメリカあたりで"Lobster bisque"と呼んでいる奴です。 コクがありエビの風味も豊かで美味しい一品です。

 ビールがからになったので、次に別の地場ビール"JEVER"を。

 次にお待ちかねのラプスカウス@13.90ユーロ。 中田カウスとは関係ありません。 ピンク色のスライムみたいなものの上に半熟目玉焼きとビート(赤カブ)にピクルスが乗っているだけのシンプルな料理です。 物の本によればその昔船乗り達が早くて栄養のあるこの料理法を生み出したとあります。 昔のカロリーメイト的料理なんでしょうか。 

 味はこれまたいける! ピンク色のやつは、牛肉、玉ねぎ、ジャガイモだそうですが、味はまさにコーンビーフをマッシュポテトに入れてミキサーで3分混ぜた感じ。 ドイツで食べた料理は今まで塩っぱいのが多かったけど、これは割と薄めの味でグッド。 でも量的には飽きてくるぐらい多けど。

Old Commercial Room
Englische Planke 10
Hamburg
Tel: 040-366319

究極の日本食レストラン(?)@モスクワ

 昨日はお客さんとモスクワの日本食レストランに行きました。 予め当地に住んでる日本人にモスクワで一番のレストランはどこか教えてもらい予約していきました。 "SEIJI"というレストランでございます。

 車でレストランの前に到着するといい加減な木造の建造物と派手な幟が。 『モスクワ海の家か?』 『間違ったか?』 自問自答。

 でも入り口に"SEIJI Restaurant"と確かに書かれているし、中はまともそう。

 『あんまり高級感無いけど、まあここがモスクワ一番の日本食レストランかぁ。』と思いつつメニューを見る。 メニューの写真に写っているこのオヤジがどうやら「誠司」らしい。(笑)

 でメニューをよく見てびっくり。 目が点に。。。 (*_*)パチクリ

『「えだまめ」が180ルーブル!』(ここでピアノをたたきつける効果音が頭の中に響く) (180ルーブルはだいたい900円。)
 

『「ぎょうざ」が5個で280ルーブル!』 (280ルーブルはだいたい1400円)

『「やきとり」が155ルーブル!』 『「スペイン産本マグロ」675ルーブルって3400円じゃないかぁぁ誠司!』

『「すきやき」、「しゃぶしゃぶ」二人前5000ルーブルぅ? 2まん5せんえんかぁ誠司!?』

 皆暫し無言の後、お金に糸目はつけずに安いメニューを注文しました。 う~む、味の違いと金額の高さの相関関係は全く見いだせません。

 我々がデザートも食べずにそそくさと退散した直後、SPの車を従えたベントレーに乗ったお金持ちが「モスクワ海の家」に食べに来ました。 けっ、にどとこねぇよ。

Restaurant SEIJI
5/2 Komsomolsky Pr.
Moscow
Tel: 246-7624

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31