無料ブログはココログ

« 蕎麦と信長を感じる日帰り滋賀旅行 | トップページ | 麻婆麺@ダンダン亭 »

2007年10月28日 (日)

信長と蕎麦を感じる日帰り岐阜旅行

 今日はカミさんと友人のまーくんと三人で、岐阜のおいしいおそば屋さんと信長ゆかりの名所を観光に行きました。

 まず最初に行ったのが、グルメ全国誌dancyuにも載った『胡蝶庵 仙波』。  おつゆがちょっと青魚臭かったけど、とっても美味しいおそばを堪能しました。

P1030510 P1030526

 それから次に向かったのは、崇福寺という禅寺。 ここは織田信長が永禄10年に美濃に移った時に祈願所とし保護した由緒あるお寺で、本能寺の変で亡くなった信長と信忠の遺品と位牌をまつった「織田信長父子廟」があります。

 P1030535

 また本堂には、関ヶ原の戦いで落城した岐阜城で切腹・討ち死にした時の将兵の鎧の血の痕が残る床板を供養するため「血天井」として祭られています。

P1030537

その他にも信長の遺品の時計などいろいろなお宝があります。

P1030536

 そんなこんなで崇福寺を後にして、「うだつの上がる町並み」の美濃市へ来ました。

P1030539

 「うだつ」とは家屋の屋根の両端についている防火のための小さな壁です。 一説にはこのうだつは高価なので、どの家でもつけられるわけではなく立身出世できないのを「うだつが上がらない」と言うようになったとか。

P1030540 P1030543_2

 そんな町の中で、一見の和紙のお店に来ました。 まーくんによれば、結構有名なお店だそうです。

P1030551_2 

 なにが有名かと言うと、「ハッピーセット」というどこかのハンバーガー店のメニューのような二枚の和紙に書かれた絵のセットです。 この絵を持っていると飾る飾らないは別として運気が上がるそうです。

P1030548

P1030549 P1030550

 この絵をみて何かピンと心にくるものがあったというヨメは速攻お買い上げ。 何年か前にすでに買ったことがあるまーくんもつられて二度買いしてました。 二枚で三千うんびゃく円。 これで運気が上がれば安い買い物ですが(^^ゞ

 さて、和紙の店をでてしばらく歩くと、とあるお店の中に飾られたウェディングドレスに目がいきます。 どうも和紙で出来ているらしい。。。

P1030555

店内に入ってみるといろいろな物が和紙で作られている。 タオルや靴下も。

P1030556 P1030557

タオルはお肌がすべすべに、靴下はしゃりしゃりした履き心地だというので両方とも衝動買いしてしまい、ました。 タオルはまだ使っていませんが、靴下はしゃりしゃりしてなかなか良い履き心地。 でも1200円はちょっと高いかな。

P1030562 P1030561

いろいろな物を和紙で作るおみせで、お店のポストも紙製です。  そんなこんなで美濃を堪能した後、まーくんの車で岐阜市内にもどり「プティ・ミュゼ・シェドーム」でお茶して時間を過ごしたあと信長神社へ参拝。 神社の近くには信長時代の楽市楽座時代の木が残っています。

P1030578 P1030579 P1030583 

 神社をお参りしたあと、まーくんと別れヨメと二人でまーくんお気に入りのロンシヤンというお店でオムライスとカキフライ定食を食べてから帰路につきました。 まーくん、今日は一日お付き合いありがとう!

« 蕎麦と信長を感じる日帰り滋賀旅行 | トップページ | 麻婆麺@ダンダン亭 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193417/16969162

この記事へのトラックバック一覧です: 信長と蕎麦を感じる日帰り岐阜旅行:

« 蕎麦と信長を感じる日帰り滋賀旅行 | トップページ | 麻婆麺@ダンダン亭 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30