無料ブログはココログ

« 「喜長」@シュツットガルト | トップページ | すし@オスロ »

2008年1月26日 (土)

ラウゲン・クロワッサン@シュツッツガルト

 今回のシュツッツガルトの見本市へ来るにあたっていつも使っているホテル予約サイトで会場近くに良いホテルを探したら四つ星の「メルキュール・フォンタナ」が一泊69ユーロで取れた。

 部屋も広くて清潔で申し分ないが、69ユーロは朝食無しの価格。 朝食はいくらか聞いたら34ユーロと言われた! ありえない。(笑)

 と言うことで見本市会場へ行く途中で朝食を探していると、「ラウゲン・クロワッサン」が目に付いた。 「ラウゲン」とは劇薬に指定されている水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)溶液の事で、南ドイツで定番のブレッツエルはこの液に浸してから焼くのであの独特の色と風味が出ているけど、「ラウゲン・クロワッサン」!? 取りあえず注文した。

 見た目はブレッツエルと同じく赤茶色してる。 「味はどんなだろう?」と期待したけど中身は単なるクロワッサン。 表面だけちょっと硬めでラウゲンの風味が多少あるだけでした。

« 「喜長」@シュツットガルト | トップページ | すし@オスロ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193417/17899507

この記事へのトラックバック一覧です: ラウゲン・クロワッサン@シュツッツガルト:

« 「喜長」@シュツットガルト | トップページ | すし@オスロ »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31