無料ブログはココログ

« たぬき@モスクワ | トップページ | 蚤の市「フローマルクト」@ウィーン »

2008年6月21日 (土)

ターフェルシュピッツの店「プラフッタ」@ウィーン

 オーストリア名物料理の一つであるターフェルシュピッツ(Tafelspitz)がどうしても食べたくて、地球の歩き方に乗っていた「オーストリア庶民どもが気軽に行く」というお店「プラフッタ(PLACHUTTA)」に行ってみました。  思ったより割と大きくて高級そうな店構えです。 外にはテラス席もあります。

お店正面入り口

店内入り口付近

テラス席

 天気の良い本日、テラス席に案内されました。 手渡された図解入りメニューからサラダと迷わず「ターフェルシュピッツ」を注文しました。 これはオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の大好物だったとも言われる牛肉をスープで煮込んだ料理です。  飲み物は白ワインに炭酸水を加えた「ワイン・ショーレ」。 初夏にぴったりなさわやかな飲み物です。
      図解入りメニュー


ワイン・ショーレ

パン

サラダ

 ターフェルシュピッツは銅鍋でサーブされ目の前で取り分けてくれます。 スープカップには錦糸タマゴならぬ金糸パンケーキが。 これに牛肉を煮込んだスープを入れて飲みます。

ターフェルシュピッツ

スープとパンケーキ

 スープを飲んだ後で、いよいよお肉を取り分けてくれます。 付け合わせで頼んだほうれん草のペーストとフライドポテト。 ソースはりんごとホースラディッシュのソースとチャイブのソース。  りんごソースは甘くてぴりっと辛いというちょっと理解を超えた味。 チャイブソースは上品なタルタルソースのようなお味でグッドです♪

ターフェルシュピッツのお肉

お肉の断面

 食事の後は日本で「ウィンナーコーヒー」と呼ばれているのに近いと思われるコーヒー「メランジェ」を…

コーヒー メランジェ

 ターフェルシュピッツは21、50オイロですが、ほうれん草やポテトも有料で結構よい値段します。 コーヒーを入れて全部で48オイロとちょっと散財しました。 オーストリアの庶民どもが気軽に行くレストランは結構高いです。(^_^;

Plachutta
Wollzeiell 38
Tel: 1-5121577

« たぬき@モスクワ | トップページ | 蚤の市「フローマルクト」@ウィーン »

オーストリア(ウィーン)」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193417/41622065

この記事へのトラックバック一覧です: ターフェルシュピッツの店「プラフッタ」@ウィーン:

« たぬき@モスクワ | トップページ | 蚤の市「フローマルクト」@ウィーン »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31