無料ブログはココログ

« サンクトペテルブルグ⇒ヤロスラヴリ@列車の旅 | トップページ | ヤロスラヴリ⇒モスクワ@列車の旅 »

2008年6月17日 (火)

予言者エリヤ教会@ヤロスラヴリ

 ヤロスラヴリは世界遺産にも指定されている街で、そこいらに教会がゴロゴロしてます。 今回現地のお客様とランチした後で腹ごなしに歩いた途中にある予言者エリヤ教会(The Church of Elijah the Prophet)に行きました。

予言者エリヤ教会

入り口

 今まで色々な国の教会や寺院を見ているのでそれ程感銘を受けることはあまりないのですが、ここの教会の見事な壁画やイコノスタス(聖画画)は感動的でした。

     チャペルへの扉

 ロシアではギリシャ正教の流れを汲むロシア正教が主流で、特徴として聖人の肖像(イコン)を飾ります。 教会の壁一面に壁画やイコノスタスとして聖人達が描かれています。

メインチャペルのイコノスタス(聖画画)

メインチャペルの壁画

     

サイドチャペルのイコノスタス

    チャペル扉絵

回廊の壁画

教会の壁のシンボル1

教会の壁のシンボル2

 ヤロスラヴリは1000年の歴史がある街で、この教会も350年程の古いものだそうです。 サンクトペテルブルグから来ているセルゲイ君が、「サンクトペテルブルグの街が出来た頃に出来た教会だ!」と驚いていました。  教会の訪問を終えて、広大なヴォルガ川を散歩してから仕事に戻りました…

ヴォルガ川

« サンクトペテルブルグ⇒ヤロスラヴリ@列車の旅 | トップページ | ヤロスラヴリ⇒モスクワ@列車の旅 »

ロシア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

のりくんさん、わざわざコメント返信出来ない旨伝えてくださってありがとうございます。

ところで今回の記事も素敵ですね。
今までヤロスラブリの地名は聞いた事ありましたが、こんなに綺麗で歴史ある町だとは知りませんでした。
たまねぎの形の屋根がロシアっぽい、建物の中も凄く綺麗、ヨーロッパとはまた少し違った雰囲気。
機会があれば是非訪れてみたいですが・・・私の周囲でロシアを旅した人がまったく居ないので私にとっては未知の国。英語ってどの程度通じるものなのでしょうか?ロシア語がまったく読めなくても旅できるのでしょうか?いろんな疑問が沸いて出ます。
もちろん戻られてからで全然構いませんので、のりくんさんの体験された事、感じた事をちらっとでも教えていただけると幸いです。

Courtneyさん

ロシアは5年前初めて行ったときには英語がほとんど通じませんでしたが、最近は話す人が多いです。 ロシア文字(キリル文字)もいくつかの文字を置換(P⇒R、C⇒S,H⇒N)すると英語っぽくなって読めますよ。 たとえばレストランはキリル文字ではPECTOPAHですが、上の三文字を置き換えると、でしょ。笑

ヤロスラヴリは世界遺産に登録されたんですね。
私が行った時はクレムリンとキジ島でした。
エリア教会の美しさにジッと眺めていました。すぐ前で美大の
学生が自分で書いた絵を販売しており、¥2000で水彩画の
エリア教会の絵を買い、帰国してから伊東屋で絵に合う
額縁に入れ替え、今も寝室に飾っています。

ロシアはソ連時代にうち捨てられた古い教会がまだまだたくさんあるみたいで、これからも世界遺産になる教会が出てくるかも知れないですね。  ロシアの美大生の水彩画、良い思い出ですね。happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193417/41577888

この記事へのトラックバック一覧です: 予言者エリヤ教会@ヤロスラヴリ:

« サンクトペテルブルグ⇒ヤロスラヴリ@列車の旅 | トップページ | ヤロスラヴリ⇒モスクワ@列車の旅 »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31