無料ブログはココログ

« パリ⇒シュツットガルト@TGV | トップページ | シュツットガルト⇒名古屋@LH »

2009年3月29日 (日)

新ポルシェ博物館@シュツットガルト

 今日はお休みなので、足を伸ばして今年新しくオープンしたポルシェ博物館へ行ってきました。 中央駅から電車に乗り15分程で到着です。 着いたら駅から10秒で博物館です。


中央駅からの電車


駅(Neuwirtshaus)の目の前がポルシェ博物館


ポルシェ博物館


博物館正面

 博物館の向こうには販売店と工場がそびえます。


販売店と工場

 新しくオープンしたばかりでしょうか、チケット売り場は行列です… 入場料は大人8ユーロ、子供4ユーロです。


入場券を求める行列

 入口横にはレストランがあります。 そして奥にはカフェも。


レストラン


カフェ

 チケットを購入するとタダで館内案内のオーディオ装置を貸してくれます。 日本語もあります。 手荷物を預けるロッカーも完備。


オーディオガイド


ロッカー

 エスカレーターを昇っていくとポルシェの歴史から始まります。 今の時代を予見していたかのようなポルシェが発明した車輪内蔵型の電気自動車用モーターがお出迎えです。


電気ホイール・ハブ・モーター

 昨年訪問した旧ポルシェ博物館とは比べものにならない程の展示車の数。 ざっと80台はあります。 ポルシェファンにはたまらないですね♪  展示は年代的には1948年を堺に大きく二つに分けられていて、コンセプトとしては「ポルシェの思想」、「製品の歴史」そして「テーマ別」に分かれています。


「最初に回りを見渡したが、思い描いている車が見つからなかったので自分で作ることにした」フェリー・ポルシェ

20090329 200903291 200903292 200903293
珍しい展示車の数々


356

 数々ある展示車の中でも幻の車を発見しました。 ポルシェが中国への進出を目論んで開発したモデルC88。 結局中国政府から許可が降りずに幻となったそうです。


C88フロント


C88リア

 それからこれも世に出ることがなかった928の幻のハッチバックです。


928ハッチバックのフロント


928ハッチバックのリア

 展示の一つに有名モデルのエグゾーストノイズが聞けるコーナーがあります。


上から排気音が聞こえます

 入場から2時間近く見て歩いてくたくたになりました。 でもとてもおもしろかったです。

New Porsche Museum
Porscheplatz 1
70435 Stuttgart-Zuffenhausen
9:00 a.m. ~ 6:00 p.m.
月曜休

« パリ⇒シュツットガルト@TGV | トップページ | シュツットガルト⇒名古屋@LH »

ドイツ(シュツットガルト)」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

自動車の博物館でも何か凝った感じに見えます。
シユツットガルトと聞くと「クルマ」という気がします。
フランクフルトからだとICEに乗ってカールスルーエで乗り換えたら近いですよね。

行ってみたい所が増えすぎて困りますが当分、ブログを拝見して「行ったつもり」になっておきます。
本当に、いつも詳しくて感心します。

初めまして。

この5月にMO.ホテルに宿泊して、裏のドイツ料理屋に行ったりポルシェ博物館に行きました。ドイツは個人的に好きなのですが、野菜料理が少ないのが一番参ります。

JI1Vさん、初めまして。 お立ち寄りありがとうございます。
私も以前泊まったことのあるMOホテルに宿泊され、ポルシェ博物館へ行かれたんですね♪お車好きみたいなので、ドイツを満喫されたことと思います。

確かにドイツ料理は野菜不足になりがちですよね。 私もドイツでは日本料理屋へ行くとお浸しなんぞを食べて野菜不足を補うようにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193417/44702527

この記事へのトラックバック一覧です: 新ポルシェ博物館@シュツットガルト:

« パリ⇒シュツットガルト@TGV | トップページ | シュツットガルト⇒名古屋@LH »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31