無料ブログはココログ

« 出張6日目@ロシア ~グルジア料理を食すの巻~ | トップページ | 出張8日目@デンマーク »

2010年1月23日 (土)

出張7日目@デンマーク

 昨日でロシアの業務が終わったので、本日はデンマークのコペンハーゲンへフランクフルト経由で移動でです。 

 フランクフルトへはサンクトペテルブルクのプルコヴォ空港を朝5時50分発のLH3221便です。  朝3時に起床して、ホテルを4時に出ました。 チェックインを済ませて、空港のビジネスラウンジで登場まで時間を潰しました。


ビジネスラウンジ入り口


ビジネスラウンジ内部

 5時半に登場開始。 窓際の席だったので、タクシー前に外を撮影。 寒々として霧も出ています。


離陸前の空港

 無事離陸し、水平飛行に入ってから食事のサービス。 ハム、チーズ、ピクルスとパン、オレンジジュースのシンプルな朝食です。


今朝の機内食

 エコノミークラスの一番前の席を取ったのですが、ラッキーな事に隣2席は空いており、食後横になってぐっすりと眠る事ができました。  飛行3時間でフランクフルトへ到着です。  フランクフルトは2時間の時差があって、現地時刻朝の6時50分。

 到着後バスでターミナルへ移動。  最近のテロ未遂事件を受けフランクフルト空港のセキュリティが強化されてターミナル内の手荷物検査も時間がかかりました。 乗り継ぎ時間1時間10分ギリギリでコペンハーゲン行きの8時発LH3070便に乗り込む事が出来ました。


LH3221便からバスでターミナルへ移動

 飛行時間1時間25分でコペンハーゲンへ到着。 こちらは時差なしで朝の9時25分。  コペンハーゲンでは空港のヒルトンホテルに宿泊。  今回ウィンターセール50%引きで1泊朝食付き1万3千円とお値打ち価格。  ホテルへは空港施設内の歩道を歩いて3分と便利。


コペンハーゲン空港ロビー


ヒルトンホテルの部屋

 ホテルで一休みしてから、コペンハーゲン市内へ繰り出します。 空港内から出ているエストーと呼ばれる芋虫みたいな形のデンマーク国鉄の列車に乗って中央駅まですぐです。料金は34.50デンマーククローネ


エストー列車内部


エストーの車体


コペンハーゲン中央駅


コペンハーゲン中央駅のコンコース

 お腹が空いたので昼食を食べることに。 中央駅の目の前にチボリ公園と言う観光名所があり、その通り沿いのアンデルセンベーカリーのホットドッグコーナーでホットドッグを食べることに。  知らなかったんですが、このお店日本が発祥なんですね。


アンデルセン


店内

 店内はカウンターのみで、メニューもホットドッグ5種類と飲み物のみ。  メニューはデンマーク語のみなので良く分からなかったのですが、一番人気が"GrandDanois"(グレート・デーン)と名付けられたホットドッグだと言うので、これにしました。 お値段は50DKK


Grand Danoisホットドッグ

 ホットドッグには図太いソーセージにマスタード、ケチャップ、ピクルス、そしてフライドオニオンがてんこ盛りに乗ってます。(..;)

 お上品に食べようと思っても、上のトッピングがどんどんこぼれて散々な目に遭いました。  手なんかべとべとです。 


ソーセージのアップ

 肝心のお味は、ソーセージがやや強めの塩気がありますが、粗挽き肉で美味しい♪ パンも少々クラスト感があり、美味しいパンです。  ただソーセージの皮(ケーシング)が厚くて噛みちぎりにくい上に、熱々なので上顎を火傷しちゃいました。(;_;)

 飲み物はそのデザインに惹かれたコーラ。 なんと読むんでしょうか。 「オーコ」コーラかな? 20DKKでした。 味は普通。


OKO COLA

 お腹がふくれたところで、お店を出てチボリ公園を通り過ぎ、コペンハーゲン市庁舎を目指します。 目的は人魚姫の像で、市庁舎前広場から26番バスが出ているとの事。


チボリ光園入り口




コペンハーゲン市庁舎

 市庁舎前広場からバスに乗って15分程で人魚の像最寄りバス亭"Indiakaj"に着きました。  寒々とした風景の中人魚の像を目指して歩きます。

 目的の人魚の像はバス亭から歩いて5分の所にありました。 真冬だからか観光客もそこそこしかいません。 取りあえず写真を撮影して、その辺にいた観光客を捕まえて、僕と人魚姫のツーショット撮影もお願いしました。


人魚の像


人魚の像パノラマ

 寒さに震えながらさっき降りたバス亭を目指し、反対側の車線のバス亭から26番線に乗りコンゲンス・ニュートーゥバス亭を目指します。 次の目的地はニューハウン。  コンゲンス・ニュートゥバス亭を折り、王立劇場を抜けてニューハウンに着きました。


26番バス


王立劇場

 ニューハウンは運河沿いにカラフルな木造家屋が建ち並ぶコペンハーゲンの名所。 童話作家のアンデルセンもここに居を構えるほど愛したとか…

 でも真冬の運がは氷が張って寒々としています。 観光客もそれ程多くはありませんね。


ニューハウンの運河


運河に停泊する船舶

   
   
ニューハウン通りの景色


氷を押し分けて進んでくるカナルツアーの船

 10分程通りを歩いて、次の目的地のストロイエに向かいます。  途中コンゲンス・ニュートゥのクリスチャン5世像にご挨拶。


クリスチャン5世像

 ストロイエはコンゲンスニュートゥーと市庁舎を結ぶ目抜き通りで、北欧一のショッピングストリートだそうです。 有名ブランドやお店が建ち並んでいます。


ストロイエ入り口


ギネス・ワールド・オフ・レコーズ博物館


ルイ・ヴィトン


ジョージ・ジェンセン


ロイヤルコペンハーゲン

 精霊教会前にはコーヒーやお菓子を売る屋台が出ており、ストリートミュージシャンが演奏してました。


コーヒー屋台


お菓子の屋台


ストリートミュージシシャン

 ニュートーゥ広場を右に曲がると聖母教会があります。 中で聖歌隊が歌の練習をしています。 休憩がてらかれらの美しい歌声を聞きました。


聖母教会


教会内部

 そろそろ疲れて来たので、早めの夕食を取ってホテルに戻る事にしました。 「地球の歩き方」の読者のお便りコーナーで神奈川県の山下友子さんがお勧めする聖母教会近くのレストランを目指して歩きます。

 聖母教会からは3分程ですぐに見つかりました。 "Det Lille Apotek"と言う半地下になったお店です。 よさげなので入りました。


Det Lille Apotek

 店内は古い絵やら写真やら皿やらが飾られてなかなか雰囲気があります。 ウェイトレスも愛想が良く、英語も問題無く通じます。


店内

 取りあえず、デンマークの地場の物を食べたかったので地のダークビールとウェイトレスがお勧めしたミートボール(フリカデーレ)を注文しました。


Norrebro Bryghusのダークビール 54DKK


フリカデーレ 64DKK

 ダークビールは良く冷えており、口当たりとのど越しも良いとっても美味しいです。 フリカデーレも多少ぱさついていましたが薄味でいけます。 付け合わせはピクルスとビーツそしてライ麦パン。

 テーブル上のペーパークロスに書いてある能書きでは、もともと薬屋(Apotek)だったそうで、1720年にレストランとしてオープンし、内装なども当時のままだそうです。  アンデルセンなどの著名人も良く通った名店なんだそうです。

 お腹が一杯になった所で、ホテルのある空港を目指して再び歩きます。 午後5時なのに空は既に暗くなり始めています。  来るときは国鉄でしたが、帰りは空港まで地下鉄で行くことに。  最寄りのノアポート駅から乗りました。

 コペンハーゲンの地下鉄車両は駅は非常にモダンです。 そして車両は無人運転。 内部も北欧風デザインでシンプルに纏められています。


コペンハーゲン地下鉄


地下鉄内部

 無事にホテルまで戻り、疲れた体を休めるために早めに就寝しました。 (-_-)zzz


Anderson Bakery Doghouse (Tivoli Nimb内)
Bernstorffsgade 5, 1577 København V

Det Lille Apotek
Store Kannikestræde 15, 1169 København K
Tel: 33-12-56-06
平日:11:00-24:00
日曜:12:00-24:00

« 出張6日目@ロシア ~グルジア料理を食すの巻~ | トップページ | 出張8日目@デンマーク »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

デンマーク」カテゴリの記事

列車の旅」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

飛行機の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193417/47378967

この記事へのトラックバック一覧です: 出張7日目@デンマーク:

« 出張6日目@ロシア ~グルジア料理を食すの巻~ | トップページ | 出張8日目@デンマーク »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31