無料ブログはココログ

« 出張12日目 ~ドイツ博物館見学~ | トップページ | 出張14日目 ~ミュンヘンへ戻って寿司を喰らうの巻~ »

2010年6月28日 (月)

出張13日目 ~南チロル料理とバルカンレストラン~

 ミュンヘンでの見本市も終了したので、本日はN村君と二人でドイツの取引先があるバーデン=ヴュルテンベルク州の田舎町まで電車で移動です。 

 ウルムという大きな街までミュンヘン中央駅からインターシティと呼ばれる特別快速列車に乗って、ウルムからはローカル線でジークマリンゲンという町まで移動です。
 

インターシティ(IC)

 列車の遅れで勘違いして一駅前で間違えて下車してしまうというアクシデントはありましたが、無事ドイツ人社長さんに車で迎えに来てもらいました。  

 ちょうどお昼時間になったので、このまま近くでお昼を食べようと言うことになり、間違って下車した駅の町にあるヒルシュ(Gasthof Hirsch)というレストランに行きました。

 このお店は最近南チロルから来たシェフが作るチロル料理が評判だそうで、初めてチロル料理を食べました。 まずスープはシュペッククネーデルズッペと呼ばれるベーコン片入り小麦団子がコンソメスープに入ったもの。 結構なボリュームでこれだけでお腹いっぱい。


シュペッククネーデルズッペ (Speckknödelsuppe)

 メインは僕がPfifferlingと呼ばれるアンズ茸の手打ちタリオリーニ、N村君は二色のパスタエビソース。 ドイツ人シャチョーはシュルツクラプフェンと呼ばれるラビオリ風パスタ。


アンズ茸の手打ちタリオリーニ


シュルツクラプフェン(Schlutzkrapfen)


エビの二色手打ちパスタ

 チロル地方はオーストリアやイタリアの文化が入り交じって独特の文化や食べ物があるそうですが、今回の料理は僕にとって南部ドイツのイタメシ屋っぽい感じでした。

 さて、取引先との仕事が終わってホテルに戻り、夕方はN村君と二人きりで食事。  南部ドイツはこのところ夏を思わせる程暑く、近くの噴水で水浴びする子供がいました。



 ホテル近くを歩いていると、バルカンレストランで僕の好きなZoller Hofのビール屋台があったので、ヴァイスビアを飲むことに。 テレビではサッカーWCをやってます。


ヴァイスビア


WC

 晩ご飯は、ここで食べようかと言う話しになって、無難なパスタとシュニッツェルにしました。 僕はスパゲティ・アーリオオーリオを頼んだんですが、お店のおばちゃんが「バンドヌードル」しかないが良いかと言われ、オーケーしたらこんなん出て来ました。


バンドヌードルのアーリオオーリオ


シュニッツェル

 料理はそこそこでしたが、フライドポテトが結構美味しかったのでお代わりして、もう少しサッカーを見てからホテルに帰りました。  移動の疲れでこの日は早めに休みました。

« 出張12日目 ~ドイツ博物館見学~ | トップページ | 出張14日目 ~ミュンヘンへ戻って寿司を喰らうの巻~ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ドイツ」カテゴリの記事

列車の旅」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193417/48922642

この記事へのトラックバック一覧です: 出張13日目 ~南チロル料理とバルカンレストラン~:

« 出張12日目 ~ドイツ博物館見学~ | トップページ | 出張14日目 ~ミュンヘンへ戻って寿司を喰らうの巻~ »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31