無料ブログはココログ

« 夏休みの旅行1日目 ~名古屋からシンガポールへ~ | トップページ | 夏休みの旅行3日目 ~ブララス島でシュノーケリング~ »

2010年8月 8日 (日)

夏休みの旅行2日目 ~シンガポールからビンタン島へ~

 今朝は朝早くから起きてバスに乗って朝食を食べに出かけました。 お目当ては「蝦面」。  蝦面とはプロウンミーとかハーミーとか中国語で呼ばれるエビのお出汁の麺料理です。  昔ペナンの蛇寺で食べたハーミーが忘れられずその味を求めてシンガポールを徘徊します。

 シンガポールは仕事やプライベートで過去に何度も来たことがあるけど、でバスに乗るのは今回が初めて。

 グーグルマップさんで予習した通り、ホテルから歩いてPeace Centreビル前のバス停から65番のTampines Int行きに乗り込みます。  

 こっちのバスは二階建てなのね…  車内に書いてある定格乗員数だと立ち客も入れて200人ぐらい乗れる乗れることになってるけど、大丈夫なのか?  


シンガポールの二階建て市バス

 10分程バスに揺られて、Macpherson RoadにあるPOS Bank前で下車。 そこから徒歩で2分程でお目当ての「河南肉骨大蝦面(River South Prawn Noodel)」へ。

 ネット情報だと朝6時半開店ですが、到着した6時20分ぐらいには既に開店してます。 何と商売熱心なの。


えびそば屋


店内

 頼んだのは以前ネットで見て美味しそうだった肉骨大蝦面を注文。 値段は日本円で350エンぐらい。  麺はいつもこの手の麺ではそうしている様に、黄色い中華麺とビーフンをミックスしてもらいました。 この組み合わせの食感がいいんです。


肉骨大蝦面


中華麺とビーフンのミックス

 肉骨(リブ)はホロホロに煮込まれていて、骨から肉がすぐ外れます。 スープは結構薄めですが、味はしっかりしています。  ただ個人的にはもう少しサンバル系の深みと辛さを足したかった!

 さて、朝食を済ませて来た道をバスで戻りホテルに一旦帰り、しばし休憩後荷物をまとめて9時にチェックアウト。 次の目的地であるビンタン島へ向かうべくタクシーでフェリーターミナルへ向かいます。
 

ビンタン島

 ビンタン島はシンガポールからフェリーで55分にある、インドネシア領の島です。  多くのリゾートホテルがあり、シンガポールや他の国から多くのリゾート客が訪れる観光地です。

 11時5分発のフェリーに乗るべく、9時半にタナ・メラ・フェリーに到着しました。


ビンタン島行きフェリー乗り場


フェリーターミナルのコンコース

 フェリーは日本から予めネット予約していたので、予約の紙を持ってカウンターに行きチェックインします。  電子化されたSuicaみたいなプラスチックカードの乗船券をもらいます。

 ターミナルにはレストラン、売店、フェリー絡みの各方面旅行案内所、外貨両替所などがあり、思ったより広いです。  乗船券とパスポートを手に出国検査を通りフェリーの待合室へ。  馬鹿正直に出航1時間半前に来ましたが、45分前でも十分間に合う感じ… 待ってる時間が退屈でした。

 でようやくフェリーに搭乗です。 まず飛行機みたいに2階席の一等客が優先搭乗で、二等客はその次です。 座席はフリーシーティング、自由だ!


ビンタン行きフェリー


一階船室

 陣取ったのは一番前の席。 フロントガラスから船前方が良く見えます。 晴れ渡る青空に気分上々↑


青い海、白い雲

 船内はトイレもあり、売店ではドリンクやスナックも買えます。 空調が結構効いていて、半袖では寒いぐらい。 揺れも殆ど感じず朝も早かったため、ビンタン島に着くまで寝て過ごしました。

 で、55分でビンタン島に到着。 シンガポールとインドネシアは1時間の時差があるので、11時5分に出発したけど、現地時刻は変わらず11時。 1時間得した気分♪


ビンタン島のフェリーターミナル

 フェリーを降りてターミナル入り口で入国審査。 到着査証もOKなので、25米ドル支払ってビザを購入して入国します。 手荷物検査も形だけみたいで、引っかかっている人は皆無。  ターミナル出口で迎えに来ていたニルワナリゾートのバスに乗り込み、到着したのが12時頃。

 チェックインを済ませるが、チェックインは2時頃だと言うので、フロント施設近くのレストランで昼食を。


Spice Restaurant

 ビンタン島に来たのでトリビーにビンタンビール。  注文したのは、地元風焼きそば、バミーロバム。


トリビー


Bak Mi Lobam

 バミーロバムは甘めでしたが、シーフードも入っていてなかなか美味しかったです♪  ビールをお代わりしても潰れた時間は1時間。  チェックイン時刻まではまだあるけど、ブラブラとフロントに行くと、声を掛けられ部屋が用意出来たというので、ありがたく部屋に直行。  

 今回借りたのは、ニルワナビーチクラブというシャレータイプのお部屋。


シャレー

 部屋でシャワーを浴びて出てくると外で雨音? さっきまでの晴天とはうって変わってスコールです!  まぁ、酔っ払ってるんで夕方までのんびり使用と読書を始めましたがいつの間にか3時近くまで爆睡。

 目覚めてからビーチに行って、少し泳いだ後で早めの夕食に行きました。  場所はニルワナリゾート内にある「ケロン・レストラン」。  ケロンと言ってもガマ星雲のケロン星とは関係ございやせん。 (`・ω・́)キリッ

 ケロンとはインドネシアの漁師が漁の為に海上に造る木組みの小屋の事です。  今回のレストランはそれをイメージして造られた生け簀があるシーフードレストランです。


ケロンレストラン


生け簀


水槽


店内

 まずはカールスバーグを飲んで、新メニューのベトナム風エビ団子をアテに食べます。


トリビー


ベトナム風えび団子

 夕方の海からは心地良い風がながれてきて凄く快適です。 メインはストーンクラブを食べる事に。 店員のお勧めで"Golden Sand Crispy Garlic and Chili"スタイルに調理してもらいました。


Golden Sand Crispy Garlic and Chili

 薄衣が着けられてディープフライされたカニは、薄い殻部分ならパリパリと食べられるぐらいクリスピーで美味しかったです♪ みじん切りのガーリックや唐辛子もまさに砂のようにさらりと揚げられてます。

 締めにはなぜか人類は麺類の気分だったので、シンガポール風ビーフン炒めにしました。


炒ビーフン

 デザートのページに僕の好物のサゴを見つけましたぜ! 中華料理だと西米露と書いて「サイマイルー」とか「シーミールー」とか呼んでるあれです。  暑い国ではすっきり美味しいです♪


タピオカのココナッツミルク、フルーツ入り

 そうこうしている間に、6時前に日没です。 今日は水平線に雲があり夕日が沈む所は拝めませんでしたが、夕暮れに佇むケロンレストランを眺めて、シャレーに戻りました。


夕暮れのケロンレストラン

 この後ニルワナガーデン内にあるカラオケでも行こうかと思いましたが、良いと疲れで10時前に就寝しました。(-_-)zzz

« 夏休みの旅行1日目 ~名古屋からシンガポールへ~ | トップページ | 夏休みの旅行3日目 ~ブララス島でシュノーケリング~ »

インドネシア」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

シンガポール」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193417/49150669

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの旅行2日目 ~シンガポールからビンタン島へ~:

« 夏休みの旅行1日目 ~名古屋からシンガポールへ~ | トップページ | 夏休みの旅行3日目 ~ブララス島でシュノーケリング~ »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31