無料ブログはココログ

« チキンバルタカレー@バンチャガル | トップページ | とん焼きと中華 »

2011年1月30日 (日)

ランチ@ガッルーラ

 今日は最近お知り合いになったTさんに誘われて、八事にあるイタリアンの有名店ガッルーラへ行きました。  

 池下にあった頃から美味しいお店だと聞いてはいたんですが、なかなか行く機会に恵まれないうちに池下のお店が閉店、そして最近八事に再オープンされました。


お店入口

 お店はこぢんまりとしていますがとってもシャープな感じ、今回通されたのは調理場前のカウンター席です。


テーブル席


カウンター

 取りあえずフェラーリのスプマンテを飲み、Tさんと四方山話をしているとパンがサーブされました。 どれも美味しいけれど新玉ねぎのフォカッチャが激(゚Д゚)ウマー


パン

 ワインはソムリエールにお任せして料理に合わせてグラスで頂く事に。 最初は前菜のフォアグラとマンゴーに合わせた甘口のワインを。  そしてそれとは別にその後の料理にあわせるロ・トリオレ ゲヴリュツトラミネールの白を。


Lo Triolet Gewurztraminer

 上品な甘さと香りのマンゴーとバターの様にとろけるキメの細かな口当たりのフォアグラが絶妙です!


フォアグラとマンゴー

 続いてパスタ類をTさんと取り分けて何種類か食べます。 最初はシャラテッリというイカ墨を練り込んだ自家製のロングパスタ。 絶妙に火を通された新鮮な手長エビと魚介のソースがたまりません。


イカ墨の"シャラテッリ"、手長エビと魚介のトマトソース

 ソムリエールさんが、次に出してくれたのがピエモンテ州のモンテイエのロゼ。


Montej Rosa

 続くパスタは清水牧場のプティニュアージュ(Petits Nuages)と言うフレッシュチーズを包み込んだイタリア風餃子みたいなトルテッリ(tortelli)。 濃厚なラグーと一緒のパスタを噛むと鼻に抜ける軽やかなミルクの香りと絹のように滑らかなチーズの味わいが印象的どす。


リコッタ詰め"トルテッリ"、ジビエのラグーと黒トリュフ

 お次はソムリエールさんが赤にしましょうとキャンティを出してくれました。 これに出てきたのはウンブリケッリ(umbrichelli)という耳慣れないウンブリ州のパスタ、ラグーソース。

 ウンブリケッリは卵を使わずに手打ちするいわばイタリアの讃岐うどんだそうです。 独特の腰ともっちりした食感はたまりませんぜぇ!


Querciabella Chianti Classico


"ウンブリケッリ"、牛テールとアキレス腱のラグー

 続いて4皿目のパスタはパッパルデッレ。 肉の食感を残して煮込まれたソースと硬めの食感のパッパルデッレが美味しいです。


"パッパルデッレ"蝦夷鹿とカリフラワーの煮込み

 メインにお願いしたのは北海道の寒鱈と活帆立貝に秋田県の齋藤さんが早詰みしたホワイトアスパラを合わせた一品。 ほんのりした酸味があるホタテのクスクス仕立て。


寒鱈、活帆立貝、早摘みアスパラ、ホタテのクスクス仕立

 これに合わせて選んでもらったワインはほんのかすかなとろみとフルーティーな香りのするカピケラというサルディーニャ州の白ワイン。


Capichera Classico

 最後はメニューに載っていないゴルゴンゾーラのクレムブリュレとカフェで締めました。


ゴルゴンゾーラのクレムブリュレ


カフェ

 Tさんと時を忘れて楽しく食べながらお話ししていたら、もう午後3時すぎ。 12時半に入ったので2時間以上の時間があっと言う間に過ぎました。 とっても良い機会をオファーしてくれたTさんに感謝です♪

« チキンバルタカレー@バンチャガル | トップページ | とん焼きと中華 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193417/50735167

この記事へのトラックバック一覧です: ランチ@ガッルーラ:

« チキンバルタカレー@バンチャガル | トップページ | とん焼きと中華 »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31