無料ブログはココログ

« 中国出張3日目(中編)~紫禁城観光~ | トップページ | 中国出張4日目 ~小吃街で担担面と餃子~ »

2011年6月24日 (金)

中国出張3日目(後編)~王府井で北京ダック~

 ホテルで休憩した後、同僚のN君と夕食を食べに北京の繁華街である王府井(ワンフーチン)に出かけした。  ベタですが、北京に来たなら北京ダックと言う事で、予約した北京ダックで超有名な全聚徳(ゼンシュトク)に向かいます。


王府井の目抜き通り

 ごちゃごちゃした王府井の通りの路地にあるビルに全聚徳はありました。 1階には結構待ち客がいましたが、予約してある事を告げるとエレベーターで上階へ案内されました。


全聚徳


予約席フロアの入口

 ビル全体がレストランみたいで、それでも入りきらずに待ち客が出ている程の超人気店です。 広いホールの一角に案内されて着席しました。


通されたホール

 取りあえずビールを注文して、まずは北京ダックを注文します。 北京ダックは一羽だとN君と二人では食べきれないため、半羽を注文する事に。 ちなみにお値段は一羽だと238元(≒2,850円)、半羽だとちょうど半額の119元です。

 ちなみに北京ダックを包むポーピン(薄餅)とか中に入れる薬味は別料金です。 メニューを見ると、ここではポーピンはホーイエピン(荷叶餅)と書かれて12元、葱と甜麺醤は3元、キュウリも巻きたかったので砂糖とにんにくが一緒になったのを2元で注文。 


燕京啤酒純生

 北京ダックが出るまでのツマミをメニューで探すと、トースト付き鴨の肝があります。 ひょっとしてこれはフォアグラかも!と注文。 そして野菜も食べなきゃと茹で芥蘭(ガイラン)も頼みました。


鸭肝酱配面包


白灼甘蓝

 燕京ビールは水っぽくて今一つ。 フォアグラかと期待した鴨肝は脂肪分がほとんど無くてパサッとして鳥臭い。orz  でも芥蘭は美味しかったです♪  そうこうしているうちに薬味セットと一緒に小椀に入った液体が来たので、ウェイターに何か聞いたらどうやら飲むためのダックスープとのこと。 味はダックダックして苦手でした。


北京ダックのスープ


左:白砂糖、蒜泥、黄瓜条  右:葱、甜麺醤

 そしていよいよ我々の北京ダックが、シェフ帽を被ったオッサンに連れられてワゴンで登場です!


北京ダック


全聚德极品烤鸭 (Quanjude Superb Roast Duck)

 半身の北京ダックはまず薄皮だけ取り分けられて、我々のテーブルにサーブされます。


取り分けられた北京ダックの皮

 皮を一口食べてみましたが、表面はサクッと香ばしく焼けており、噛みしめると鴨の脂がじゅわーっと口中にあふれます。 甘みのある美味しい脂ですが、少々しつこいのでやっぱりポーピンに巻いて食べるがよかです。


荷叶饼で巻いた北京ダック

 皮の良い所を取り分けたら今度は身が付いた厚切りの部分と頭のもサーブされました。 ポーピンでキュウリと砂糖を巻いたり、葱と甜麺醤で味を変えて楽しみました。


厚身(手前)と頭(奥)

 お腹が一杯になったので、階下へ階段で降りがてら調理場を覗くと釜の火で北京ダックを調理していました。


調理場風景


釜で北京ダックを炙ります

 その後腹ごなしに王府井を散策。 目星を付けておいた、屋台街である王府井小吃街へ。


王府井小吃街

 ここはいろいろなゲテモノを串に刺して売っていると聞いていましたが、路地に入ってすぐにそのお店に遭遇。 ヒトデやらサ○リやら串焼きにして売っています。


珍味串焼きのお店

 その横には土耳其烤肉と書かれたトルコ風ドナーケバブのお店が。


土耳其烤肉のお店

 小吃街にはいろいろなお店が所狭しと並んでおり、風情があっていいですね。 それぞれを冷やかしながら歩きます。


果物飴のお店




お土産屋台街


アラビア風ケバブ(阿拉伯烤肉)のお店

 途中で「香港撒尿牛丸」と書いた屋台が。 N君に「何だろう、食べてみる?」と聞きましたが、「牛とか尿とか気持ち悪い。 きっと膀胱かなんかじゃないの。」と否定され止めました。  でも後で調べてみると撒尿とは広東語でシャコの事で、シャコと牛肉の団子だと分かって食べておけば良かったと少し後悔…


香港撒尿牛丸のお店

 小吃街は結構細長くて行くにつれていろんなお店があります。 またゲテモノ串もあちこちに…


土産物屋街


珍味串焼きのお店

 中には日本式のたこ焼き(章魚小丸子)のお店なんかもありました。


章魚小丸子のお店


古井戸

 帰りがけに焼き餃子(鍋貼)のお店があったので、写真を撮ろうとするとニーチャンに「買わないなら見せない!」みたいな事を中国語で言われて隠されました。 チックショー!


焼餃子の屋台

 色々面白そうな店があったので、N君と明日の朝食はここで食べようと約束してホテルに向かい、休みました。(-_-)zzz

« 中国出張3日目(中編)~紫禁城観光~ | トップページ | 中国出張4日目 ~小吃街で担担面と餃子~ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

中国」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

中国人の料理研究家の先生と生徒らの3泊4日の旅行で
このお店に行きました。長蛇の列でビックリ。←中国人がきちんと
並んで待っていることにですけど。
初めて田うなぎなるものを食べましたが、3口までは美味しかったので
すが、その後はしつこくて食べられませんでした。
美味しいのに箸がつけられなくなるのも初体験でした。

ソーニャさん

タウナギは食べた事ないんですが、美味しいですね。
でも脂でしつこいんでしょうかね。
江戸前の蒲焼きみたいに一旦蒸すとあっさりするのかしら?think

濃い醤油ベースで、田うなぎ自体がしつこいので、
蒸した方がいいと思いました。田うなぎ一口でお茶碗半分は
イケそうでした。
土日に寝過ぎたようで昨夜は眠れず、一気に拝見しました。
今年は3度名古屋に行ってたので、のりくん。のブログをもっと
早く知っていたら名古屋出張ももっと楽しかったかもと残念。
今まで日本、韓国、中国、スペイン、トルコ、インド、ロシア等
各3年は習っていますが、まだまだ知らないお料理を知り、
盛り付けや組み合わせ等いろいろと楽しませて頂きました。
これからもお邪魔させて頂きます。

ソーニャさん

色々な国のお料理を習っておられるのですね。 驚きました!
またソーニャさんのブログにも遊びに行っていろいろ拝見したいと思います♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193417/52351974

この記事へのトラックバック一覧です: 中国出張3日目(後編)~王府井で北京ダック~:

« 中国出張3日目(中編)~紫禁城観光~ | トップページ | 中国出張4日目 ~小吃街で担担面と餃子~ »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31