無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

天せいろ@千種豊月

 今日はヨメと今池に用事で来たついでに、天せいろで有名な千種豊月でランチしました。


千種豊月

 ここのおそばは北海道産のそば粉を石臼挽きして山芋でつないだ白っぽいおそば。 かき揚げは、活えび、紋甲いか、三つ葉、椎茸が入ってボリューム満点です。 綿実サラダ油で軽くサクサクと揚がってます。


天せいろ




おそばのアップ

 かき揚げはサクサクで(゚Д゚)ウマー、おそばも今日は甘みが感じられて美味しかった。 ごちそうさまでした。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 今池駅車道駅千種駅


2011年7月30日 (土)

だんだん麺@銀座ごまや

 今日は娘が今度一人暮らしする部屋用のベッドを選ぶために、ザ・モール春日井にあるニトリに来ました。 

 ザ・モール春日井と言えば、今はなき銀座の支那麺はしごの流れをくむ担々麺のごまやがあるので、すごく久しぶりにランチしました。


銀座 ごまや

 支麺はしごの担々麺は、四川飯店系の担々麺とはことなり和風テイストの担々麺と書いて”だんだん麺”と読ませます。

 娘は担々麺(だんだんめん)を単品で、僕は煮豚が乗った太肉担々麺(だあろうだんだんめん)に味付けたまごをトッピング。 そして餃子一皿を二人で分けることに。


餃子


太肉担々麺

 支那麺はしごと比べると、基本的な味付けは同じですが麺がやや太いのと、醤油味が少し強めです。  たまにはこういった和風担々麺が美味しいです。 ごちそうさま。

関連ランキング:ラーメン | 春日井駅(JR)


2011年7月29日 (金)

関東風うなぎ@市幸

 久しぶりに親父と金山のサウナに行きました。 帰りにどこかで晩飯でもと言う話しの中で、以前刈谷に関東風のうなぎを出すお店があるらしいと親父に話したのを覚えていた様で、そこへ行こうという事になりました。


うなぎ市幸


店内

 お店に着いたのが午後6時だったので先客はまばら。 一階の座敷に座りました。  当店は関東で修行した店主が関東風、関西風の両方の調理法でうなぎを料理するめずらしいお店です。  今回は二人とも関東風で、親父がうな重の松を、僕が特選二段重にしました。

 待つ事10分ぐらいでうな重が登場しました。 親父の松にはうなぎが2切れ、僕のには3切れ入っています。


うな重(松)


特選 二段重


うなぎのアップ


下段はご飯

 関東風のうなぎは、この前親父と食べたかねはちには少し劣りますが、ふっくらとして臭みもなく(゚Д゚)ウマーです。 親父も名駅の関東風を出すうな善よりもこっちの方が美味しいと満足そうです。 

 高齢にもかかわらず、ご飯を少し残したもののぺろりとうなぎを平らげた親父は肉食系老人です。(笑) 元気なうちにまた東京で美味しいうなぎを食べに連れて行きたいと思いました。  ごちそうさまでした。

関連ランキング:うなぎ | 刈谷駅刈谷市駅



担々麺ランチ@四川家常菜 郫濾

 実家に行く途中で今日も担々麺が食べたくなったので、久しぶりに名東区の四川料理のお店『郫濾』に行きました。


四川家常菜 郫濾

 朝から何も食べておらず腹ぺこりんだったので、担々麺ランチと海老蒸し餃子を注文しました。


担々麺ランチ


担々麺のアップ

 担々麺は芝麻醤と辣油の風味が効いてなかなか良いんですが、醤油の味が強くて少し塩っぱいのが残念です…


海老蒸し餃子

 海老蒸し餃子は悪くはないですが、作りたての感じはしないですね。

 最後にランチのデザートが出ました。 刻んだ抹茶ムースがスイカ風味の砂糖水に入ってます。 ひんやりさっぱり、夏らしくて良かったです。



関連ランキング:四川料理 | 上社駅一社駅


2011年7月28日 (木)

送別会@豆家茶寮

 仕事でお世話になった先輩の方が8月で定年退職されるので、僕が発起人になって送別会を開催しました。 ご本人が大の豆腐好きなので、ブロッサにある豆腐料理がメインの「豆家茶寮」と言うお店にしました。


豆家茶寮


店内

 店内は間口がやや狭く奥に長い感じで、暗めの照明で和風モダンのなかなかお洒落な感じです。 開催の挨拶と乾杯のあと、宴会はスタートです。 まずは口取りの一口どうふ、そして先附けの3品。


【口取り】 自家製 一口どうふ ~葱・生姜・出し醤油~


【先附】蒟蒻ののずんだ和え 鱧ざく 焼茄子のにぎり

 小さめのお刺身が続いてでました。 氷見の魚との事です。 しっとりとして味はとても良かったです♪


【向附】旬魚お造り盛り合わせ ~富山・氷見漁港より~

 それから椀物のとうもろこしのスープ、鰻カツと続きます。 鰻カツは生臭くてギブしました。


【椀物】蜀黍すり流し ~オクラ・茗荷・山椒~


【揚物】鰻カツの夏野菜のせ

 それから、豆腐料理店らしく生麩に牛肉を巻いて焼いた料理が出ました。 生麩の食感と味が牛肉に美味くマッチしていて美味しい♪


【焼物】牛肉と生麩の山椒焼

 その次は夏らしい季節野菜の冷やし寄せです。 さっぱりひんやりと。


【焚合】季節野菜の冷やし寄せ

 そろそろ宴会も終盤だと知ると、銀鱈の西京焼きが食べたいと騒ぐおっさんがいましたので、追加でオーダー。 あと、本日の主役のKさんも湯葉が食べたいとおっしゃるので、生湯葉の造りを追加しました。


銀鱈西京味噌焼き

続きを読む "送別会@豆家茶寮" »

2011年7月24日 (日)

Aランチ@中華楼

 久しぶりにヨメとお昼を食べに行く事になり、昨夜食べた黄河のオーソドックスな味の担々麺を食べたくなり、久しぶりに藤ヶ丘の中華楼へ行きました。

 日曜日のお昼でもランチをやっているからか、お店は満席。 入れないかと思ったら奥に小上がりの座敷とテーブル席があって、そちらへ通されました。


店内

 ランチはいろいろ有りますが、おかずが3品ついてミニラーメンかミニ担々麺とデザートが付くAランチにしました。 そして餃子も食べたくなったので一人前追加。


ランチメニュー

 まつことしばしでAランチ登場。 海老フライやきんぴらなど盛りだくさんで、担々麺も美味しそう♪


Aランチ


続きを読む "Aランチ@中華楼" »

2011年7月23日 (土)

ディナー@海鮮中華料理 黄河

 今日はウェブでも高評価の中華料理店「黄河」に、日頃仲良くして頂いているメンバーをお誘いして行ってきました♪


黄河


店内

 この日は一人のメンバーのお誕生日ウィークだったので、訪店前に名駅でサプライズの仕込みをして、余った時間でプロセッコを3杯、そしてお店に早く着いたので、近所の怪しげなお店でチューハイを飲んですっかり出来上がっております。

 まずはひんやりとスイカのジュースが出てきて、蛸のゼリー寄せと賀茂茄子の四川風が出てきた辺りは良く覚えております。


スイカジュース


蛸のゼリー寄せ


賀茂茄子の揚げもの四川ソース

 後はだんだん記憶が怪しくなって、料理の名前も定かではありません。 もし間違えていたら優しくおしえてねん♪


鱧と松茸のスープ


アユ春巻き


穴子と野菜の黒酢料理(だったかな)


ワタリガニのなんちゃら

 〆は予めお願いしていた担々麺が出てきました。 ごま味良好でオーソドックスな味わいです。


担々麺


デザート

 最後は某メンバーのお誕生日をお祝いするために、名駅で買ってきたフルーツタルトをロウソク付きで出してもらいました♪  ○○さん誕生日おめでとー\(^O^)/


お誕生日ケーキ


僕の分です。

 四川料理のイメージが強かったですが、実際はヌーベルシノワ系のあっさりした中華です。 次回行く機会があれば、もう少し麻辣味を利かせたメニューをお願いしてみようと思います。

関連ランキング:中華料理 | 国際センター駅浅間町駅亀島駅



2011年7月22日 (金)

ナゴヤ ( ^_^)/□☆□\(^_^ ) オクトーバーフェストォ!

 今日は今年名古屋で初めてオクトーバーフェストがやってきたって事で、温泉が最高に好きだと言う知人と二人で行って来ました。


ナゴヤオクトーバーフェスト

 オクトーバーフェストと言うのは、ドイツのミュンヘンで毎年開かれる世界的に有名なビール祭りなんですが、近年日本を初め世界のいろいろな場所で同じ様な催しが開かれているみたいです。 名古屋もそれに習って第一回目が今年開催されたんですね。

 まだ日も沈みきらない金曜日の夕方ですが、会場は結構な人ごみです。 取りあえずミュンヘンで有名なブルーワリーのホフブロイハウスのブースへビールを買いに並びました。


ホフブロイ

 ドイツのオクトーバーフェストでは、マス(Mas)と呼ばれる1㍑のジョッキでオクトーバーフェスト用に特別に作ったアルコールの高いビールを飲むんですが、メニューには載ってません。

 まぁ、日本だからなぁと思ったけど、念のためビールをついでくれてるドイツ人のお兄ちゃんに、「オクトーバーフェストビールは無いの?」と聞いたら、お兄ちゃんが「これは、オクトーバーフェストじゃなくて、オクトーバーフェストみたいなものだから…ないです。」と苦笑いしてました。


ドイツ人のお兄ちゃん


プロスト(乾杯)!

 因みにこのビール1㍑で2,900円+ジョッキの保証料が1,000円かかります。 結構お高いわね。 マスをご購入の方に限りホフブロイのコースターがもらえました♪


特典のコースター

 ビールを持ってうろうろしていると、ちょうど2人分の空席がステージ近くにあったので、そこへ座りバンドの演奏をしばし楽しみました。 気がつくと辺りは暗くなっており、入場した時より多くの人で会場は凄い混雑しています。


ドイツのバンド

満員の会場

 僕が席取りをしている間に温泉好き君が、いろいろと食べ物を調達してくれました。 ヴァイスブルストには甘いマスタードじゃなくて、普通のマスタードでちょっと不満足でしたが、ソーセージのお味はどれも良かったです。


ソーセージとブレッツェル

 ビールが無くなったので、今度は僕が調達係の番です。 ハライコのブースに並ぼうと思ったら気が遠くなるほどの行列だったので放念して、そこそこの行列だったパウラナーが置いてあるのブースへ。 笑顔が素敵なお嬢にパウラナーのヴァイスをついで頂きました♪


ハライコ


素敵な笑顔∈^0^∋


パウラナーのヴァイス

 たくさんビールを飲んだので、ちょっと用事で某所へ立ち寄ったら何やら屋台が出てます。 見たことないラーメンバーガーという言葉に惹かれて買っちゃいました♪ そして隣のシロコロホルモンも。 

 屋台を撮影したら殴られて簀巻きにされて名古屋港に浮かぶかとも思いましたが、取りあえず聞いてみたらオッケーでした♪ よかった。


ラーメンバーガー屋台


シロコロホルモン屋台


ラーメンバーガー


シロコロホルモン

 ラーメンバーガーは麺のバンズに味付けしたお肉が挟まってます。 僕にはちょっと塩っぱかったです。 シロコロホルモンは脂身が適度にあって(゚Д゚)ウマー ビールに合うわこれ。 ドイツで売ったら売れるぜよ!

 オクトーバーフェストも9時終了目前でお客のボルテージも最高潮です。 バンド回りではたくさんの人が音楽に合わせて踊ってました。

 帰りの混雑を避ける為、千鳥足で早めに会場を後にしました。 ライトアップされたテレビ塔がきれいです…


ライトアップされたTV

 なかなか楽しかったんで、また来年も来たいと思います。 アウフ ヴィーダーゼーエン、チュース!。

2011年7月16日 (土)

京都日帰り出張

 一昨日の東京出張に続いて、本日は京都へ日帰り出張です。 またまたに乗ります。


京都行きののぞみ

 京都の某大学で本日も某学会の発表を拝聴します。 11時スタートなので1時間で取りあえずお昼となりました。


発表の様子

 お昼は学食にフレンチがあると聞いていたので、そこを目指しましたが、予約がないと満席で入れないと言われ、同じビルのカフェテリアにも行きましたが凄い人。 あわや昼食難民かと思いましたが、すぐそばに食堂があったので、ここで食べる事に。


京楽食堂

 本日のランチは冷やし中華かうどんにかやくご飯と小鉢が付いたセット。 ご飯はべっちゃりしてましたが、冷やし中華はなかなか美味しかったどすえ。


定食

 午後一杯また発表を聞いて、夕方からは懇親会。 昼間凄い人で入れなかったカフェテリアの一角を借り切って行われました。


懇親会

 懇親会もお開きに近いので、帰りの新幹線が無くならないうちに失礼して帰路につきます。 今日から祇園祭みたいで地下鉄京都駅には人がゴミのようにたくさんいました… もはや祇園祭見る元気もないです。

 疲れ果てて帰りの新幹線に乗り混む前に、キオスクで見つけたアイスを購入。 名前が「あいすくりん ちべた」って人を食った様な名前だけど、車内で食べたらこれが結構(゚Д゚)ウマー


京あいす


抹茶どす

 いろいろなフレーバーがあるので、今度京都に行ったらまた違った味を食べたいと思います。 今日も日帰りで遅くなりややグロッキーです。  9時過ぎに帰宅して、早々に休みました。 おしまいどす。

2011年7月14日 (木)

東京日帰り出張

 今日は後輩のS君と仕事で東京に日帰り出張です。 朝も早うから、新幹線で品川へ向かいます。


東京行きのぞみ

 午前中茅場町近くの某所で仕事をした後、お昼を食べに湯島の四川担担麺 阿吽に向かいました。


四川担担麺 阿吽

 久しぶりに店主のmizuさんに会えると思ったら、何とお店を弟子に任せて行方不明(奥さん談)  でも久しぶりに食べたつゆ無しは相変わらず(゚Д゚)ウマーでした!


カウンター内のお弟子さん


つゆ無し担担麺 5辛

 担々麺を食べた後は、次の仕事まで時間があったので、これも久しぶりに丸の内の町村農場へデザートを食べに行きました。


町村農場


店内

続きを読む "東京日帰り出張" »

2011年7月13日 (水)

韓国フェア@デニーズ

 今日はお昼に野菜系と冷たい麺が食べたかったので、久しぶりにデニーズに入りました。  新しいメニューなのか、焼き夏野菜の盛り合わせと、カペリーニの韓国冷麺風にミニカルビ丼が付いたのが韓国フェアでやってましたので、それらを注文しました。


焼き夏野菜8種の盛り合わせ

夏野菜は、米なす、パプリカ、おくら、ブロッコリー、ヤングコーン、かぼちゃなど緑黄色野菜が盛りだくさんですが、米なすは一度油で揚げてあるので、少々重かったです。 あと、ジャガイモが入ってましたが、ジャガイモって夏野菜なのか!?


さっぱりカペリーニ冷麺風とミニ牛カルビ丼

 牛骨をじっくり煮込んでダシをとったと言う冷麺のスープは美味しいですが、カペリーニはぶつぶつ切れて食感はやや悪かったです。 カルビ丼はなくても良かったです。


冷麺のアップ


牛カルビ丼

 やっぱり冷めんは、歯ごたえのある本当の麺が良いですね。 ごちそうさまでした。

2011年7月 8日 (金)

滋賀から岐阜へドライブ

 余呉湖の徳山鮓でランチをした後、冨田酒造がある長浜市の木之本町を目指します。  徳山鮓からほど近い場所に小さなお堂を見つけたので立ち寄りました。 どうやら安産のお地蔵様のようです。


子安の地蔵堂


案内


お堂


お堂のアップ


何の花かな?

 木之本町は北国街道の宿場だった歴史を感じる古い街で、冨田酒造も450年余り続く由緒ある酒蔵です。 


冨田酒造


冨田家の略歴


店内

 美食家の北大路魯山人がここに逗留した際の作である、七本槍の扁額も店内に飾られている。

北大路魯山人(福田大観)作の扁額

 今回、お土産に純米吟醸の七本槍の生搾り原酒中取りを一本購入しました。

 その後回りの古い家並みを見学しました。 以前TV番組でみてお取り寄せしたサラダパンつるやパンもありました。


当時の吊り看板が残る本陣薬局

 角を曲がったところに一風変わった建物が目に入りました。 『菓匠禄兵衛』という老舗のお菓子屋さんだそうで、中へ入ってみました。


菓匠禄兵衛


店内

 商品はいろいろありましたが、自家栽培のよもぎを使った草餅は全国の有名デパートでも好評との事で草餅とカステラを買って帰りました。


名代草餅

 家に帰ってから食べてみましたが草餅はかなり(゚Д゚)ウマーです。 カステラは僕的には普通でしたが、家族には高評価でした。

 その後まーくんの地元岐阜へ戻り、彼が最近かよっている町屋カフェによりました。


空穂屋(うつぼや)


店内


コーヒー

 コーヒーを飲んだ後、これもまーくん行きつけのたい焼き屋さんへつれて行ってくれました。


たいやき 福丸

 勤め人だったご店主が、数年前に脱サラして始めた小さなお店は狭いながらもレトロな雰囲気で楽しいです。 作っているたい焼きも、一匹ずつ焼かれる天然物です♪


レトロで楽しい店内

 常連まーくんによると、たい焼きもさることながら、夏はかき氷が、それも大将自ら北海道まで足を運んで探し当てたこだわりの小豆が使用された抹茶あずきがうまいとの事で頂きました。 かき氷器も手動で雰囲気ありますぜ!


かき氷


抹茶あずき

 超山盛りで抹茶がかかったふわっふわっの氷の下には甘さ控えめの美味しいあずきが入っていて(゚Д゚)ウマー

 せっかくなので、こだわりの天然物のたい焼きも一匹頂きました。


泳げたい焼きくん♪


天然物のたい焼き

 たい焼きはパリッとした薄皮に上品なあんこがマッチしてこれもまた(゚Д゚)ウマーです。 そして店内で無料で飲める無農薬有機栽培の「番柳茶」は上品な香りがして最高です♪

 ごちそうさまでした。 また来ます。

湖畔で発酵ランチ@徳山鮓

 今日は自称滋賀通の同僚まーくんのお誘いで、滋賀にある食べログで超高評価の『徳山鮓』でランチを頂きました。

 名古屋からで米原駅まで行き、岐阜から車できたまーくんに拾ってもらい下道で琵琶湖の北にある周囲が7キロ程の小さな湖である余呉湖を目指してで走ること小一時間、湖畔の閑静な場所にあるお店に到着しました。


徳山鮓(とくやまずし)

 徳山鮓は、京都の料亭で修行したご主人が奥さんの故郷である余呉でお店をだし、当時地元にあった発酵研究所の小泉所長から学んだ発酵技術で作り出すなれずし(熟鮓)や地元のジビエや川魚を食べさせてくれる料理旅館です。

 予約した12時に暖簾をくぐると、12名がけのテーブルがある大広間にはすでに先客のカポーが一組。 我々はその横にある6名がけテーブルがある小部屋に通されました。


入口の暖簾


玄関


6名部屋

 建物の外観は旧式な日本家屋ですが、室内は木を多用した割とモダンでウッディーな感じです。 窓の外には余呉湖の素晴らしい景色が広がります♪

目の前に広がる余呉湖

 まーくんのお勧めで、昼酒を頂く事に。 北大路魯山人が愛でた地元の銘酒「七本槍」の蔵本である冨田酒造謹製の「紫霞の湖」を。 このお酒は滋賀で開発された近江虹酵母を使って醸造されているそうで、発酵させた地魚との組み合わせはベストでしょう。


紫霞の湖(しがのうみ)

 冨田酒造の七本槍(しちほんやり)は僕が大好きなお酒ですが、この紫霞の湖もすっきりした辛口でうまい!  そして、予約した本日8,000円の最初の料理が、鮒のゴマ和えと鯖熟鮓(さばなれずし)トマトチーズ


鮒ゴマ和え(左)と鯖熟鮓(右)

 こちらの鯖鮓は発酵度合いはあまり進んでおらず、トマトソースと削った吉田牧場のカチョカバロチーズが乗っていて、青魚と強い酸味が苦手な僕でも美味しく頂けました。 


鯖熟鮓のアップ

 ゴマ和えの鮒は、余呉湖で捕れた新鮮な鮒を生のまま小さく切りゴマで和えてあります。 泥臭さもなく美味しい♪


鮒ゴマ和えのアップ

 次に出てきたのは、鱧かと思ったら余呉湖で捕れたうなぎの湯引き。 


うなぎの湯引き

余呉湖のうなぎとは、うなぎの稚魚を余呉湖に放流して成長させた半分天然みたいなうなぎだそうです。 わさび醤油でさっぱりと頂きました。


湯引きのアップ

 4品目は葉っぱの形のお皿で出された稚鮎酢漬けの山椒みそと氷魚のゆず胡椒。


稚鮎酢漬けの山椒みそ、氷魚のゆず胡椒

 氷魚とは、早春に捕れる稚鮎よりも小さく透き通ったアユの稚魚だそうで、稚鮎は酢に漬け込まれ山椒風味のみそで、氷魚はゆず胡椒風味です。


稚鮎と氷魚のアップ

 5品目はあっと驚く余呉湖の巨大うなぎ。 タレ無しの白焼きで、上に煮た山椒粒が散らしてあります。


余呉湖のうなぎ白焼き

 うなぎは、ほんの少し泥くささはありましたが、外はパリッと中はほっこりと美味しく頂きました。


うなぎ白焼きアップ

 今までの料理も素晴らしいですが、料理を盛ってあるお皿も素敵なので、奥さんに聞いてみると陶芸作家に作ってもらったり、自作だったりといろいろあるそうです。 余呉湖をかたどった緑のお皿もみせてくれました。(下の画像)

素敵なお皿たち

 奥さんはとても気さくで話しやすい方ですし、ご主人も時々厨房から覗きに来て話しかけてくれるアットホームな雰囲気です。 お皿やら滋賀の歴史や地理、発酵についてなど多岐にわたってお話しさせてもらいました。

 で、お次が天ぷら盛り合わせ。 食べるのがもったいないぐらい小さくて可愛い余呉湖の手長エビやお茶の葉、三つ葉、なすをカリッと軽く揚げてあり美味しかったです。 


天ぷら盛り合わせ

 そして、次の品は鮓豆腐ハチミツがけとからすみです。

 鮓豆腐とは、発酵させた豆腐で、結構鋭い酸味があり、チーズの様な味わいです。 かけてある自家製のハチミツで酸味が少し和らぎます。 からすみは美味しかったです。


鮓豆腐ハチミツがけ、からすみ


鮓豆腐とからすみのアップ

 お次が本命の熟鮓料理。 琵琶湖産の鮒を熟鮓にしたもので、なれずしを作る時に入れるいい(飯)が付いています。
 
 絶妙な発酵度合いで魚を意識しないぐらいの味と食感で美味しく頂きました。


鮒熟鮓


鮒熟鮓のアップ

 結構お腹が一杯になって来ましたが、まだ料理が来ます。 お次は、先ほど白焼きで出た余呉湖のうなぎ肝のボイルです。 お塩で頂きましたが、臭みもなく頂けました。


うなぎ肝ボイル


うなぎ肝のアップ

 そしてお次がイワトコナマズの蒸しもの。 聞き慣れない魚の名前なので、帰って調べてみたら琵琶湖、余呉湖あたりにしか生息しないナマズ目の淡水魚で、名前の通り岩床を好むナマズだそうです。


イワトコナマズの蒸しもの

 味と食感は、うなぎをもう少し脂っぽくした感じで、やや泥臭く、皮はゼラチン質でねっとりしていました。 オリーブ油とネギがアクセントになっています。


イワトコナマズのアップ

 ようやく最後の〆にスッポンみたいな形の土鍋でお雑炊が出てきました。 なんと熊肉が入った熊雑炊だそうですぜぇ!


熊雑炊


熊雑炊のアップ

 熊肉は食べたことがないので、今回初挑戦。 お肉には少しくせがありますが、割とあっさり、さらさら頂きました。

 そして発酵食品のコースを締めくくるデザートは、やっぱり発酵食品!  コース中に出された鮒熟鮓にも付いていた、いい(飯)を使った発酵アイスクリームです。


いい(飯)の発酵アイスクリーム

 初めて食べた発酵アイスは、レアチーズのシャーベットみたいな感じで、酸味と甘みが混在してなかなか美味しかったです。



発酵アイスクリームのアップ

 楽しくて美味しい2時間があっと言う間に過ぎました。 機会があれば是非また来たいと思える一時でした。 ごちそうさまでした。

関連ランキング:郷土料理 | 余呉駅

2011年7月 6日 (水)

お久しぶり会@レガリア

 今日は以前ドイツに駐在していて、ちょっと前に名古屋に戻ってきたアニタご夫妻と共通の友人Mさんの4人でお久しブリーフのディナーをレガリアで頂きました。 (ドイツ駐在時にご一緒した記事はこちらです。)

 白を基調とした明るい店内は、オーナーシェフ夫妻で切り盛りされています。


お店入口


店内

 アニちゃんの旦那さんは仕事で少し遅れて来ましたが、その間三人でスプマンテを飲みながら昔話に花を咲かせます。 ようやく4人そろったので料理をオーダー。 まずは前菜の盛り合わせをお願いしました。

 鶏のレバーパテ、カプレーゼ、メカジキの燻製など盛りだくさんの前菜プレート。 メカジキは燻製の良い香りがして(゚Д゚)ウマー


前菜の盛り合わせ


パン

 1本目のワインはサルディーニャ地方のKARANAと言う赤を頂きました。


COLLI DEL LIMBARA IGT NEBBIOLO "KARANA"

続きを読む "お久しぶり会@レガリア" »

2011年7月 2日 (土)

そばランチ@志庵

 今日はここの桜えびのかき揚げ丼が食べたくなり、娘と二人で行ってきました。 手打ち蕎麦『志庵』です。


志庵


入口


テーブル席

 開店一番乗りだったみたいで、お店の中は貸し切り状態。 テーブル席に案内してもらい、目当てのおそばと桜えびのかき揚げ丼ブルのセットを頼みました。


かき揚げ丼セット

 サクサクのかき揚げに醤油ダレを少しづつ掛けながら、くずしてご飯と一緒に頬張ると(゚Д゚)ウマー  食べてる途中で大根おろしをつまむと口中がさっぱりします。


かき揚げ丼

 おそばも香りと腰もあり、とても美味しかったです。 ごちそうさまでした。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 尾張瀬戸駅



« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31