無料ブログはココログ

« 海外出張4日目 ~ウズベキ料理とグルジア料理~ | トップページ | 海外出張6日目 ~サマルカンドからタシュケントへ~ »

2011年10月29日 (土)

海外出張5日目 ~タシュケントからサマルカンド~

 今日はタシュケントから古のシルクロードの要衝であるサマルカンドへ移動です。

 移動には最近出来たばかりのウズベキスタンの高速鉄道に乗っていきます♪ これはスペインからの技術供与を受けて開通したアフラシャブ号と言って10日程前の10月8日に開通したばかりで、最高速度250kmを誇り、タシュケントとサマルカンドを2時間半で結びます。 7時台の列車に乗るべく早朝タシュケント駅に行きました。

タシュケント駅


タシュケント駅

 高速列車は在来列車と同じ線路を走るみたいですが、乗車する場所はアフロシヤブ専用みたいです。 厳重で適当な手荷物検査を受けてから乗車しました。


アフラシャブ号(Afrosiyab)

 社内はエコノミー、ビジネス、ラグジュアリーと三種類に分かれており、今回はビジネスクラスに乗車しました。

アフロシヤブ号内部

 社内は割と快適で社内食も出ました。 パイ生地みたいなパンが2種類と紅茶です。


社内の朝食

 走るにつれて社内がどんどん寒くなります。 どうやら暖房設備が呼称したみたいで、社内乗務員が暖房が効いているエコノミークラスへの移動を勧めてくれたので、サマルカンド到着までそちらへ移動して過ごしました。

 2時間半でサマルカンドへ無事到着。 駅のプラットフォームで記念撮影し、客室乗務員のお姉さんもカメラに収めました♪


サマルカンド駅プラットフォーム

列車と乗務員の女性


サマルカンド駅

 駅からまずお客さんを訪問して商談。 午後ホテルに入り遅めの昼食をホテル内で済ませました。


ホテル・グランド・サマルカンド

 昼食はパン、サラダ各種、ヌードルのスープにウェイトレスがお勧めしてくれた仔羊のフォイル蒸しにしました。

お昼ご飯


仔羊のフォイル蒸しアップ

 夕方は、午前中会ったお客さんの一人を招いて夕食です。 サマルカンド随一だというレストランに行きました。

 怪しげなお店の造りで、お店の入口横にはシャシリク(串焼き)のお肉がたくさんショーケースに並んでいました。


Restuarnt Karim Bek

 本日招待したお客さんは以前、日本に住んでいたことがあり、政府の外郭団体でも8年働いていたので日本語がべらべらです。 今回日本から派遣されて来ている政府系の援助スタッフ2名とその知り合いの方も連れてこられて賑やかな食事会となりました。

 本日はワインな気分でしたので、Bagizaganと言うサマルカンドの地場ワインを頂きました。  料理はフランス風サラダ、ロシア風サラダ、ミモザサラダの3種と、メインにウズベキスタンのうどんであるラグマン、そしてシャシリクの盛り合わせ。

パン盛り合わせとサマルカンド・ノン

サマルカンドの赤ワインとサラダ3種類


ラグマン


シャシリクの盛り合わせ

 サマルカンドのノンは、焼きたてでとっても美味しくて思わず日本へ持って帰りたくなるほどでした。 ラグマンは腰がないうどんみたいですが、これはこれで美味しいです。 シャシリクもグッド。

 電源事情の悪いサマルカンドでは停電が日常茶飯事。 この日もいきなり真っ暗になり、予期せぬキャンドルディナーとなりましたがムードがあって良かったです。


予期せぬキャンドルディナー

 日本の方達ともいろいろ話しが弾んで今日は楽しい夕食でした。 この後ホテルに戻り明日に備えて休みました。

« 海外出張4日目 ~ウズベキ料理とグルジア料理~ | トップページ | 海外出張6日目 ~サマルカンドからタシュケントへ~ »

ウズベキスタン」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

列車の旅」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

タシケント駅がすごい〜ゴージャスって言うか、きれいですね。
列車も近代的? 驚き以外の何ものもないってこれですね。
女性乗務員も通路を塞ぐほどのオバサンでしたよ。
サマルカンドに期待したのに普通ですね。綿花オイルの焼きそば
が忘れられません。正直3口食べたら飽きます。(笑)
ラグマンはひと冬に1度は作ります。

タシュケントの駅は、恐らく高速列車の開通に合わせて改装か新築したんだと思います。 サマルカンドは過去に行かれた事がおありなんですか。 綿花オイルの焼きそばってのにとっても興味があります…eye

はじめまして!
11月にウズベキスタンに旅行に行くので、アフラシャブ号の情報を探していて辿り着きました。
席のグレードが3種類あるというのも初めて知りました。ここは思い切ってラグジュアリーに挑戦したいところです。高そうですが…。
ちなみに、ガイドブックでは駅などは撮影が厳しいと書かれているのですが、案外こっそりできてしまう感じ or ホームならオッケーとかなのでしょうか?

サマルカンドのKarim Bekのご飯、かなり美味しそうですね!
ウズベキスタンは食べ物に案外困る(店が少なかったり)という話もチラホラ聞くので、実際にお店の雰囲気が分かる感じで写真が載ってるとありがたいです。

しかし、この時期は寒そうですね…。

それでは、

しゃどりんさん、初めまして!

駅構内は場所によっては警官(警備員?)が立っているので写真を撮っているのが見つかると咎められる可能性は高いと思います。 一方ホームでは比較的自由に撮ることができるみたいで、現地の方と思われる人々も列車前で記念撮影していました。

ウズベキスタンは、小さな現地人向けのお店はたくさんあるので、基本的に食事の場所に困る事は無いですが、外国人向けのメニューや食事の内容になっていないので一般旅行客にはハードルが高いかも知れません。  カリムベックは複数のウズベキ人がサマルカンドでお勧めだと言っていましたので、それ程外れる事はないと思います。 ただし、生野菜系のサラダは野菜を洗う水が不浄かも知れないので、バックパッカー歴が長くて胃腸に自信がある人以外は避けるのが賢明かと…

それでは、11月のウズベキ旅行が良い物になりますように♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193417/53566611

この記事へのトラックバック一覧です: 海外出張5日目 ~タシュケントからサマルカンド~:

« 海外出張4日目 ~ウズベキ料理とグルジア料理~ | トップページ | 海外出張6日目 ~サマルカンドからタシュケントへ~ »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30