無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

タリーズコーヒーと末広うどん

 今日は定期診断でいつも行く病院に行ったら、知らない間にカフェが出来ていてちょっとびっくり…  血液検査が済んで、診察までに時間があるので朝ご飯を頂きました。


タリーズコーヒー


モーニングセットのホットサンド ハム&エッグ

 今日は診察の待ち時間がいつもより長かった。 お昼は病院近くの末広うどんで、ランチのかつ丼とかけそばのセットをいただきました。


かつ丼とかけそばのセット

 ここの麺類はどれも外れなく美味しいので気に入ってます♪

2011年11月23日 (水)

ベトコンラーメン@新京 小牧店

 今日は仕事で春日井に来たので、お昼に新京でベトコンラーメンを食べました。


新京 小牧店

 ベトコンラーメンとは、東海地方で食べられている、ニンニク、ニラ、モヤシなどがたくさん乗って、唐辛子が入った醤油ベースのピリ辛ラーメンで、ここ新京の一宮本店が発祥だと言われております。

 ベトコンの名前の由来は、ベトナム戦争のゲリラ兵の勇敢さにあやかるためとも、食べると体調が「ベスト・コンディション」になるため、それから派生したとも言われております。


ベトコンラーメン

 スープは醤油ベースでわりとあっさり、唐辛子の辛さが結構強く、麺はやや細めストレートで加水が低めのつるつるで腰のある割と好みの食感。 

 大量のモヤシ、ニラ、ニンニク、そして豚片の炒めたのが乗っていてやや単調な味ではありますが、変なくどさがなく美味しく完食致しました。

 食後にコンビニでジョージアの宇治抹茶入りのコーヒーを買って飲みましたがゲロまずでした。


ジョージア 宇治抹茶入りコーヒー

関連ランキング:ラーメン | 小牧口駅間内駅



2011年11月20日 (日)

柳家で深山料理

 今回もいつも幹事をして頂いているPIYOさん夫妻のお誘いで、顔なじみ7名で瑞浪の柳家さんへお邪魔しました。

 今回はお店から送迎バスが来てくれたので、瑞浪駅でバスに乗りました。 途中で本日別の宴会に参加される大人数のおばさま方が乗ってこられ、お店に到着するまえの間観光バス状態でした。


柳家

 本日は他の大きめの宴会がある為、いつも通されるのとは違う屋屋小さめの囲炉裏部屋へ通されました。


囲炉裏部屋

 着席するとすぐに野鳥が囲炉裏にセットされ、いつもの口取りである”へぼ”が出されました。

店内の風景と囲炉裏で焼かれる野鳥

 今回のヘボは、いつも出される地蜂(クロスズメバチ)に加えて、大スズメバチ、それも成長の度合いが違うものが4種類並んでちょっとグロテスク。


大スズメバチ(左)と地蜂(右)のヘボ

 そしてここで三代目と本日のジビエが登場です。 狩猟解禁時期の本日は全て冷凍ではない生肉がそろったそうです♪


本日のジビエ♪

 今日は先日までの出張疲れのせいか、今一つ体調がすぐれなかったので、お店に来るまではお酒を飲むのはやめようと思っておりました。

 でもまず乾杯の泡を少し飲んだらなんだか体調が良くなったので、急遽本日は飲むことにしました。

ARTEMASI BRUT 2006

 ヘボに続いて、今囲炉裏で焼いている野鳥の内臓を醤油で浅漬けした珍味がでました。 臭みなどなく、滋養あふれる一品です。


野鳥の内臓醤油漬け

 そうこうしているうちに、三代目がこぐまのロース肉を日にかざします。 ヒマラヤ岩塩が振られた生大根を頂きながら、スプマンテの次に頼んだトスカーナの赤ワインを飲みます。


こぐまのロース


口直しの生大根


Tenuta CAPARZO Brunello di Montalcino 2006

 こぐまのロースを頂きましたが、形容しがたい野性味あふれる赤身そして脂身の旨味を感じられます。 臭みなど微塵もありません。


こぐまのロース

 つづいては、こぐまのリブ回りのバラ肉です。 メタボ嗜好の僕が大好きな脂がいっぱいです♪  脂身好きの僕はロースよりこちらの方が好みです。


こぐまのリブ


こぐまのリブ肉

 こぐまに続いてイノシシの子供であるうり坊のロース肉です。 ワインも変わってイタリアはアブルッツォの赤です。


うり坊のロース


GRAN SASSO Montepulciano d’Abruzzo Colline Teramane 2006


うり坊のロース


脂を少々焦がします

 うり坊のロースは、粒マスタードが添えられて供されます。 残念な事に一口食べたんですが、風味が僕の口に全く合わなかったので他の方に食べて頂きました。  (体質的なものなんでしょうか、体が受け付けない感じでした。)


うり坊のロース

 それから、最後にこじかのロース肉を焼き、その傍らでクリオネに似た形の容器に入った日本酒に燗が付けられます。


こじかのロースと日本酒


こじかのロース

 こじかのロースはこぐまと比べるとあっさりしていますが、獣味あふれるいつもの美味さ♪  トスカーナの赤と一緒に食べました。


Lucente 2008 Tenuta Luce della Vite

 ジビエを楽しんだ後は、大鍋で自家製味噌を使用したくま鍋が登場です。 野菜もたくさん入っています。


大鍋で煮るくま鍋


くま鍋のアップ

 〆のご飯は自然薯のとろろ麦ご飯。 お出汁が効いた美味しいとろろは、つるつると何杯でもいけます♪


自然薯のとろろ飯

 最後にデザートのミカンを頂いて本日のコースは終了しました。


デザートのみかん

 この後、来た時に乗ったバスに再び揺られて瑞浪の駅で解散となりました。 (因みに僕は酔い覚ましのためにPIYOさんたちに多治見の銭湯へ送ってもらいました。)

 幹事のPIYOさん、本日もお誘い有り難うございました。 それからご一緒した他の皆さん、楽しい時間を有り難うございました。 また次回を楽しみにしております。

 また今回ご一緒したりぃがさんが、本日の食事をブログで書かれていますので、是非ご覧下さい。

関連ランキング:郷土料理 | 瑞浪市その他


2011年11月19日 (土)

中華そばとカツ丼@新海

 今日は息子と二人でお昼ご飯を食べる事になり、前から気になっていたちょっと怪しげなお店に行きました。

 白地の暖簾に”新海”としか書いてないうどん屋さんです。 入って見ると老夫婦が二人で切り盛りされてます。


新海

 うどん、そば、中華そば、かつ丼などがあるのでチャーシュー麺を2つと、かつ丼を1つとって分けることに。


チャーシュー麺


かつ丼

 中華そばは、和のだしが香る昔ながらの中華そばって感じですがインパクトは薄いかな。 かつ丼はかつが揚げ置きしてあったみたいで、お肉が冷たくて衣から油くさい臭いがほんの少ししました。

 息子の口には合わなかったようで、後でヨメに「お昼は変なお店に連れていかれた…」と告げ口してた様です。 もう二度は行きたくないそうです。

 僕は次回怖い物見たさでもう一回行って、うどん系でも頼もうかな…

関連ランキング:そば(蕎麦) | 瀬戸市役所前駅尾張瀬戸駅瀬戸市駅



2011年11月15日 (火)

上カツ丼セット@わだ泉

 最近なぜか無性にカツ丼が食べたくなるので、守山区のわだ泉へ行って上カツ丼のセットを頂きました。


上カツ丼セット

 僕には少々甘めですが、肉厚のかりっと揚がったカツが乗った美味しいカツ丼でした。 手打ちのうどんも美味しかったです。 ごちそうさまでした。

関連ランキング:うどん | 大森・金城学院前駅印場駅



2011年11月12日 (土)

カレー@サンライン

 昨日で仕事が終わったので、本日は名古屋に帰るのですが、その前に一軒行きたいお店が。 四半世紀以上前、僕が学生の頃に名古屋にあったサンラインというカレーのお店が大分前に東京へ移転したので、久しぶりに行ってみました。

 このお店はちょっと変わっていて、メニューはビーフカレー一本で、そのビーフカレーも煮こんだ材料を全て裏ごしするのでカレースープみたいにサラサラです。 そして折角入っている香辛料で温められた体が冷えるといけないとの理由で、お水(お冷や)は一切出さない事になっています。
サンライン

 入ると調理場にいるのはオーナーのお嬢さんらしい人です。 メニューもビーフカレー@1,500円しかないので、「ビーフカレーでよろしいですね?」と聞かれて頷くのみ。

 待つ事しばしでビーフカレーが登場。 当時と変わらぬサラサラのカレーにやや茶色がかった胚芽米のご飯です。


英国風ビーフカレー

 一口食べてみると当時の記憶がよみがえります。 さらっとした中にコクのある美味しいカレー。 僕にはピリ辛ですが、普通の人には結構辛いはず。

 当時名古屋のこのお店に通っていた頃は、店主に「あんたインドやスリランカの人みたいに食べるねぇ。 あっちの人はカレー噛まないんだよね。」と言われた覚えがあります。 はい、カレーは飲み物です。

 カレー完食のご褒美(?)として、食後に抹茶のアイスクリームが水代わりに供されるスタイルも昔と変わらず。


食後のアイス

 最後にとても美味しかったと、お嬢さんに伝えるとにこやかに微笑んで店先まで送り出してくれました。 そしてその後品川から12時過ぎののぞみに乗って名古屋へ向かいました。


東京発ののぞみ

 ようやくこれで三週間弱の国内外の出張が終わりました。 今回は結構疲れました。

2011年11月11日 (金)

国内出張最終日 ~ロボット展でトランスフォーマー~

 今朝はホテル内の和食レストランで、トビアス君が卵かけご飯をえらく気に入り、写真を撮ってくれと頼まれたので撮影した朝食です。


和朝食

 朝食後チェックアウトしたトビアス君を品川駅まで送り、成田エクスプレスに乗せてから展示会へ。

 展示会の方も本日最終日で、今回の目玉として慶応大学が中心として開発された8輪駆動の電気自動車エリーカが展示されています。


エリーカ (Eliica)

いろいろな角度からのエリーカ

 このエリーカはそれぞれのタイヤに車輪を動かす80馬力のモーターが独立して付いていて、80馬力x8輪=640馬力もあり、その最高速度は370km/hです。 

 そのすさまじい加速力は、ガソリンエンジン搭載車として最高峰のポルシェ911ターボを0から160kmの加速で軽々と2秒差をつけます。


エリーカ対ポルシェ911ターボ 0-160加速比較


エリーカのタイヤに内蔵されるモーター

 このタイヤに電気モーターを内蔵する原形は以前見学したドイツのポルシェ博物館に展示してあった車輪内蔵型の電気モーターで、100年も前に完成していたんです。

 なお今回、僕も展示会場でも運良く実際に搬出される様子をビデオに収める事が出来ました♪

 そんなこんなで、お昼になったので本日はビッグサイト館内にあるラーメン店でお昼を食べました。


らぁめん大景


焼売


チャーシューメン

 展示会場内のお店なんで、味はどうか心配でしたがそれ程悪くはなかったです。

 昼食後は同じビッグサイト内で行われていた2011国際ロボット展を見学。 トランスフォーマーの巨大フィギュアや各種ロボットを楽しみました。

トランスフォーマーのフィギュアやその他の展示物

 また会場内のイベントとして、二足歩行ロボットを自転車に乗せてジャイロなどを使用せずにロボット自身がバランスを取って乗りこなすデモもやっていました。


自転車に乗って走行する二足歩行ロボット

 そうして、展示会は無事終了し撤収致しました。 夜は薄ら寒い雨模様で体調もすぐれなかったので、ホテル下のスーパーでサラダ、蒲焼き、パック寿司などを買い求めて部屋で一人宴会しました。


夕食

 風呂上がりのつかれた体に辛口の日本酒が心地良く、良い気分になって早めに就寝しました。

2011年11月10日 (木)

国内出張2日目 ~神田まつやと魚金バル~

 本日は展示会2日目。 ニッサンの電気自動車リーフのレーシング仕様が展示されてました。


NISSAN LEAF NISMO

 トビアス君が明日ドイツに帰国する前に家族に土産を買いたいと言う事で、アキハバラへ買い物に連れて行きました。


トビアス@アキハバラ

 買い物の後は、お昼ご飯です。 オーセンティックな日本のヌードルを食べさせてやるとアキハバラから歩いて神田まつやへ行きました。


神田まつや


店内

 僕は天もり、トビアスは冷たい蕎麦が不得意みたいで鶏南蛮を食べる。 そばは蕎麦の香りがあまりしないが、食感や味は好み。 天ぷらもサクッと揚がって(゚д゚)ウマー。


天もりの冗談にはえび天2本


天もりの下段にはそば


鶏南蛮

 昼食後展示会へ戻り、夕方まで仕事をして夜はトビアスは後輩に任せて、僕はプライベートで東京在住の知り合いOさんと新橋で待ち合わせして夕食。

 場所は前々から行きたくても予約無しで入れなかったウオキンのイタリアン・バル


お店の入口


店内

 取り合えずスプマンテで乾杯して、当店一番人気の鶏とレバーのテリーヌ、タコの吸盤ガーリックマリネ、生がきなどを注文。


スプマンテ


パン


タコの吸盤ガーリックマリネ


鶏とレバーのテリーヌ



生がきのジュレがけ

 生がきは身が細いので、それ程でしたがタコのマリネは美味しいし、テリーヌは臭みもまったくなくてとっても(゚Д゚)ウマー

 この後赤ワインを1本とお肉系のつまみを注文。 


CHATEAU Les Graves 2007


牛肩バラ肉の赤ワイン煮込み


牛カツレツ

 牛肩バラ肉の煮込みは味付けがやや濃厚だけど、肉のうま味を閉じ込めて煮込まれていて美味しい。 牛カツレツも衣がサクッと、中身は完璧レアーで美味。  〆に注文したのはズワイガニ入りピラフ。


ズワイガニ入りピラフ

 はバター風味がするパラッと仕上がったいい感じのピラフだけど、ちょっと塩辛ったのが残念。  

 デザート系にあまりよさげなのが見当たらないのと、入店からきっちり2時間でお店からせき立てられる感じなので早々に退店。 

 デザートを食べるべく食べログで探して見つけた銀座のウエストでお茶しました。

銀座ウエストのケーキ

 この後Oさんと地下鉄の駅で分かれた後、山手線でホテルに戻り明日に備えて休みました。

2011年11月 9日 (水)

海外出張16日目/国内出張1日目 ~成田着そして東京でお仕事~

  3席を使って横になれたおかげで5時間程熟睡した所で、朝食の時間に。 料理はスクランブルエッグ。 
 

機内朝食


成田空港

 東京についてからホテルへ一旦行き、荷物を置いて風呂に入ってからビッグサイトへ。 展示会のために前日から来日しているドイツのトビアス君の企業アピール発表に同席。


発表会場

 夕方展示会が終わってから、ビッグサイト近くにある中村孝明の店で食事。  


孝明 ARIAKE


<先 付>鰤・鮪の造り、鰆棒寿司


<温 物>人参と鱶鰭の茶碗蒸し


口取り
           

天ぷら盛り合わせ、和牛香味焼き


じゃこ飯、味噌汁


<デザート>

 食べログで評価が分かれるお店ですが、このコースで3000円台。 接客に少々難はあるものの雰囲気も悪く無いしお料理もなかなか美味しいです。

 この後一旦ホテルに戻り休憩して、夜の10時過ぎに日本食好きのトビアス君と一緒に東高円寺のとんこつラーメン店へ。


トビアス@ばりこて

 彼はドイツでラーメンを含めて日本食を良く食べていますが、本格的なとんこつラーメンを食べるのは初めてでした。 感想は(゚Д゚)ウマー!でした。 ドイツ人ならみんな好む味だとの事。 将来会社を首になったら二人でドイツでとんこつラーメン屋をやろうと誓って、ホテルに戻り休みました。

2011年11月 8日 (火)

海外出張15日目 ~ウィーンからイスタンブール経由で成田へ~

 本日はいよいよ帰国の途につきます。 朝10時前にウィーンのホテルをチェックアウトしてウィーンの空港へ。 

 ラウンジで少々休憩してから1時50分のオーストリア航空便にてイスタンブールへ向かいます。 


ウィーン空港のラウンジ


機内から見えるウィーン空港


空港ビル


遠くなるウィーンの街並み

 機内食はチキン入りシュペッツレとチョコレートムース。 イスタンブールは午後6時25分発のトルコ航空便にて最終目的地の東京へ。 


機内食


近づくイスタンブールの街並み


翼下のイスタンブール


イスタンブール国際空港


東京行きトルコ航空便

 機内食は夕食がナスのひき肉詰め、ピラフ、バニラパンナコッタが出ました。 寝酒代わりに赤ワインも頂きました。


Adet Seward Vin de Pays d'Oc Longchamps


機内食

 今回エコノミークラスは8割方埋まっていましたが、僕の隣2席だけは奇跡的に誰も来なかったので3席使って食後に横になって爆睡出来ました。 (つづく)

2011年11月 7日 (月)

海外出張14日目 ~ロストフからウィーンへ~

 本日午前中はノボォシャフチンスクにある客先で商談し、お昼もそこの会社の社員食堂で頂きました。 

 野菜のスープに、どうみてもハンバーグ、食べてもハンバーグだけど食堂のオバチャンが"コートレッタ"と呼んでたやつにポレンタみたいな料理。  

 どうもようやく下痢が治ってきたと思ったら風邪を拾ったみたいで鼻水が止まらない。


客先での昼食

食後に車でロストフ空港に移動して、午後4時25分のオーストリア航空便でウィーンへ。 


ロストフ空港 >

ウィーン行きのオーストリア航空便

 2時間40分の飛行時間だけど、時差が2時間あるのでウィーンには午後4時40分頃到着。  


ウィーン国際空港

 空港からバスでホテルがある西駅に来たけど、体がしんどいのでホテルへ行く前に駅前のカフェレストランで食事。 赤ワインのグラスとターフェルシュピッツを食べました。 


ウィーン空港バス


ウィーン市内の様子


西駅前のカフェレストラン WESTEND


店内


パンとかお菓子


ミネラルウォーターと赤ワイン


ターフェルシュピッツ


ホースラディッシュとリンゴのソース

 ターフェルシュピッツは、やはりプラフッタのそれとは比べものにならないので、ちょっとがっかり。

 食後に甘い物と薄めのコーイーが欲しかったので、ザッハートルテとアメリカンコーヒーを頂きました。


ザッハートルテとカフェ・アメリカーノ


ザッハートルテのアップ

 疲れた体を引きずってホテルに戻り、適当にシャワーを浴びて、午後9時頃に就寝しました。 (-_-)zzz

2011年11月 6日 (日)

海外出張13日目 ~ウィーンからロストフへ~

 本日はウィーンからロシアへ移動です。 朝ホテルを7時前にチェックアウトして、地下鉄とCAT(空港列車)を乗り継いで空港へ向へ。

 空港ではチューリッヒから飛んできたいつものドイツ人シャチョーさんと合流して南部ロシアの都市ロストフ(・ナ・ダヌ)へ向かいました。  


ホテル


ウィーン西駅 (Wien Westbahnhof)


地下鉄 (U-Bahn)


地下鉄車内


CAT (City Aiprot Train)車内

 飛行機は昨日イスタンブールから飛んだのと同じオーストリア航空だけど、実際のオペレーションはチロル航空が行っているため、小さくて古い機材。 


ウィーン発ロストフ行きオーストリア航空便

 食事も見た目は昨日と同じにみえたが、オムレツは美味しくないし、デザートも単なるヨーグルトみたいな感じで今ひとつ。


機内食

 夕方ロストフ空港についたが迎えが来ていない。orz 

 今回の商談相手の担当イタリア人に電話すると、どうやら手配ミスみたいで、結局1時間後に本人が愛車で迎えに来てくれて、ホテルのあるシャフティまでドライブ。




大きな地図で見る ロストフ空港からシャフティ

 ホテルに着いたのが夕方の6時半で、それからすぐ商談相手のイタリア人とその同僚のドイツ人と食事に。 

 場所はステーキレストランみたいなオシャレな場所で、ビール、グリークサラダ、リブアイステーキを頂く。 ロシアにしては結構まともで美味しかった♪。 デザートはアイスクリーム。

レストラン "バルベコン" (BARBEKON)


店内


ビール


リブアイステーキ

付け合わせとパン


デザート

Барбекон (Barbekon)
г. Шахты, ул. Ленина, 117
Телефон: (8636) 22-05-71

2011年11月 5日 (土)

海外出張12日目 ~イスタンブールからウィーンへ~

 トルコでの業務は昨日で終了し、本日は夕方のフライトで移動です。 午前中時間があるので、取引先が市内プチ観光をアレンジしてくれて、朝9時にスタッフと一緒に出かけました。

 ホテルからまず向かったのは世界遺産のアヤソフィア

 ヴィザンツ帝国キリスト教大聖堂だった建物が、侵略したオスマン帝国がモスクに改造し、現在は博物館となっています。

最近改修工事が行われたとかで、以前訪問した時よりきれいになっている気がします。

アヤソフィア (Ayasofya)

 次に訪問したのは15世紀から19世紀の中頃までオスマン帝国歴代皇帝が住んでいたトプカプ宮殿。 中央アジアの遊牧民であったトルコ人の風俗に合わせたのか、ヨーロッパや日本の宮殿とは異なり、広大な緑の敷地にいくつかの建物が点在する造りです。 今回はハレムも見学しました。

トプカプ宮殿 (Topkapı Sarayı)

 トプカプ宮殿から徒歩でブルーモスク(スルタンアフメト・モスク)へ移動しましたが、残念ながら礼拝の時間中で中を見学することは叶わず、外観だけ撮影しました。


スルタンアフメト・モスク(Sultanahmet Camii)

 モスクを出た辺りでお腹も空いてきたのでお昼を食べる事に。 通り沿いにオスマン帝国時代の料理を出すお店に入りました。


Baran Restaurant Ottoman Kitchen

 料理はすでに出来上がった物を見ながら注文するカフェテリア方式です。 今回はナスの上に挽肉が乗ったカルヌヤルク、ピーマンの肉詰めベビルドルマ、ピラウを頼みました。


オスマン帝国の料理


豆のスープ


カルヌヤルク、ベビルドルマ、サーデピラウ

 食後はまた徒歩で近くにあるカパルチャルシュと呼ばれるグランドバザールを散策し、日本へのお土産と自分用のニットのプルオーバーを一着購入。

カパルチャルシュ(Kapali Çarşı )

 グランド・バザールから徒歩で、ゴールデンホーン(金角湾)にかかる橋を渡ってホテルへ戻る事に。 橋の上ではたくさんの人が釣りをしていました。 

 今日は本当に良い天気で気温も23℃もあり冬着だと暑いくらい。  橋を渡ったカラキョイからケーブルカーに乗ってホテルに帰り、チェックアウトして空港へ。  オーストリア航空の便でウィーンへ向かいました。

ゴールデンホーンにかかる橋と新市街


橋の上の釣り人達


釣った魚


イスタンブール発ウィーン行オーストリア航空便

 夜はウィーンの日本食でもと思ったが、機内で出されたペンネが美味しそうなので、ついつい食べてしまった。 ペンネは結構いける。 自家製と書かれたデザートのやわらかプリンみたいなやつが(゚д゚)ウマー


機内食


ウィーン空港

 空港からバスに乗りホテルへ着きましたが、すっかり疲れ果てて日本食を食べに出かける気力がないので、ホテル内のレストランでビールとウィーン風仔牛のカツレツ、ヴィーナー・シュニッツェルを頂く。  


ホテルのレストラン


トリビー


ヴィーナー・シュニッツェル


付け合わせ

 ヴィーナー・シュニッツェルはなかなか美味しかったです♪  腹パンになったのでそのまま部屋に戻り、シャワーを浴びて9時前に寝ました。(-_-)zzz

2011年11月 4日 (金)

海外出張11日目 ~キョフテ屋とケバブ屋~

 今日は取引先の事務所で午前中打ち合わせして、お昼は近くのキョフテジ (Köfteci)と言うお店でランチ。


キョフテジ (Köfteci)

 キョフテジとは、キョフテ (Köfte)と呼ばれる挽肉を固めて焼いた料理を専門に食べさせるお店です。 フセイン君がサラダとチーズ入り、チーズなしのキョフテを注文してくれました。


サラダ


チーズ入りとチーズなしのキョフテ、プロウ

 デザートはカダイフに甘いシロップをかけたものです。 やっぱりこのままだと甘過ぎる…


カダイフ

 午後はお客を2軒訪問し、夕食はイスタンブール最後の夜って事で、お腹の調子はまだ良くないけどケバブ屋へフセイン君と行く事に。  

 連れて行かれたのは、結構高級感のあるケバブ・レストランで最初に出てくるラヴァシュと言う中が空洞になっている薄焼きパンにバターと白チーズを塗って食べると(゚д゚)ウマー なんぼでも食べられるわ。  お肉なのでトルコのアンゴラという赤ワインをグラスで頂く。


Develi Samatya


店内


メゼの数々


サラダ


ラヴァシュ・エキメイパン (Lavaş Ekmeği)


白チーズとバター

 その後出て来たのがチー・キョフテ、イチリ・キョフテ、ミニサイズのラフマジュン。 

 イチリ・キョフテは、ブルグルという挽き割り麦で出tきた衣の中にひき肉が入ってる日本のミンチカツみたいなもの。 

 チー・キョフテは生のラムひき肉にブルグル、スパイスなどを入れて小1時間程手でコネコネしたやつ。 生肉は抵抗があったけど、食べて見ると意外と美味しい。


チーキョフテ(Çiğ köfte)


イチリ・キョフテ (İçli köfte)


イチリ・キョフテの断面


ラフマジュン

 そしてメインはケバブの盛り合わせ。 当店オリジナルらしい、ラムひき肉にピスタチオを入れたケバブ、ピリ辛のラムひき肉のアダナ・ケバブ、鶏肉のタヴック、そして大きいナスとラムひき肉を串刺しに刺して焼いたナスのケバブ。
 

ケバブの盛り合わせ

 ナスのケバブは、ナイフフォークで外皮を取り除き、ユフカという薄い餃子の皮みたいなパンに乗せて、ラムひき肉のケバブと一緒に巻いて食べる。 素朴であっさりしていて美味しい♪
 

ナスとケバブをユフカに巻いて食べます

 デザートはフルーツの盛り合わせと、当店の名物、”にんじん型”と呼ばれている大型のバクラワ "Havuç Dilimi Baklava"を頂きました。。  


デザートのフルーツ


ハヴチ・ディミリ・バクラワ (Havuç Dilimi Baklava)

 その後でトルココーヒーを頂きました。  今日は一日キョフテやケバブを食べて本当に腹パンだ~(´・ω・`)


トルコ・コーヒー (Türk kahvesi)

Develi Samatya
Gümüşyüzük Sk. No:7 Samatya / İstanbul
Tel: 0212 529 08 33 - 34

2011年11月 3日 (木)

海外出張10日目 ~ラフマジュンとシーフード~

 本日のイスタンブールは朝から小雨でコートがいる肌寒い天気。 午前中はトルコの取引先事務所で打ち合わせし、お昼は買い出しに言ってもらったトルコの薄焼きピザ、ラフマジュンとヨーグルトドリンクのアイラン。  

 ラフマジュンは薄焼きパリパリ感じがいいのだが、テイクアウトするとフニャフニャになって今ひとつ。 残念。


ラフマンジュンとアイラン

 午後はお客さんを訪問し、一旦ホテルに戻ってから取引先の社長の息子と夕食。  お腹がウズベキでもらった下痢で今ひとつ本調子じゃないので、ケバブを誘われたけど、今日もホテル近くのレストランで魚料理にした。 飲み物もラクにしました。


Ya-Re Restaurant


店内

 メゼ(前菜)は店員が持ってきた小皿から野菜系を何品か、そしてメインは社長の息子が適当に頼んだが、定番なのか昨日と同じ小エビのバター焼きとイカリングが出た。


数々のメゼ

 ラクはトルコで非常に良く飲まれている、アニス(茴香)風味のワインから作られる蒸留酒です。 そのままストレートや、水割りで飲みます。 ラクは水を加えると、水に溶けない成分が濁りとなり白濁します。


ラク


水を加えて白濁したラク


サーブされたメゼ


エビのバター焼き


カラマリ(イカリングフライ)

 その後社長の息子のフセイン君が、メインに”ハムシ” (Hamsi)と言う小魚をコーンパウダーを衣にして揚げたフライを注文。 

 脂が乗っていて美味しいけど青魚特有の臭みが僕にはちょっと強いので、前菜のサルサみたいなやつを乗せて食べたら臭みが消えて良かった。


ハムシのフライ

 後でハムシを調べたら、アンチョビ(ヨーロッパ・カタクチイワシ)だと分かりました。

 デザートはフルーツ盛り合わせに、トルコのデザートヘルヴァ(Helva)に挑戦。 ピーナッツバターを3倍ぐらい甘くしたみたいなタヒニ(ゴマペースト)の上にナッツやらが乗ってるけど、甘すぎて一口でギブしました。 


フルーツ盛り合わせ


ヘルヴァ

 この後フセイン君と一緒にほてるに戻り、そのまま部屋で休みました。

ya-&re Restaurant
ASMALI MESCİT MAHALLESİ NO. 21/A BEYOĞLU
İSTANBUL TEL:0212 245 45 78.

2011年11月 2日 (水)

海外出張9日目 ~タシュケントからイスタンブールへ~

 昨日でウズベキスタンの仕事を終えたので本日は朝4時に起床して、朝6時50分発のトルコ航空でイスタンブールへ向かいます。

イスタンブール行きトルコ航空便

 機内食は、ハムサンドイッチとトルコのチーズパイであるボレック(Börek)が出ました。


機内食

 イスタンブールには予定より30分遅れの10時20分頃到着。 トルコは今月より冬時間なので、タシュケントとは3時間の時差。 空港にウズベキスタンの代理店であるトルコ人シャチョーさんが出迎えに来てくれていて、車でホテルへ行き打ち合わせしながらランチ。 焼き野菜のスープにスパゲティカルボナーラ。


焼き野菜のスープ


スパゲティ・カルボナーラ

 打ち合わせ後夕方まで部屋で休憩して、夜はシャチョーさんと食事。 空港近くまで車を走らせて、評判のシーフードレストランへ。  メインの魚は目で見て選べるので、今が旬だというリュフェール(Lüfer)をチョイス。


YÜKSEL BALIK (ユクセル・バルック)


お店入口


テラス席


本日のお魚たち


今が旬のリュフェール

 シーフードだからとトルコ産白ワインのチャンカヤ(Çankaya)と言うすっきりした辛口の白ワインを頂きながら、イカリングフライや小エビのバター煮みたいなのを前菜として頂く。 イカリングは新鮮で柔らか、小エビも焦げたバターの風味が抜群で(゚д゚)ウマー


チャンカヤ


パン


パン


サラダ


イカリングフライと小えびのバター焼き

メインのリュフェールは、調べたら英名でブルーフィッシュで、日本近海にはいないけど和名はアミキリと言うらしい。  鋭い歯を持っているところから付けられた名前かな。  味は鰺っぽい風味で、脂が載ってとても美味しかった♪


リュフェールの塩焼き

 腹パンなので食後のデザートはお断りしたけど、ここのお勧めデザートがあるから半分ずつ食べようと言われて食べたのがエクメク・カダイフと言うシロップ漬けのケーキ。 
 これが歯が痛くなるぐらい甘いんだけど、一緒についてくるカイマック(Kaymak)と言うコクのあるこってりしたクリームと食べると甘さが抑えられて(゚д゚)ウマー どんだけでも食べられるわこれ!


エクメク・カダイフ

 食事が終わったのが午後10時すぎ、タシュケント時間で深夜1時すぎ。 ホテルへ帰ってはだけ磨いて爆睡しました。

2011年11月 1日 (火)

海外出張8日目 ~タシュケント郊外のバニャ~

 今日はウズベキスタンの取引先社長さんとお昼過ぎまで仕事をして、午後は社長さんの秘密の隠れ家に連れて行ってもらいました。

 その隠れ家は、タシュケント市内から車で小一時間の辺鄙な場所にある一軒家で、中はロシア式のバニャでした。 バニャとは日本で一般的なフィンランドのサウナより低めのスチームバスで、シャワーやプール施設の他にマッサージや持ち込んだ食事を食べられるダイニングスペースもある、ミニ健康ランドです。

 今日は社長さんの学生時代の竹馬の友さんも来て、彼が経営するレストランの料理をいろいろ持って来てくれました。


サラダなどの前菜


その他前菜


ナスの前菜


馬肉と牛肉のハムなど

 まず軽くサウナを浴びてから、これら料理をつまみウォッカでロシア式の乾杯です。 ロシア式の飲み方ですからウォッカグラスに注がれたウォッカを一気飲みです。

 僕が以前ロシアのセルゲイ君が教えてくれた飲み方を披露したら、社長さんも友人も(゚Д゚)オォって感じで、ロシア風の本当の飲み方だと褒めてくれました。てへぺろ(・ω<)

 ウォッカは一回飲んだら終わりではなく、その内ウズベキ式なのか、一人が何かスピーチをしてその後乾杯する方式になりました。 

 結構夕方遅くまで宴は続き、酔っ払って、腹パンになってこの日はこれで終了しました。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31