無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

海外出張29日目 ~焼きそばとシーフード~

 本日は展示会3日目です。 お昼ご飯は麺類が食べたくなったので、会場から歩いてすぐのバスコダガマというショッピングモールに行きました。 

 いろいろある飲食店が入っているフードコートでWok to Walkと言う変な名前のアジア料理店で食べることにしました。 


Wok to Walk バスコダガマ店

 このお店はオープンキッチンになっていて、まずベースになる素材をご飯、麺、野菜か選びそれに加えるトッピングも選択します。

 今回麺をベースにしてニンジン、ピーマン、マッシュルーム、ハム、エビなどをトッピングしました。 ポルトガル人のお兄ちゃんが目の前でそれらを中華鍋(Wok)で炒めて出してくれます。 麺は中華麺とはちょっと違うけど、全体として中華風炒麺ぽい味でなかなか美味しかったです。


Wok to Walkの焼きそば

 午後からは、ここのところ毎晩午前様で体がしんどいので、早めに帰してもらい夕方は一人でホテルの近くで何か食べる事に。 ホテルを10分程下った所にわりと良さそうなシーフードのお店があったので入りました。


Marisqueira do Lis


店内

 まず初めにポルトガルの微発泡性の白ワイン、ヴィーニョ・ヴェルデを飲みながら生ガキ、ムール貝を頂く事にしました。 


Muralhas de Monção vinho verde

 ワインと一緒にパンが出てきました。 ふとテーブルの上に目をやると、何やらパテが置いてあります。 食べてみるとカニ身やらカニミソが入ったパテで(゚Д゚)ウマー パンにつけてパクパク食べました!


カニ入りパテ

 生ガキは、身がうすくて期待していたほどの味ではありませんでしたが、ムール貝はすごく大ぶりで、以前アントワープで食べたムール貝より味が濃くて(゚д゚)ウマー


生がき (Ostras)


ムール貝 (Mexilhões à Espanhola)


厚くて味が濃くて(゚Д゚)ウマー

デザートは、メニューに"Pudim de Flan"って書いてあったから、多分カスタードプリンの事だろうなと思って注文したら、あたり! 甘さが控えめの手作り感あふれるお味でした。


プリンとエスプレッソ

 食事の後は、最近の疲れがたまっていたので、ホテルに戻ってそのまま就寝しました。


リスボンの市電

2012年3月30日 (金)

海外出張28日目 ~リスボンでファドを聴く~

 本日は展示会2日目。 展示会場内でイギリスの会社が出している機械が面白くていろいろ遊ばせてもらった。 スマートフォン、タブレット、デジカメなどの機器へ貼り付けるスキンを自動で簡単に作る機械。


Cadcam社の Graphixskins

 作り方は簡単。 操作パネルで予め登録してあるカテゴリから、スキンを作りたい機器を選んだ上で、登録したファイルや自分で入力した好きな模様を選択します。


操作パネルからスキンを貼る機器を選択

 市販の裏面に接着剤がついたプリント用紙に選んだ模様が印刷されるので、それをカッターに置いてスイッチを入れると、対象機器の形状通りにカットされるので、後はそれを剥がして貼るだけ。


自動プロッターカッター

 お昼は展示会場内のカフェに取引先のお兄ちゃんを誘って食べに行きました。 頼んだミックストーストは大きいので二人で半分ずつ食べました。


展示会場カフェ店内


ミックストースト

 夜はまた取引先主催の夕食会。 リスボン市内のアルファマと呼ばれる旧市街にあるファド通りでファドの夕べにご招待されました。 黄昏でなかなか雰囲気がある通りを歩いて一軒のお店に行きました。 


ファド通りの一角

ファド通りの様子  

 着いたのはSr. Fadoと言うレストランです。 ファドとはポルトガルのギターで伴奏される民族歌謡で、このお店はポルトガル料理を食べてファドが聞けるファドレストランです。


Sr. Fado


お店の外観

 取りあえずアペリティフの白ワインにチーズを頂きましたが、このチーズが(゚Д゚)ウマーで、一緒にいった他国のヨーロッパ人も絶賛!


ポルトガルのチーズ


食前酒のワイン

 メインはポルトガルの海鮮鍋であるカタプラーナ。 独特の形をした鍋でテーブルに出されます。 ワインは取引先社長さんがお勧めの赤を頂きましたが、これが芳醇で(゚Д゚)ウマー


Tapada do Barão Reserva 2006


カタプラーナ鍋

 鍋の中身はエビ、ムール貝、白身魚などが入っていて、わりとあっさりした風味で美味しいです。


カタプラーナ


付け合わせのご飯

 デザートにコーヒーを頂いて食事は終了。 そしていよいよファドの生演奏の始まりです。


アイスクリーム


コーヒー

 独特な12弦のポルトガルギターと、一般的なクラシックギターを2人が演奏します。 歌い手は街のファド愛好家たちが幾ばくかのお金をもらいボランティア的に参加するみたいで次々と店の外から交代で歌いにきました。ファドの 歌はどこかもの悲しい時も、明るいときもあります。 フォーク調のポルトガル演歌ってところです。


ポルトガルギターとギターの演奏


ファドの動画

 全部で5~6人の歌い手の歌を聴き終えたのが午前1時。 レストランからホテルへ帰る道を取引先の人が間違えたみたいで、結局1時間近くかかってホテルに付いたのが午前2時。 部屋に戻ってバタンキューしました。

2012年3月29日 (木)

海外出張27日目 ~パリからリスボンへ~

 本日はパリからリスボンへ移動です。 朝ホテルをチェックアウトしてタクシーでオルリー空港へ行き、ポルトガル航空でリスボンへ。  


リスボン行きTAP便


機内食


リスボン市街


リスボン空港


リスボン空港の日本人向け注意書き!

 空港からホテルへタクシーで移動1時頃に到着したがチェックインは2時からとの事で、どこかでお昼を食べて時間を潰す事に。  あてもなくホテル近くを歩いたら、食堂を見つけたので入ってみました。  


Restaurante Marisqueira OS AMIGOS


店先のショーケース


店内

 英語が全く通じないけど、身振り手振りで魚が食べたい事を伝えるとスープもいるかと聞かれ、スープももらう事にしました。


パン

 運ばれて来たのは、何か野菜が入っているオレンジ色がかったスープ。 後で調べると、ポルトガルで一般的なクレソンのスープでした。


クレソンのスープ

 頼んでいないのにインゲン豆の入ったリゾットみたいなご飯が来ました。 魚の付け合わせみたいです。


インゲン豆のご飯

 メインの魚はイワシのフライでした。 一人分とは思えない程てんこ盛りでびっくりしました!


イワシのフライ

 海に近いだけあって光り物が苦手な僕もこのイワシは美味しく頂けました。 ウェイトレスのおばさんにデザートは要るかみたいな事を聞かれましたが、腹パンなのでコーヒーをくれと頼みました。


カフェ

 結構いろいろ食べたので、15ユーロぐらいかと思ったら全部で8ユーロと破格でした。 さすがポルトガル。  食後ホテルに戻りチェックインしてから、地下鉄に乗って取引先が出展している展示会場へ行きました。


地下鉄


リスボン展示会場

 展示会が午後8時に終了後、取引先の招待で、リスボン市内にある1925年創業のブルワリー「ポルトガリア」にて参加者全員で食事となりました。 


Cervejaria Portugália


店内

ビールを何杯か飲みながらクロケット、タコのサラダを食べながらビールを飲み、取引先がお勧めしてくれたメインのロブスターが出来上がるのを待ちました。。  

クロケット


タコのサラダ


ビール


我々のテーブル


ロブスター


黒ビール


メインのロブスター

他の皆さんと雑談して楽しい時間を過ごしたけど、メインのロブスターがなかなか出てこなくて、食事が終了したのは午前12時。 すぐホテルに帰って爆睡しました。

2012年3月28日 (水)

海外出張26日目 ~La Vaudevilleでフレンチ~

 本日は展示会2日目。 本日は大手の企業や研究所のブースを散策。  お昼は展示会場前にあるイタリアンから持ち帰ったピザ3種類をブースで食べる。 


ドイツのフラウンホーファーのブース


ランチのピザ


エアバス親会社EADSのブースに展示してあるA350の機体外壁


A350期待外壁の内側

 夕方、今回トルコから展示会に来た友人がくれたトルコの赤ワインを、ブースで空けてみんなで飲んだがとても美味しいワインだった♪


2009 Kavaklidere Pendore Okuzgozu

展示会終了後、一旦ホテルに帰り夜は日本から来ているYさんと待ち合わせて証券取引場近くのブラッスリーで夕食。 


Le Vaudeville

前菜に生ガキをシェアし、Yさんはランプステーキ、僕は舌平目のグリルを注文しました。。  


生ガキ


ランプステーキ


舌平目のグリル

 全体的な雰囲気は良かったですが、お味は期待した程ではありませんでした。 なので、デザートはブラッスリーで食べずに、歩いてオペラ座前のカフェ・ド・ラ・ペへ行き夜の街を眺めながらモンブラン、クレムブリュレを食べました。


カフェ・ド・ラ・ペ


オレンジジュースとカフェオレ


クレムブリュレ


モンブラン

 その後Yさんと分かれて、メトロでホテルへ戻り就寝致しました。

2012年3月27日 (火)

海外出張25日目 ~展示会1日目~

 今回パリに来たもう一つの目的である展示会が、本日から開催です。 朝からドイツ人のシャチョーさんといろいろ見て回りました。


展示会

 本日のお昼は、展示会場でちらしを配っていた日本食レストランから出前を取る事に。 お店はどうやらなんちゃって日本食のようで、頼んだ焼きそばは中華醤油の味でげろまず。


焼きそば

 午後から再び場内をドイツ人社長とぶらぶらしているとオイスターバーを発見。 一緒に一杯飲もうと言われて生カキでシャンパーニュを頂く。  


オイスターバー


泡と生カキ

 その後小間に戻るとホフマン君がドイツから持ち込んだシュツッツガーター・ホフブロイのヴァイスビアが飲み頃だからと差し入れてくれた…  日本では異常だけど、ヨーロッパの展示会はどこのブースもみな昼間からワインやらビールを飲んでいるとってもオープンな雰囲気。


ヴァイスビア

 夕方ドイツ人社長はデュッセルの別の展示会へと向かってパリを離れたけど、部下のホフマン君に夕食会を指示していったとの事で、ドイツ人や日本人など5人で食事。 

 刺身、カキフライ、西京焼き、天ぷら盛り合わせなどつまみを頂くが皆満足。 最後はホフマンがご飯ものが良いとの事で天丼を注文、僕は鴨せいろ、他の人は鴨南蛮そばを食べた。 


刺身盛り合わせ


カキフライ


西京焼き


うなぎ寿司


天丼


鴨せいろ


デザート

 参加者の皆さん大変喜んだ満腹&満足のディナーでした。  この後メトロでホテルに戻り就寝いたしました。

2012年3月26日 (月)

海外出張24日目 ~北マレのオシャレなビストロ~

今日は、うちの会社のパリ事務所で朝から打ち合わせ。 お昼は事務所近くのレストランAu Petit Victor Hugoでフランス人の社長と食べました。

 前菜は,本日のお勧めのアスパラガス。  ヨーロッパは、白アスパラばっかり食べるのかと思ったけど、こうやって緑のやつも食べるのね。  お勧めだけあって、新鮮で美味しい♪ 



メインは仔牛レバーの照り焼き。 レバーも新鮮なので臭みなどなく、ほのかな甘みがあってとっても(゚д゚)ウマー


牛レバーの照り焼き

 夕方は、日本から来た旅とものOさんと二人で食事に。 北マレにある、元料理雑誌編集長がオープンしたGlouというビストロに行きました。

続きを読む "海外出張24日目 ~北マレのオシャレなビストロ~" »

2012年3月25日 (日)

海外出張23日目 ~体調不良でダウン~

 本日は日曜日なので、世界遺産のプロヴァンへ行くべく準備していたが、朝起きてみると体調が芳しくありません。 

 実は昨日から鼻が出るようになったので、花粉症かなとも思っていたのですが、体がだるいのでどうやら風邪のようです。

 大事を取って観光はやめにして部屋で休息することにしました。  9時頃まで寝ているとお腹が少し空いたので、リンゴと昨日の残りのマカロンを食べて朝食に。 そして再び1時頃まで寝たり起きたりを繰り返したら、再び小腹が空いたのでホテル前にあるサンドイッチの店でパニーニをお昼ご飯にしました。


パニーニ

 食後また部屋に戻り、寝たり起きたりを繰り返しましたが、外出する気力も残っていないので午後7時頃ホテル内のレストランで夕食を取る事にしました。  


ホテル内のレストラン


つきだしのサラミとパン

 注文したのはベーコン、クルトン、温泉玉子が入ったリヨン風サラダと、牛肉のビール煮込みのカルボナードにデザートはピスタチオ味のクレムブリュレです。


リヨン風サラダ


カルボナード


クレムブリュレ

 食後部屋に戻り8時頃就寝しましたが、夜中になんどか起きてまた寝るを繰り返しました。 (*_*)

2012年3月24日 (土)

海外出張22日目 ~パリでの土曜日~

 本日は土曜日で仕事が休みです。 朝、割と早めにホテルを出て地下鉄を乗り継いでポルト・ドゥ・ヴァンヴ (Porte de Vanves)駅まで行きました。

 目的はここヴァンヴで毎週土日に開催される蚤の市です。 駅から数分歩いたところに、生活雑貨やアンティークを中心にしたお店がたくさんでています。 


ヴァンヴの蚤の市

蚤の市のお店の商品たち

 小さい規模ながらも賑わっているこの蚤の市には、日本人観光客とおぼしきお客もちらほら。 1時間程あれこれ見て回りましたが、結局買ったのはブラウンの電動歯ブラシの替えブラシ。 日本で買うと2本入りで2千円するけど、4+1=5本入りで10ユーロなので、2箱買いました。(笑)

 蚤の市を楽しんだ後は、再び地下鉄に乗ってリュー・デュ・バック (Rue du Bac)駅でおりて、知り合いから頼まれ物のを買うためにLe Cacaotierと言うショコラティエへ行き、我が家用も含めてチョコを購入。  店内で味見しましたがここのチョコは(゚д゚)ウマー マジおすすめ!


Le Cacaotier


店内

 その後徒歩でバビロン駅近くまで歩き、Pylonesで小物雑貨、百貨店ボンマルシェでお土産用のお菓子を多数購入しました。 


Pylones


Le Bon Marche

 ショッピングの後は、再び歩いてサン・ジェルマン・デ・プリ駅へ行き、日本そばのお店「円」でお昼ご飯。  カキの天ぷらがあればカキの天ぷらとざるそばと思いましたが、カキの天ぷらは置いていなかったので、季節限定の牡蛎そばを頂きました。 

 日本製のそば粉で打ったそばも美味いけど、鰹の効いたダシを飲むと五臓六腑にDNAに刻まれたうま味が染みこむ(゚д゚) 





トリビー


牡蛎そば


牡蛎そばのアップ

 食後は近くにラデュレがあったのを思い出して、マカロンを買いに行きました。 実は今までマカロンを美味しいと思った事がないので、マカロンを流行らせた本家ラデュレのマカロンを食べて見て自分がマカロンが好きかどうか判断しようと… ついでにエクレアも買いました。


ラデュレ


店内

 ラデュレの後は、サン・ジェルマン・デ・プリ教会前を通ってホテル近くまで乗り換えなしで行けるMabilon駅まで向かいました。 教会の前ではストリートミュージシャンがジャズを演奏し、観客の小さな女の子がステップを踏んだ微笑ましい光景が見られました♪


サン・ジェルマン・デ・プリ教会


ストリートミュージシャン


ステップを踏む女の子

その後ホテルに帰り、早速ラデュレのマカロンを2個とエクレアを食べました。 やっぱりマカロンは美味いと思わない。 でもエクレア美味すぎ!! 参った。  シュー皮がしっかりしてほんのり塩気もあるのね。


ラデュレのマカロンとエクレア


本日買ったお土産

 マカロン食べた後は、ショッピングの疲れとビールの酔いもあり猛烈に眠くなって夕方までお昼寝。 夜はデュッセルドルフで買ったパリ特集の雑誌に載っていたレストラン"Le Cristal de Sel""がホテル近くにある事がわかり、予約も無しに歩いて向かいました。


Le Cristal de Sel

 開店直後の7時半に飛び込みで一人だけど空いているかと聞いたら、本日は予約で一杯だが9時半までに退店するならOKとの事で条件付きで入店させてもらいました。

 アミューズのナチョス+豆のソースをシャンパーニュで楽しんでから、前菜はハム、ソーセージなどのシャルキュトリーを赤ワインで。 メインはこのお店のスペシャリテらしい手長えびのラヴィオリを頂きました。


ナチョスとシャンパーニュ


ハム、ソーセージの盛り合わせ


手長エビのラビオリ


ラビオリのアップ

 ラヴィオリは甘くて芳醇なバターのスープで行水していて、中のエビの身の費通しも絶妙。 美味いわこれ!(゚д゚)


店内

 デザートにはボルディエのフロマージュ・ブランを自家製ジャムで頂きました。 フロマージュ・ブランは濃厚な脂肪分を予想していたが、なんかお豆腐みたいにあっさり。 それで別小皿にクリームが入っているのね。 クリームを足してもややインパクト弱いかな。 この前モンセラートで食べたマトは絶品だったなぁ。 思い出したのでマトをまた食べたい!



 いずれにしても一人でキャンドルディナーはつまらないですね。 昼間の疲れもあってホテルに戻り早々に就寝しました。

2012年3月23日 (金)

海外出張21日目 ~パリで背脂ちゃっちゃ系ラーメン~


 本日午前中は、うちの会社の現法仏人社長と打ち合わせして、午後は一緒に新しく移転する事務所の候補物件を見るために対フランス投資庁の担当者と待ち合わせ場所に向かいました。 場所はパリのすぐ南側にある イヴリー=シュル=セーヌ,という地域。 行く途中の道で、最近パリで始まったと言うカーシェアリングの電気自動車が横を走っていました。


カーシェアリングEV "autolib"の車

 待ち合わせ場所で合流した対仏投資の人の案内で取りあえず一軒目を見学してから近くのカフェみたいなブラッスリーで昼食。 僕はランチのアントレコットを頂きましたが、店構えがいまいちだったのであまり期待していませんでしたが、なかなか美味しいお肉でした♪


候補物件1


ブラッスリー Aux 3 Mi-Temps


店内


アントレコット

 食後続けて他の物件を見学。 本日は合計で5軒見た所で時間切れで終了。 途中のカフェで休憩しながら打ち合わせ後解散しホテルへ一旦戻りました。


物件その2


物件その3


物件その4

 ホテルに戻り着替えてから、夕食を食べにオペラ座近くに最近出来た背脂ちゃっちゃ系ラーメン屋なりたけへ行きました。

 ウェブの情報では、連日大人気との事で、本日は金曜日の夜だから大行列かと思いましあたが、意外に混んでいなくて、20分程で入店出来ました。


夜のオペラ座


こってりらーめん なりたけ


店内

 トリビーのキリン一番搾りにギョーザ、そしてラーメンは醤油のチャーシュー麺に煮玉子をトッピングして半ライスをもらいました。  

 ギョーザは上手に焼かれていてなかなか美味しいです。 期待のラーメンも、プースーはちょっと塩気が強いものの、なかなか美味しいです。 特に太めの自家製麺は、麺に味わいがあってもちもちして(゚д゚)ウマー  でも半ライスは水が多すぎてべちゃべちゃで不味かった(´;ω;`)


ギョーザとビール


醤油のチャーシュー麺、煮玉子トッピング

 今日のパリは昼間は23℃ぐらいあって夜もとっても暖か。 ラーメンを食べたらとっても暑いので、帰りは着てきた革ジャンを脱いでTシャツ一枚に。 夜の街を楽しみながらオペラ座から再び地下鉄に乗り、ホテルまで歩いて帰りました。


とあるお店のショーウィンドー


地下鉄の駅

 ホテルにもどり、早々に就寝致しました。

2012年3月22日 (木)

海外出張20日目 ~モスクワからパリへ~

 本日は朝6時にホテルをチェックアウトして、小雪降る中シャトルバスでドモジェドヴォ空港へ向かいました。 チェックイン時にスーツケースが規定の23kgを3kgオーバーしていると咎められましたが、すったもんだの末なんとかOKに。 最近ピースコンセプトの規定が厳しいなぁ。


ドモジェドヴォ空港

 チェックイン後ルフトハンザ航空のラウンジで朝食を食べました。 内容はサンドイッチ、オレンジジュース、リンゴ、ヨーグルトなど。 その後午前8時発のLH1451便にてフランクフルトへ向かいます。


ルフトハンザラウンジ


朝食


モスクワ発フランクフルト行き便

 フランクフルトには定刻より30分程早く到着し、2時間程またルフトハンザのラウンジで時間を潰して11時45分発のLH1034便に乗り継ぎパリへ向かいます。 

 機内では中にバターが入った棒状のラウンゲンパンが出ました。 なかなか素朴で美味しい。 パリにはほぼ定刻通り到着。 タクシーに乗りエッフェル塔近くのホテルに向かいます。  氷点下のモスクワと違いパリは20℃以上あるとても良い気候。


フランクフルト空港


機内の軽食


シャルルドゴール空港


エッフェル塔の無料パンフレット入れ


タクシーでホテルへ

 ホテルにチェックイン後、こちらの子会社社長に連絡し打ち合わせを兼ねた食事のアポを取ったので、夕方までフリー。 小腹も空いたのでネットで知った日本のヤマザキが出しているカフェへメトロを乗り継いで行き、コーヒーとシュークリームみたいな小菓子を食べました。 

 このお菓子はシューが2段になっていて上のシューはバニラの粒が見えるカスタード、下は生クリーム。  乳製品が優れているフランスのクリームは桁違いに(゚д゚)ウマー!


ヤマザキフランス


店内


カフェと小菓子

 小腹をみたしてから、再びメトロに乗りPassy駅で下車。 Passyからは徒歩でビル・アケム橋を渡りエッフェル塔を眺め、途中のスーパーを冷やかしてホテルに戻り休憩。


ビル・アケム橋からのエッフェル塔

 夜は7時半にシャンゼリゼ通り近くにあるラ・メゾン・ドゥ・ロ-ブラックで現法のフランス人社長と食事。 カンパリソーダを飲みながら、牡蛎を前菜にたべ、メインは赤ワインとともにフィレ肉のステーキ。 お肉専門店だけあってとても美味しいステーキ♪


シャンゼリゼからの凱旋門


ラ・メゾン・ドゥ・ロ-ブラック


店内


カンパリソーダ


Domaine Jean-Michel Gerin La Champine, Vin de Pays des Collines Rhodaniennes, France


前菜のオイスター


パンとバター


牛フィレステーキ


丁度良いレア下限

 目の前に運ばれたデザートのお盆から僕が選んだのは、ベースが粒状のリンゴの上にマスカルポーネクリームが乗ったティラミス。 やっぱりこっちのクリームは美味すぎてやばい!  



本日のデザート


ティラミス


コーヒーとフィナンシェ

 帰りは社長の車でホテルに送ってもらいました。  途中すっかり暗くなった空にエッフェル塔がキレイでした♪


夜のエッフェル塔

 ホテルに付いてから、たまった下着類を洗濯して就寝しました。  (-_-)zzz

2012年3月21日 (水)

海外出張19日目 ~一路モスクワへ~

 本日はモスクワに戻る日です。 ホテルのレストランで食べた朝食は、あきらかに昨晩の使い回しのコーカサス地方のパン、「ラヴァッシュ」、ロシア風の中がねっとりした食感のソーセージなど。


朝食

 朝食後ホテル出発が8時半の予定だったはずが、やはりロシアの事なぜか迎えの車が来ずに1時間半程遅れて出発。 車で20分以上走って相手先工場の建設予定地を見せてもらい、その後で今まで組み立てた試作機や部材を保管している場所を見学。 雪が積もった野原の真ん中を結構歩かされてた。 寒いし靴の中に雪が入ってくるしサンザン。  


試作品その1


試作品その2

 見学後はまた車でひた走って州都へ入ったのが2時過ぎ。 カフェで打ち合わせを兼ねた昼食。 白菜ベースのマヨネーズが大量にのったサラダ、マカロニスープ、白身魚のグリルにマヨネーズみたいなのがやつと付け合わせのマッシュポテト。 サラダとスープはまぁまぁだけど、魚は衣にスパイスが入っていて美味しく焼けてる。 マッシュポテトも乳製品の風味がしてとてもグッド。


カフェ


パン


サラダ


スープ




 僕以外の日本から来た人たちが今夜午後9時の飛行機でモスクワから日本に帰国するため、午後3時に昼食と打ち合わせを終えてモスクワへ向かいます。 


モスクワへ向かう途中の凍った川

 午後5時半頃にモスクワへ到着し環状線のMKAD上で僕だけ別の車に乗り換えて、モスクワのドモジェドヴォ空港近くにあるホテルへ向かいました。

 空港ホテルへ到着したのが午後7時過ぎ。 空港近くでホテルの回りに何もないし、疲れていたのでホテルのレストランで夕食。 バルチカの生を飲みながら新鮮な野菜のサラダ、ロシア名物の肉のサリャンカ、そしてロシアの水餃子ペリメニ。  サラダは思ったより新鮮、サリャンカも美味しいし、ペリメニも悪くなかった。


サラダ


サリャンカ


ペリメニ

 長旅で疲れたので、食後部屋に戻って早々に休みました。

2012年3月20日 (火)

海外出張18日目 ~州政府と面談~

 本日は朝7時過ぎに朝食を。 あまり食欲がなかったのでミックスオムレツとデニッシュパンで済ませました。 


朝食

  ホテルを8時半にチェックアウトして、皆で目的の工場があるK州へ移動。  吹雪の中車で移動する事3時間で、州都から20分程の郊外にあるホテルに到着しました。  


吹雪の中走る車


郊外のホテル

 ホテルにチェックインしてから、ホテル内のレストランで昼食を食べる事に。  ここのレストランは、アルメニア共和国料理のレストランで、アルメニア風の料理を頂く事に。  肉や魚の前菜、仔羊とナスのスープ、川魚のグリルを頂く。 どれも美味しかった。


ハム、ソーセージなどの前菜


スモークサーモンなどの前菜


アルメニア風丸かじり生野菜


チーズ盛り合わせ


食卓


仔羊とナスのスープ


川魚のグリル


川魚のアップ 結構脂が乗ってます


フルーツ盛り合わせ

 昼食後、午後2時半頃ホテルを出てK州庁舎へ行き、今回のプロジェクトの案件で副知事や投資担当顧問らと会談。  日本側の協力体制を理解頂き、事業の認可ならびに補助金も出そうな雰囲気


州政府


州政府要人との面談

 面談後はホテルに戻り、夕方まで休憩。 夕食は再びホテル内のレストランですが、メニューは昼間とあまり代わり映えしないです。 でもサラダが2品増えてました。 


前菜類


サラダ1


サラダ2

例によってウォッカやダゲスタン共和国の(偽)コニャックで乾杯していろいろ意見交換。  お酒も入って和やかなムードで双方打ち解けました。


ナスタロヴィア!(乾杯)


ダケスタン共和国のコニャック

メインは豚肉ロースとのロイヤル風。 悪くなかってですが、すでに昼間から腹パンなので半分程しか食べられませんでした。


豚肉ロースのロイヤル風

 10時過ぎに食事が終わり、疲れたので部屋に戻りました。 しばらくしてロシア側からホテル内のプールで泳ぎましょうとお誘いがありましたが、無視して部屋でシャワーを浴びてメールチェック後就寝しました。

2012年3月19日 (月)

海外出張17日目 ~モスクワで一日ミーティング~

 今回ロシアに再び来たのは、日本の経済産業省絡みの政府予算で実施するロシアへの援助プログラムによります。 ロシアのK州にある某企業に対して、日本の専門家や関連企業による技術セミナーを行います。 

 朝入浴後の7時にホテルのビュッフェで朝食を食べました。 本日はクロワッサンに目玉焼き、ソーセージ、ポテトコロッケなど。 


朝食

 日本からの来られた皆さんは、18日の夕方にアエロフロート便でモスクワ入りする予定だったんですが、例によってエアロフロートの飛行機が遅れて夜中に到着されました。  

 本日朝8時半にロビーに集合してモスクワ州の某市の会社を訪問する予定だったですが、急遽予定が変更になり我々が泊まっているホテルの会議場でセミナーを開催する事に。


セミナーの様子

 午前10時にスタートしたセミナーですが、ロシア側も熱心に質問されたりと予定の昼食時間を超過して、午後1時になり時間も押していることから、予定していた昼食はキャンセルし、コーヒーブレークと時にオープンサンドイッチをつまむ事に。


お昼の軽食

 午後からもプレゼンが続き、自分も自社の技術について、通訳による日本語-ロシア語の逐次通訳により無事発表出来ました。  全てのプレゼンが終了したのが午後4時半、少しの休憩を挟み5時からホテルのレストランで早めの夕食を皆で取る事になりました。


プレゼンの様子

 テーブルを囲んで全員で取りあえずウォッカで乾杯し、ビールを飲みながら最初に出されたサラダを頂きました。 少し変わったサラダなのでウェイトレスさんに聞いてみると、バルト海沿いのラトビアの首都であるリガ風サラダだそうです。 大切りのパプリカが新鮮で甘くて美味しかったです♪


夕食会の様子


リガ風サラダ

 日本側のまとめ役の型が、最初の乾杯への返礼の形で、スピーチをして再びウォッカで乾杯しました。  そして出て来たメインは何と昨夜ホテル近くのモールで食べたビーフストロガノフ! 

 でも昨日のやつと比べると色合いが違って断然美味しそう♪  食べて見るとビーフストロガノフの味付けがとても上品で(゚д゚)ウマー 付け合わせのマッシュポテトも深い味わいでうまかです!


ビーフストロガノフ

最後にイチゴとバニラのアイス、そして紅茶を飲んで食事は終了。 そして再びロシア側が〆のスピーチとウォッカで乾杯して食事会はは無事終了となりました。  


デザートのアイス

 日本から来られた皆さんは、初めてのロシアとあって、食後近くのモールにショッピングに行かれましたが、僕はロシアにはもう何回も来ているので遠慮して部屋に戻って洗濯をして寝ました。

2012年3月18日 (日)

海外出張16日目 ~プラハから再びモスクワへ~

 チェコでの業務が終了したので、本日は再びモスクワへ向けて移動です。 朝6時15分にホテルをチェックアウトして、取引先のトーマス君の車で空港へ移動しました。  



 チェックインして出発までの時間を空港ラウンジで過ごします。 ホテルで食べ損ねた朝食を食べることに。 サンドイッチ、サラダ、ヨーグルト、リンゴ、カプチーノなど


プラハ空港ラウンジ


朝食

 8時25分発のウィーン行きのオーストリア航空便にてウィーンへ定刻より30分程早く到着。 正味40分しかなかったギリギリの乗り継ぎ時間が1時間以上になって楽勝でモスクワ行きのオーストリア航空便に無事乗る事が出来ました。 


プラハ発ウィーン行きの飛行機


ウィーン発モスクワ行き飛行機の中

 機内食はカレー2種類とライスがでました。 なかなか本格的な味で美味しい。 自家製とうたっているデザートのチョコムースも(゚д゚)ウマー  

 そしてモスクワのドモジェドヴォ空港にも定刻より20分程早く到着。  1時間は覚悟していたパスポートコントロールも10分程で済んで(゜Д゜)びっくり  

 でも空港に来るはずの迎えが来ない。 電話したら運転手を寄こすと言っていたのに社長の息子が来る事になっていて、そいつが車の調子が悪いとオヤジに連絡もせずすっぽかしてやがった!(`Д´)  結局社長のオヤジが迎えに来てくれて現地時間の4時半頃ホテル入り。ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!


機内食


モスクワ、ドモジェドヴォ空港

 疲れたので部屋で少し休憩していたら猛烈に腹が減って来ました。 しかたがないのでホテルのカフェでチーズケーキとコーヒーを頂き、再び休息。  


ホテルのカフェでお茶

 夕食は、当地9時頃と言っても3時間の時差があるので、ヨーロッパ中央時間だと午後6時に近くのモールにあるフードコートへ。 いろいろお店がある中で、今回はロシア料理の店でバルティカ7ビール、ギリシャサラダ、ビーフストロガノフ+パスタを頂きました。 


ホテル


レストラン


バルティカ7ビール


グリークサラダ


ビーフストロガノフ、パスタ添え

 ビーフストロガノフは悪くはないんだけど、セントラルキッチンで作り置きした出来合いの味でした。 この後部屋に戻り休みました。

2012年3月17日 (土)

海外出張15日目 ~プラハの休日~

 セミナーは昨日で修了したので、本日は終日フリー。 朝ご飯はホテルでライ麦パンのトースト、野菜スープ、サラダ、ハム、目玉焼きなどを食べました。


朝食

 食後は日頃の運動不足を少しでも改善すべくホテルの最上階にあるジムで運動し、プールに入った後サウナでリラックス。  そしてお昼過ぎに部屋を出て地下鉄の昨日行ったイーペーパブロヴァ駅で下車してマイクロ・ブルーワリーのピヴォヴァルスキードゥームへ昼食を食べに行きました。  


ピヴォヴァルスキードゥーム (Pivovarský Dům)


ビール醸造タンク

 ここで醸造されるビールは、普通のビールの他にコーヒー、チェリー、バナナ、イラクサなどの変わったビールがあります。 今回は8種類のビール味見ができるセットと、ソースにビールをつかったウサギ料理を頂きました。  このビール入りソースはダシが出ていて美味しかった。


8種類のビールサンプラー


ウサギ料理

 その後徒歩でカルロヴィ・ナメスティー駅まで行き、地下鉄でムゼウムへ移動。 ヴァーツラフ広場を散策し歩いてナメスティ・リパブリックへ。


カルロヴィ・ナメスティー地下鉄駅


駅構内


ヴァーツラフ広場

 その後3時に予約していたナメスティ・リパブリックから少し行った所のタイマッサージに行き1時間程マッサージをしました。  マッサージで気持ち良くなった所で、旧市街の天文時計台の前のカフェレストランでビールを飲みながら時計の5時の時報を待ちます。


天文時計台


カフェで一杯♪


時計台の5時の鐘の様子

 時計台前に5時半頃まで休憩して、その後地下鉄を乗り継いでホテル・ベルヴェデーレ内にある和風居酒屋八雲へ行きました。 


ホテル・ベルヴェデーレ


八雲

 チェコビールを3種飲みながら焼き鳥、刺身、ラーメンを食べましたた。 マグロの刺身は冷凍が悪いのかパサパサ、牛ヒレは固くてパス、でもつくねはキュフテみたいで(゚д゚)ウマー ラーメンはスープにもう少し工夫が必要かな。


カンブリアビール


枝豆


マグロ刺身


自家製つくねと牛ヒレ


とりももとレバー


コゼル黒


激辛つくね


砂肝


豚バラ


ピルスナーウルケル


叉焼入り正油ラーメン

その後腹パンでレストランから地下鉄でホテルに8時過ぎに戻り早めに就寝しました。  これでチェコでの滞在は終了です。

2012年3月16日 (金)

海外出張14日目 ~室町時代から続くブルーワリーへ行く~

 本日の朝食もホテルのビュッフェで食べました。 あまり食欲がなかったのでドイツ風ゼンメルパンにソーセージ、サラダ、リンゴ、など。 チェコのリンゴがとっても甘くて(゚д゚)ウマー  


朝食

朝食後は、本日セミナー第2日目です。 午前中のセミナー後、会場でアスパラガススープ、サラダ、サンドイッチを頂きました。


昼食

 セミナー2目も無事終了し、夕方はホテルの最寄り駅から地下鉄に乗り新市街へ出かけました。 目的はウ・フレクという1499年創業のブルワリー(チェコ語でPivovar)です。 1499年は日本では室町時代の末期ですから、とんでもない昔からあるお店です。  


プラハ地下鉄

 地下鉄をイーペーパブロヴァ駅で降りて15分程歩いた所に大きな時計が目印のこのお店がありました。 事前にグーグルマップでバーチャルツアーをしたおかげで殆ど迷うことなく午後6時半頃に到着です。


ウ・フレク (U Fleků)


店内カウンター


店内売店

 店内はドイツのビアホールととてもよく似た感じで、アコーディオンを演奏するおっさんなんかもいて、なかなか雰囲気があります♪ メインのホールはすでに一杯だったので、その奥の部屋へ行き、8人掛けのテーブルに相席しました。  


賑わうメインホール

  「ショクゼンシュゥ♪」と片言の日本語を話すウェイターがが持ってきたお盆に乗ったベヘロフカのミニグラスと、このお店で醸造した黒ビール(Flekovský ležák 13)をジョッキを頂きます。 ビールは見た目ほど重くなく軽やかでほんのり酸味があるフルーティな独特の味でとっても(゚д゚)ウマー!  なお、このビールは他で市販されておらず、ここでしか飲めないそうです!


黒ビールとベヘロフカ


パン


アコーディオン奏者

 料理は大好なチェコ風ニンニクスープ、前菜のソーセージにフレク風グラーシュを頼みました。 ニンニクスープは伝統的な味で美味しかったです。 


ガーリックスープ (Domácí česnečka)


ビールのお代わりをもらいました

 ソーセージは前菜のくせにメインぐらいの量があってマジパナイ! オーストリアの流れを汲むのか、ホースラディッシュ、そしてマスタードそしてケチャップがついています。 でも残念なことに味は今ひとつです。 


ロースト・ソーセージ (Opékaná klobása, hořčice, kečup, křen, pečivo)

 グラーシュはベーコン入りとプレーンのクネドリーキ(蒸しパン)が付いています。 すっきりした味わいでとっても美味いわこれ。 また食べたい。


ウ・フレク風グラーシュ(Flekovský guláš, špekový knedlik, houskový knedlík)

 デザートは果物入りのパラチンカ(パンケーキ)を頂く事に。 ベリーが中に入った大きなパンケーキに生クリームがどっさりてんこ盛りです。 果物はブルーベリー系のベリーがメインで酸っぱい。 パンケーキはやや油臭くていまひとつでした。


パランチカ、フルーツ入り (Palačinka s ovocem)

 美味しいビールとグラーシュに満足してお店を後に。 夜8時なのに温かくて半袖で歩いている人もちらほら。 プラハ新市街の夜道を楽しみながらイーペーパブロヴァ駅まで戻り地下鉄でホテルへ戻りました。


ウォッカショップの酒瓶


とあるお店のウィンドー


イーペーパブロヴァ駅付近


ホテルから見えるプラハ

 出かけたときは明るかったですが、ホテルに戻ったらもうすっかり暗くてプラハの町が遠くにキレイ見えました。 この後部屋に戻って洗濯して寝ました。

2012年3月15日 (木)

海外出張13日目 ~セミナーで夕食会~

 本日はホテルで朝食。 ライ麦パンをトーストしてスクランブルエッグ、ハム、チーズ、サラダを挟んで食べました。  


朝食

 朝9時から宿泊しているホテルの24階で開催されたうちの取引先ベンダー主催するセミナーに参加です。  お昼を挟んで夕方までみっちり勉強です。


セミナー会場


ホテル24階からの眺め

 お昼はセミナー会場でビュッフェが用意されておりチェコ風スープ、サラダ、サンドイッチ、ケーキなどを頂きました。


スープ


サラダ


サンドイッチ


ミニケーキ

昼食後も午後セミナーに参加して1日目は終了。 本日はベンダーが主催するディナーです。 場所はいつもステーキを食べるレストランで、午後6時半にホテルからバスで移動して7時にディナーがスタートしました。


ディナー会場の様子

 各人ビール、ワインなど好きな飲み物を頼んでで乾杯です。 そしてまず前菜の盛り合わせが出て来ました。 前菜はサーモンのタルタル、バゲットのチーズ乗せ、プラムのベーコン巻き、エビのタイ風、自家製鴨のパテなど盛りだくさん。


ビール


前菜盛り合わせ(サーモンタルタル、バゲットチーズ、プラムベーコン)


エビのタイ風


鴨レバーのパテ

 メインはサーモングリル、牛ランプ肉のステーキ、チキンのベーコン巻き、スパゲッティ・アーリオ・オーリオから選択で、昨日もここでステーキを食べた僕はスパゲッティにしました。



スパゲティ・アーリオ・オーリオ


牛ステーキ


チキンベーコン
 途中ある参加者のサプライズ誕生日祝いなどもあり、とても楽しい時間でした。 開始から4時間後の午後11時にディナーはお開きになり、その後再びバスに乗ってホテルにもどり直ちに就寝しましたた。


2012年3月14日 (水)

海外出張12日目 ~モスクワからチューリッヒ経由でプラハへ~

 本日はドイツ社長さんと朝5時半にホテルチェックアウトして空港へ向かいました。 そして7時35分出発のスイス航空LX1325便に乗って一旦スイスのチューリッヒへ。 


早朝、雪の残るドモジェドヴォ空港

 機内食は鶏肉が乗ったオムレツでしたが、あんまり美味しくないので殆ど食べませんでした。  飛行機は定刻の8時25分より20分程早く到着しました。 


機内食


チューリッヒ空港

 ドイツ人社長さんはチューリッヒから車でドイツへ帰るのですが、僕も乗り継ぎに9時間程余裕があるので、車に乗せてもらい市内へ向かう事にしました。 チューリッヒ市内の駅で降ろしてもらい駅前のスターバックスでコーヒーを飲みながらネットして時間を潰します。


チューリッヒ中央駅

 11時過ぎにスタバを出て目抜き通りのバーンホフ通りを歩いて川沿いを少し散策。 スイス独特の素敵な風景を楽しみました。

   
   
   
チューリッヒの風景

 11時半少しすぎにツォイクハウスケラーに入店しました。 ここは築500年の古い建物を利用したレストランで、もともとは兵器庫だった場所です。 今回のお目当てはドイツ人社長に教えてもらったチューリッヒ名物のゲシュネッツェルテスと言う料理です。 

 これはスイス版ビーフストロガノフみたいなもので、 タマネギ、マッシュルーム、細切りの牛肉をクリームとデミグラスが入ったソースと一緒にレシュティと言うジャガイモのパンケーキが付いてきます。


ツォイクハウスケラー (Zeughauskeller)


店内


地場の白ワイン


ゲシュネッツェルテス(Geschnetzeltes)

 食後は再びバーンホフ通りを歩いて中央駅を目指し、創業1836年の老舗菓子店シュプリングリ
へ。  ここは日本はおろかチューリッヒ以外に出店していないお店です。

 ここで日本への土産にチョコレートと、当店名物クルセンブルグリーと言うミニマカロンを購入しました。  ルクセンブルグリーは日持ちしないので、取りあえず空港へ戻る前にチューリッヒ中央駅の駅舎の中でで食べてみました。  マカロンってそんなに好きじゃないけど、ここのやつは結構美味しいと思いました。


シュプリングリ(Sspruengli)


ルクセンブルグリー (Luxemburgerli)


ルクセンブルグリー

 その後中央駅から電車に乗ってチューリッヒ空港駅へ戻りました。 空港では5時頃までラウンジで時間を潰し、5時25分発のLX1498便でプラハへ向かいました。


中央駅


スイス航空ラウンジ


ラウンジ内


チューリッヒ発プラハ行きLX1498便


眼下のスイスアルプス

 プラハには定刻より10分程遅れた午後7時頃到着しました。 そして港に出迎えに来てくれていたチェコ取引先社長の車でいつものチェコ料理屋で一緒に夕食を食べました。

 フェルネットで乾杯してチェコビールを飲みながら、ビーフスープに、チェコ牛のビーフステーキを頂く。 いつ食べてもここの肉厚の赤身のステーキは(゚д゚)ウマー! 絶品です!


プラハ空港


チェコレストラン


店内


フェルネットとビール


ビーフスープ


ビーフステーキ


見事なレア♪

食後は腹パンでホテルにチェックインし、メールチェックなどしながら10時過ぎに就寝しました。。

2012年3月13日 (火)

海外出張11日目 ~クレムリンプチ観光と韓国料理~

 本日はホテルで朝食にトースト、スクランブルエッグ、ハムなどを食べて10時にロシア人シャチョー、ドイツ人シャチョーとモスクワ市内の展示会場へ行きました。 途中市内で橋を通りましたが、川が凍ってました。


本日の朝食


凍ったモスクワ川
 今回の展示会には、ドイツ政府のバックアップでドイツ企業が多数出ており、ドイツ企業商談ブースや、デュッセルドルフメッセのブース、VDMAなどのブースが出ていて、軽食を出してくれるのでドイツ人シャチョーとあるブースでスープをご馳走になりました。


お昼のスープ

 その後ドイツ人シャチョーさんはモスクワ初訪問と言う事で、是非クレムリンをみたいと言う事でプチ観光へ行き記念撮影。


赤の広場入口あたり


レーニン廟


聖ワシリー教会

 お昼がスープだったので帰りにコーストンホテルにある韓国料理のお店で3人+運転手で食事を食べる事に。 


韓国料理レストラン ガヤ

 アサヒビールで乾杯して、ナムル、海鮮チヂミをつまみにワンカルビを食べました。


アサヒビール


ナムル


海鮮チヂミ


ワンカルビ

 〆はスンドゥブ・チゲ。 この店のスンドゥブを初め焼肉は海外で食べられる韓国料理としては(゚Д゚)ウマー。


スンドゥブ

 この後ホテルに戻り、夕食の時間になってもお腹が空かないので部屋でダラダラして夜10時頃就寝しました。

2012年3月12日 (月)

海外出張10日目 ~モスクワでの1日~

 今朝はホテルでトーストに目玉焼き、ハム、チーズを挟んだサンドイッチを食べてから午前中ロシア取引先の事務所へドイツ人シャチョーさんと行き、打ち合わしました。


朝食

 打ち合わせが終わった午後一時過ぎに、ロシア取引先社長の息子とドイツ人シャチョーさんとホテル近くのモールにあるテレモークというブリヌイ(ロシア風クレープ)のファストフード店でレンズ豆のスープ、ゆで豚、キノコなどが中に入ったブリヌイを食べました。


Теремок


レンズ豆のスープ


ゆで豚とキノコのブリヌイ

 昼食後はモスクワ市内へ車で行き、のエキスポセンターで開催されているテクニカルテキスタイル展示会を見学しました。


モスクワ エキスポセンター

 展示会の帰りに3人でЁрш(ヨルシ)というロシア風の居酒屋で夕食を食べました。


ЁРШ Restaurant

 チェコのバドワイザービールと、前菜にイカリングフライ、チキンストリップフライ、ライ麦パンのガーリックトーストをもらいビールのアテに。 


バドワイザービール


前菜 (Горячие закуски)

 ロシア人社長子息がピロシキを頼んでくれたので、少し食べましたが全然口に合いません! でも〆の「ストリチニィ」と呼ばれるチキンとポテトのオリヴィエ・サラダ にラムロースはなかなか美味しかったです。 


オリヴィエ・サラダ (Сала́т столичный)


ピロシキ (Пирожки)


ピロシキの中身 (手前:野菜 奥:肉)


(ラム・ロース) корейка ягнёнка

 この後ホテルに帰り疲れたので早々に休みました…(-_-)゜zzz…
 

2012年3月11日 (日)

海外出張9日目 ~メーアスブルクからモスクワへ~


 本日はロシアへの移動日です。 朝食はホテルでカイザーゼンメルパンにハム、トマト、キューリをはさんで頂きました。


朝食

 ホテルをチェックアウト後一緒にロシアへ行くドイツ人社長さんの車でメーアスブルクのフェリー乗り場からフェリーに乗ってボーデン湖の対岸の町コンスタンツへ行き、そこから下船してチューリッヒ空港へ向かいました。


ボーデン湖のフェリー


コンスタンツ

 チェックイン後スイス航空のラウンジで時間を潰す事に。 空港内のパスポートコントロールを超えた免税店とかあるエリアではドゥカティのキャンペーン中みたいであちらこちらにバイクが置いてありました。


チューリッヒ空港


ドゥカティのバイク


スイス航空ラウンジ


ラウンジ内


ラウンジから見る駐機場

 モスクワへは12:25発のスイス航空LX1326便に搭乗です。機内食はバジル風味のスパゲティとチキンピカタのトマトソースがでました。  

 飛行機は定刻より30分程遅れて出発したため、モスクワ、ドモジェドヴォ空港へ着いたのも定刻より30分遅れて午後7時20分頃です。


機内食


ドモジェドボ空港


空港駐車場

 本日のモスクワは気温零下4度で雪も結構降っていますが、湿度が低いせいかそれほど寒くは感じなかったです。 出迎えに来てくれたロシア取引先社長子息夫婦の車でまずホテルへ向かいました。


ホテルからの眺め

 ホテルへチェックインしたのが午後9時ごろで、チェックインしてから4人でホテル近くの日本食タヌキへ食事に行きビールを飲みながらわかめ酢、天ぷら、寿司盛り合わせなどを頂きました。。


レストランタヌキ


トリビー


ワカメ酢


お寿司


天ぷら


握り盛り合わせ

続きを読む "海外出張9日目 ~メーアスブルクからモスクワへ~" »

2012年3月10日 (土)

海外出張8日目 ~メーアスブルクでのんびり過ごす~

 本日土曜日は仕事がお休み。 朝はホテルで朝食を取って部屋でのんびりしてからお昼少し前にホテルを出てメーアスブルクの町を散策。


朝食


城下町から見えるメーアスブルク城


お城へ続く道

 お昼ご飯は、町の中で見かけてピンと来たレストランで食べる事に。 歴史を感じるなかなか素敵なお店です。


レストラン (Winzerstube zum Becher)


店内

 地元メーアスブルクの白ワインを頂きながら、粗挽きセモリナ小麦の団子が入ったスープとマスの一種のフェルヒェンと言う淡水魚のスライスアーモンドが入りバターソースを注文しました。 


ワインとパン


グリースクロッシェンズッペ(Grießklößchensuppe)


サラダ


ボーデン湖フェルヒェン・バターソース(Bodensee Felchenfilet in Mandelbutter gebraten)


エスプレッソ

 どの料理もお味が洗練されていて美味しいですが、特にフェルヒェンはお魚の鮮度が抜群で(゚Д゚)ウマー  後でドイツ人社長さんに聞いたらこのレストランは結構有名で芸能人も多く訪れるそうです。

 残念ながらメーアスブルクはシーズンオフでお店もほとんど開いていない為、部屋に戻って夕方までまたのんびりしました。

 そして夜になり、ホテル近くのピッツェリアで地元のロゼワインを飲みながらカプレーゼとスパゲティアーリオオーリオを頂いて部屋に帰って休みました。


イタリアンレストラン


カプレーゼサラダ


スパゲティアーリオオーリオ

 一人飯はわびしいですね…

2012年3月 9日 (金)

海外出張7日目 ~シュツットガルトからメーアスブルクへ~

 今朝も早朝にホテルをチェックアウトして空港へ移動です。  チェックイン後ラウンジで朝食を食べてから7:25分発のLH2750便にてシュツットガルトへ向かいました。


デュッセルドルフ空港


空港のラウンジ


ドリンクコーナー


スナックコーナー


デザートコーナー


朝食

 シュツットガルト空港には8時25分に到着。 空港に迎えの車で、取引先の地元へ移動しました。  


LH2750便


シュツットガルト空港

 午前中打ち合わせしてお昼は近くのホテルレストランで昼食です。 日替わりのスープ、サラダ、トルテリーニのクリームを頂きました。。


スープ


サラダ


トルテリーニ

 午後再び打ち合わせしてから、夕方取引先社長の車で僕がホテルを予約したボーデン湖湖畔の町ミーアスブルクへ。  


ホテル


ボーデン湖へ沈む夕日

 社長さん夫妻とホテルでビールを飲みながらイタリアンのピザとアルザス地方のフラムクーヘン(=タルトフランベ)という薄焼きピザを食べて、疲れもあって酔っ払ったので早々に部屋に入って就寝しました。


ヴァイスビア


ディアボロピッツァ


フラムクーヘン

 土日一人でのんびりするのに良いかと思いましたが、ボーデン湖はまだ肌寒く、来る時期を間違えました。

2012年3月 8日 (木)

海外出張6日目 ~ラーメン匠とドイツ風バー~

 今日の業務は午後からのアポイント1件のみなので、午前中はゆっくり目にホテル近くのパン屋で朝食を取りました。


朝食

 お昼はデュッセルドルフの日本通りとも言われるイマーマン通りにあるラーメン屋さん匠で食べる事に。 醤油ラーメンに叉焼と半熟煮卵を追加して、焼売セットを付けました。 





醤油ラーメン


焼売

 日本から空輸すると言う麺は相変わらず(゚д゚)ウマーだけど、今回はスープとチャーシューが結構塩からく感じました。

 昼食後はオーバーカッセルにある同じ業界の他社を表敬訪問し、情報交換。 夕方ホテルに戻り爆睡。(笑)  

 夜10時半頃から数日前からデュッセル入りされているマイミクMさんがジュネーブからデュッセルドルフ入りされたので一緒にホテル近くのRosie'sで夕食.
 ここがなかなか雰囲気がある良いお店。


Rosie's


店内


店内

 ヴァイスビアを飲みながらスパゲティやブルスケッタを食す。 途中からドイツの赤ワインをグラスで。 Mさんとは初対面だけど、旧知のように話しが弾みました。  


ヴァイスビア


パン


ブルスケッタ


スパゲティ

 Mさんと日本での再会を約束して別れ部屋に戻り、次の日に備えて爆睡しました。

2012年3月 7日 (水)

海外出張5日目 ~ミュンヘン経由でデュッセルドルフへ~

 昨日でトルコでの業務が終了したので、本日は次の目的地ドイツへ移動です。
 朝ホテルを6時半にチェックアウトしてイズミル空港からルフトハンザLH1783便にて中継地のミュンヘンへまず移動です。  


イズミル空港


ラウンジ


ミュンヘン行きLH1738便


アルプスの山々

ミュンヘンへの到着は定刻10:05でしたが、順調に飛行して予定より10分早く着きました。


ミュンヘン空港

 ミュンヘン空港と言えば自家醸造レストランのエアブロイ! ドイツのデュッセルドルフへ向かう便がでるターミナルGへ行く前に、Hターミナルへ向かい空港内のエアブロイでババリア式朝食を食べました。 ヴァイスビア、ブレッツェル、ヴァイスブルスト♪


エアブロイ


店内


ヴァイスビアとブレッツェル


ヴァイスヴルスト


皮をむいてスイートマスタードをつけて頂きます

 朝食後はターミナルを移動してからラウンジで一休み。 ここにも生ビールのサーバーがあるので、パウラナーのヴァイスビアを頂きました。


ラウンジのサーバー


ラウンジ

 ラウンジで時間を潰してから13:05発のデュッセルドルフ行きLH2010便に搭乗しするためにゲートに向かいます。 途中BMWの新3シリーズが展示してありました。


Der neue BMW 3er


ボーディングブリッジ



 デュッセルドルフには定刻の14:20には到着しました。 空港からタクシーでホテルに行き、チェックインして夕方まで仮眠。

 目が覚めるとくもり空だった天気が激しい雨になってました。 この日の夜は当地に駐在しているのマイミクさんと日航ホテルで待ち合わせて、ミシュラン一つ星の創作日本料理のお店Nagayaで夕食。  


NAGAYA

 以前他の人のブログで55ユーロぐらいからコースがあると書かれていたけど、入ってみるとコースは135ユーロからのみと予算オーバーなので、アラカルトで前菜と主菜を。 

 前菜はタラバガニのタルタル。 500円玉サイズぐらいのカニ身のタルタルで、かぼす風味で美味しいけどちょっと塩が強め。


タラバガニのタルタル

メインのシャルロー牛のステーキは赤身でとっても美味しいステーキでしたが、やっぱり若干塩が強めでソースもドイツ風。


シャルロー牛のステーキ

 味の期待が外れたので、Nagayaでは敢えて〆を食べずに、マイミクさんと分かれてから近くにある手打ちそばのお店そば庵へ。 


そば庵


そば庵

 このお店は名古屋の有名店紗羅餐で修行を積んだ方が最近開いた手打ちのお店です。

 ベルギーの日本人経営のブルワリーが作る、日本食向けの欧和というビールを飲みながら、枝豆と北海道産ホタテの天ぷらをアテにしつつ、ざるそばを頂きました。  


欧和ビール


枝豆


ホタテの天ぷら


ざるそば


ざるそばのアップ

 蕎麦の良い風味がする瑞々しい美味しいおそばを堪能できました。 デュッセルドルフに来たら再訪必至です。 ごちそうさまでした。

2012年3月 6日 (火)

海外出張4日目 ~トルコ伝統料理を食すの巻~

 本日はトルコでの業務最終日。 時差ボケも徐々に良くなって来ており、朝はゆっくり目にホテルで朝食を。 トーストした食パンにチキンハム、チーズ、野菜などをはさんでサンドイッチを作り、オレンジジュースとコーヒーを。


朝ご飯

 食後2日連続でホテルのジムで軽く運動して、部屋で仕事してからトルコ取引先店事務所で夕方まで打ち合わせです。  お昼ご飯は出前してもらったトルコ版肉団子のキョフテとアイランを頂きました。 キョフテはチーズの入ったやつとかミニ俵型などいろいろな種類の盛り合わせです。


キョフテ盛り合わせ

 夕方は取引先社長の実の息子と義理の息子に連れられてRecep Ustaと言うオシャレなトルコ南東部料理のレストランへ行きました。 少々肌寒かい季候でしたが、気持ちが良い野外のテラス席に座りました。


レストラン


テラス席

突き出しには生肉のチーキョフテ、スープみたいなスパイシーなサラダ、ナスのドルマに焼売みたいな食感の茹でたイチリキョフテが出ました。 パンはラヴァシュという薄いパン。


チーキョフテ


スープみたいなスパイシーサラダ


普通のサラダ


ラヴァシュ


ナスのドルマ(Ekşili Patlıcan Dolması)と茹でたイチリキョフテ


茹でイチリキョフテの中身

 ヨーグルトドリンクのアイランと、トルコ産ワインを飲みながらメインディッシュを食べる事に。 

 このお店のアイランはものすごい泡が立ったアイランで、それを金属製の容器から深いスプーンで飲むと言うスタイルです。  


アイラン

 メイン一品目はラム肉の角切りと骨付きのラムチョップをミックスして鉄板で焼いたやつ。 ラム好きの僕は美味しく頂きます。


ラムチョップの鉄板焼き

二 品目はラムの焼いたあばら肉にライスが詰まったカブルガ・ドルマシ(Kaburga Dolmaci)。 ウェイターが骨を取って肉をほぐしてライスと混ぜて出してくれるけど、あっさりしてめちゃ(゚д゚)ウマ


カブルガ・ドルマ


カブルガ・ドルマはまぜまぜして供されまする

 最後に食べたデザートは。セモリナ粉が入ったヘルヴァにトルコアイスを添えたプレートと葉巻型のバクラワです。 


ヘルヴァのアイス添え


葉巻き型バクラワ

デザートを食べていると変な帽子を被ってポットを持ったオッサンが小さな湯飲みに飲み物を入れてくれたけど、すごく酸っぱくて苦い。(`Д´)
 
 どうやらこの飲み物は「エスプレッソの祖父」と呼ばれるトルコ南東部のムラ(Mirra)というコーヒーらしい。

 回しのみするのが作法の様で、本当は飲んだコップを次の人に回さなければいけなかったらしいけど、知らないのでテーブルの上に置いたら、作法に反したのでコーヒーをついでくれたオッサンの結婚費用を出さなければいけないとか言われたけど知るかぁ…!(`Д´)


ムラをついでくれるおっさん

 とても美味しいトルコ伝統料理でした。 ごちそうさまでした。

2012年3月 5日 (月)

海外出張3日目 ~イズミルで本日も魚料理~

 本日は早くから目が覚めたので、朝6時半に朝食を食べました。 トルコ風のゴマベーグルみたいなシミット、トルコ風チーズパイのボレック、スイス風ジャガイモパンケーキのレシュティ、スクランブルエッグなど。 


朝食ビュッフェ
 ビュッフェに大きな蜂の巣ごとハチミツが出ていたのでヨーグルトにかけて食べました。


蜂の巣


本日の朝食

 食後は明るくなってきたホテル前の埠頭へお散歩へ行きましたが、-2°ととても寒く、早々に撤退しました。  一旦ホテルに戻りホテル内のジムで運動してサウナに入り体を温めてから仕事に出かけました。


ホテル前の埠頭

 本日は取引先の事務所で一日中打ち合わせだったので。 お昼は代理店が出前で取ってくれた羊ひき肉のトルコ風薄焼きピザのラフマジュンとヨーグルトドリンクのアイランです。


ラフマジュンとアイラン

 夜食は、昨日別の取引先と魚料理食べたんだけど、また別のシーフードレストランに招待されました。 


シーフードレストラン (1inci Kordon Balık Pişiricisi)


水槽のある店内(3階)


お魚たち


お魚たち(真ん中のイボイボがあるのがイシビラメ)


メゼ

取りあえずアペリティフにカンパリソーダを頂きます。 前菜はグリルしたナス、パプリカのオイル漬け、マッシュルームにチーズを乗せて焼いたもの、イカやタコの炭焼き。 

 そして僕が辛い物好きと知ってか知らずか、青唐辛子とトマトを煮た料理やヨーグルトに揚げた鷹の爪が乗ったやつが来たけどどちらも超辛い!


食前酒


パン、パプリカのオイル漬け、焼きナス


激辛の青唐辛子とトマトの煮込み


マッシュルームのチーズ焼き


タコの炭焼き


イカの炭火焼き


鷹の爪ヨーグルト


ナス入りコロッケ


地場の白ワイン

僕がメインに選んだのは、Kalkanと呼ばれるイシビラメ。 調理してもらったスタイルは薄衣をつけてムニエル。 



 食後のデザートははエクメクカダイフとカボチャの甘露煮、フルーツなどがでました。 〆にはトルココーヒー。


エクメクカダイフ


タヒニ


トルココーヒー

 本日も食べ過ぎました。 この後ホテルに戻り就寝致しました。

2012年3月 4日 (日)

海外出張2日目 ~イスタンブールからイズミルへ~

 昨夜はトランジットでイスタンブールで一泊しましたが、本日は早朝に目的地であるトルコのイズミルへ移動します。  ホテルで来る時にセントレアで買った空弁の穴子わっぱ弁当を朝ご飯に食べました♪


穴子わっぱ弁当


お弁当の中身

 朝7時にホテルのシャトルバスでイスタンブール空港へ。 チェックインしてからトルコ航空のラウンジで休憩しました。 トルコ航空の国内線ラウンジは、ラウンジから飛行機までバスが直接出ていてすごく便利。 ラウンジにイチゴがたくさんあったので、お腹いっぱい食べました。 


トルコ航空国内線ラウンジ


フルーツプレート

 イスタンブールから約1時間のフライトで定刻通り10時5分にイズミルに到着しました。 


イズミル行きトルコ航空便


イズミル空港

 イズミルはギリシャの対岸にあるエーゲ海の真珠と呼ばれる風光明媚な海岸都市です。 空港に出迎えに来てくれていた、取引先社長の車に乗ってホテルにチ向かいました。  途中の道路沿い山腹にトルコ建国の父アタテュルクの顔が彫られているのを発見!


アタテュルクの顔が彫られた山

 ホテルについてチェックイン手続きしていると、何やらデミタスカップに入ったホットミルクみたいなウェルカムドリンクが出されました。。 サレップと言うトルコの飲み物だと言う事で飲んでみるととってもミルキーで(゚д゚)ウマー 

 後で調べてみると、トルコアイスの原料でもあるサレップと言うユリ根の粉が入った飲み物の様です。  


サレップ(Salep)

 部屋に荷物を置いて、取引先社長さんとロビーで仕事の打ち合わせ。 打ち合わせ終了後に社長と一旦別れて、ホテルのサウナに入ってマッサージをしてから遅めの昼食を頂く。 トルコのチーズとサラミが入ったホットサンドと生オレンジジュースにトルココーヒー。


トルコの昼食

 その後、先ほど分かれた社長が娘さんと奥さんを乗せた車で迎えに来てくれて、ホテルから少し走った所にあるマリーナ横のシーフードレストランで食事。 

 ディナーだと聞いていたので、どこかドライブに行って夕方からだと思っていたけど3時半からとは思わなかった! さっき部屋でサンドイッチを食べたのを激しく後悔。

 
レストランがあるマリーナ

 レストランの入口に陳列されているショーケースから魚やメゼを選んで着席。
メゼを食べながら、カラマリやエビのグリルをつまみに白ワインを飲み、メインはチプラと呼ばれる黒鯛の塩焼き。


店頭の魚


店頭の魚


店頭のメゼ


トルコの白ワイン


パン


社長のお嬢さんと奥さんが飲んだトルコの赤ワイン


ナス、タコ、ムール貝のドルマ、ヨーグルト


サラダ


カラマリ


エビのグリル


地プラの塩焼き


社長さんが頼んだ魚のスープ


チプラ

 デザートはトルコ風のデザート盛り合わせ。 緑色のデザートはほうれん草が入ったカステラみたいなシロップに軽く浸されたケーキ。 

 四角いのは当店特製マスティックという木の樹液が入ったプリンで檜みたいな独特な臭いがする変わったデザート。 

 茶色くて細長いのはカボチャ、丸いのはイチジクのシロップ煮。 どちらも歯が痛くなるぐらい甘いけど、カイマックという濃厚クリームと一緒に食べるとクリームのコクで甘さが抑えられて(゚д゚)ウマー


デザート盛り合わせ

 お菓子以外にもフルーツがたくさんでます。 ほおずき、オレンジ、バナナ、ブドウ、キウイ、そしてドライフルーツの盛り合わせ。


ほおずき 


オレンジ


バナナ、ブドウ、キウィ


ドライフルーツ

 3時半に入ったレストラン。 入った頃は明るかったけど、食事が終わった7時半には辺りは真っ暗でした。 その後ホテルに入って爆睡しました。


Restaurant Sipari

2012年3月 3日 (土)

海外出張1日目 ~名古屋からイスタンブール~

 本日から久しぶりにまた海外出張です。 朝10時前にセントレアに到着し、登場手続き後遅めの朝ご飯を豆天狗で食べました。 中華そば全部のせです♪


豆天狗 セントレア店



店内


中華そば全部のせ

 朝食後はラウンジで時間を潰してから、10:55発のルフトハンザ便に搭乗しました。


スターアライアンス・ラウンジ


ルフトハンザ LH737便


機内

 機内食は、昼食が揚げ鶏野菜餡かけと夜がファルファッレ・パスタ。 最近ルフトハンザの機内食は改善されたのか、味が多少向上して入れ物も少し良くなった気がする。


昼食の揚げ鶏野菜餡かけ


夕食のファルファッレ・パスタ

 フランクフルトへ到着後は、夕方5時55分発のトルコ航空1594便にてイスタンブールへ向かいます。 2時間半程乗り継ぎ時間があったので、ラウンジでシャワーを浴びてヴァイスビアを飲んで時間を潰す。 最近ラウンジのワイファイが無料になったのはうれしい。


トルコ航空 TK1594便

 フランクフルトと1時間時差があるイスタンブール空港には現地時刻の夜の9時50分頃到着。 今日のイスタンブールは雨で薄ら寒いです。  


雨のイスタンブール空港

 空港からタクシーでホテルに向かい、長旅の疲れを癒すためチェックイン後速攻就寝しました。

2012年3月 1日 (木)

広島出張2日目

 本日は朝8時にホテルをチェックアウトして、後輩とホテル前にある市役所から呉と広島を結ぶ高速バスクレアラインに乗って呉駅へ。 


JR呉駅


平清盛とハイファイブをする後輩@呉駅

 呉駅からはさらに呉線と呼ばれるローカル線に揺られて某駅にある広島県のある機関を訪問して打ち合わせ。



 打ち合わせ後は再び呉駅に戻りお昼を食べる事になりました。 立ち寄ったのは1年前に食べて美味しかったくれ星製麺所


呉駅前の巨大スクリュー

 前回僕が食べログで高得点を付けた所、呉のラーメン屋レビュー数が少ない事もあり食べログ呉ラーメン点のトップに踊り出たみたいで、「食べログにて大人気!!」と書かれたバナーがあったり、食べログの僕や他レビュアーの食べログレビューコピーを張り出されておりちょっとびっくり。  (その後アンチレビュアーの低い点数が多数アップされ今では点数もこなれています。)


店頭バナー


店内

 今回も前回同様にチャーシュー麺にサラダ、カキフライ、ライスが付くセットを注文しました。


サラダ


チャーシュー麺


カキフライ

 今回も表面が炙られてとろりと美味いチャーシュー、澄み切った煮干しスープがとても行けてます。 カキフライも外はカリッと、中はジューシーで昨夜食べたかき名庵のカキフライより(゚Д゚)ウマーでした!

 その後呉駅に戻り構内の巴屋の最中アイスを食べました。 中のアイスは脂肪分が思ったより少なくてさっぱりしています。


巴屋 呉駅前店


最中アイス

 昼食後食後再び呉線で広島駅へ戻り、駅前のデパート福屋へ。 目的は地下銘品街で売っているうえののあなごめし弁当! 宮島の本店以外でも食べログ情報で広島駅前の福屋で売っていること、午前中に売り切れる事が多いことを予習していたので、今回後輩の分と合わせて7個予約して買うことが出来ました♪


福屋デパートのうえのコーナー


うえのあなごめし弁当


後輩の記念写真

 そして午後2時過ぎの新幹線で名古屋へ着いたのが4時半。 そのまま会社へ出て出張精算後帰路へ。 途中一人暮らししている娘にもあなごめし弁当を届けて、家についてヨメとあなごめしに舌鼓を打ち一泊二日の出張は終了しました~。


ホームに停車していた500系新幹線


名古屋行きののぞみ


うえのあなごめし弁当

 広島に行ったらまたうえののあなごめし食べるじゃけん!

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31