無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

寿司@すし太鼓

               

 娘を帰りに拾って、家まで送って行く途中に夜ご飯を食べることになり、サクッと食べられる矢田にあるイオンショッピングセンター内の回転寿司に来ました。 ショッピングセンター一階のレストラン街の一角にあり、割と大きなカウンターを中心としたつくりのお店です。

             


              回転寿司 すし太鼓 イオンナゴヤドーム前ショッピングセンター

               今回は、生ビールにまぐろの大トロ、中トロ、赤身が一緒になった三種盛り、たいら貝、鱧つめ、あなご一本握り、カニサラダを頂きました。 シャリは見ていると、職人が握るのではなくて箱に入った成形済みのものの使用です。 やや甘めでべっちょりとしています。 

             


              茶碗蒸し

             


              まぐろ三種盛り

             


              たいら貝

             


              鱧つめ

             


              穴子一本握り

             


              カニサラダ

               まぐろはどれも解凍の仕方が悪いのか水っぽかったです。 たいら貝はそこそこでしたが、鱧は食感がいまいち。 あなごとカニサラダはまあまあでした。 

               接客もバイトの定員でしょうか、女性定員さんを呼んだのに、こちらを向かずに他の男性定員に我々を指さして「あそこの客が呼んでいるよ」みたいな仕草をしてどこかへ行くなど感じはあまり良くありませんでした。

               一度行ったらもういいかな。 このお店…

                               

関連ランキング:回転寿司 | ナゴヤドーム前矢田駅矢田駅大曽根駅

             
             

2012年7月28日 (土)

東京2日目 ~フィオッキでピエモンテの郷土料理~

 ヒトカラを終えてから、友人のOさんと小田急線の祖師ヶ谷大蔵駅で待ち合わせてフィオッキと言うイタリアンのお店に行きました。

 こちらはイタリアのピエモンテで修行された店主が出す郷土料理が評判のお店です。


フィオッキ


店内


店内のインテリア


テーブル席

 午後6時の開店と同時に入店し、入り口に近い2人がけのテーブルに案内されました。 まず食前酒にキールロワイヤルとミモザで乾杯しました。 


食前酒

 次にフレンチでいうアミューズに相当するストゥツィキーノ(食前の小さなおつまみ)が登場しました。  透明なスプーンに入ったナスのクリームのウニ添え。 さっぱりと美味しく頂きました。


ナスのクリーム、ウニ添え

 そしてワインはソムリエさんと相談して、プンタクレーナのルマッシーナという微発泡性の白とジョヴァンニ・アルモンドのロエーロ・アルネイスを頂きました。


Punta Crena Lumassina frizzante


Giovanni Almondo Roero Arneis 2011

 パンに続いて アンティパスト(前菜)が出ました。 ”ヴィッテロ・トンナート”というローストした子牛のもも肉の冷製スライスにマヨネーズベースのツナ風味のソース添えられています。


パン


ヴィテッロ・トンナート

 仔牛の回りには契約農家から仕入れたという夏の葉野菜があしらわれています。 とてもあっさりした子牛のロースト肉もなかなかですが、本来脇役とも言える葉野菜がとても味が濃くて美味しいです♪  赤からし菜、ワサビ菜、ルッコラ・セルヴァチカ(原種)など夏の日差しを浴びた野性味あふれる辛さや香りと優しい甘さのプチトマトが素晴らしかったです。

 続いてのズッパ(スープ)は、ウサギからとったブロード(出汁)のスープに、パスタ・レアーレというニョッキ風の団子パスタが入っています。 


パスタ・レアーレ ウサギのブロード

 スープは僕には少し塩気が強い気がしましたが、濃厚なうまみがあり、一緒に食すパスタは口中で小麦のうまみとチーズのほのかな風味を広げながらほろりと崩れてとても美味しいです。

 白ワインを2杯飲んだ所で、再びソムリエさんに相談してモンキエーロ・カルボネ・ロエロ・スルと言う赤ワインを頂く事に。


Monchiero Carbone Rodero Sru 2008

 そして第1の主菜であるプリモ・ピアットのリゾットが登場。 これはピエモント州で食べられている”パニッシャ”というインゲン豆とサラミが入って具だくさんなお米の料理。 濃厚で深みのあるとても美味しい逸品でした。 もう一度食べたいな。


パニッシヤ

 第2の主菜であるセコンド・ピアットは、当店のスペシャリテ「子羊の藁包みロースト」です。 藁包みローストとは、ピエモンテ州の農夫が農作業前に子羊や鶏を藁で包んで暖炉の残り火で調理したという伝統の調理法です。


子羊の藁包みローストとインカのめざめ

 目の前に運ばれた藁に包まれた塊を開けると中から美味しそうな骨付きのお肉が出てきます。


ローストされた子羊

 ローストされた子羊は、じわりと火が通る事によって出される素晴らしいピンク色の焼き加減。  一口味わうと藁の香ばしい香りと、ミルキーで芳醇そしてジューシーな肉と脂身のハーモニーで筆舌に尽くしがたい美味さ! まさに絶品です♪


サーブされた子羊ローストとインカのめざめ

 この後料理と一緒に頂いていたワインが余っていたたので、ドルチェ(デザート)の前にチーズを追加で注文しました。 

 タレッジョと言うハードタイプとウブリアーコというウォッシュタイプのチーズを頂きましたが、特にウブリアーコがワインにぴったりでもっと食べたくなる美味さでした♪


チーズ盛り合わせ

 そしてお口直しにスイカのグラニータ(氷菓)、そしてボネと呼ばれるココアプリンのドルチェ。 一緒にカフェ(エスプレッソ)を頂きましたが、これが僕の好みの味と温度。 コーヒー1杯にも気合が入っているなぁと感心しました。


スイカのグラニータ


ボネ


小菓子


カフェ

 食後の余韻を楽しむためにグラッパを頂く事に、いろいろな種類のグラッパを見せて頂いた中からグラッパ・リゼルバとアクアヴィテ・ビアンカを頂きました。


グラッパ


Bersi Serlini Grappa Riserva


"Aquavite di Vinaccia" Bianca Grappa

 午後6時の開店と同時に入店して、最後のグラッパを飲み終えたのは午後10時とまさに4時間至福の時を過ごしました。 

 サーブしてくれたスタッフ、特にソムリエ氏は始終笑顔で、そして同じ目線で優しく対応してくれたのは非常に好感が持てました。 

また退店時にもドア外までシェフが見送りに来ていただいて大変うれしく思いました。 また是非次の何かの機会に再訪したい素晴らしいお店です。 


ウルトラマンがお見送り

 その後ウルトラマンに見送られて祖師ヶ谷大蔵駅から新宿へ行き、深夜バスで名古屋へ帰りました。 これにて2日間の東京滞在は終了です。

東京2日目 ~大名御膳とワンカラ~

 今日はこの前パリでご一緒したYさんと久々の再会です。 Yさんが和食が食べたいとの事だったので、都庁前の新宿住友ビルにあるお店に行きました。


北大路 新宿茶寮

 このお店はビルの51階にあり、とても良い眺めです♪ 今回頂いたのは、大名椀と呼ばれる大きなお椀に、小皿料理がいろいろ入って見た目にも華やかな大名椀御膳です


地上51階からの眺め


大名御膳


お膳のアップ


大名椀のアップ

 料理はお盆に乗ったご飯、みそ汁、刺身、茶碗蒸しと大名椀に入った、焼魚、玉子焼き、焼肉、煮物、お浸し、湯葉などです。 お店の雰囲気も良く、料理も見た目が豪華でいろいろ味わえたのが良かったです。

 その後Yさんと新宿駅まで歩き、暑さ凌ぎにハーゲンダッツショップに入りました。


ハーゲンダッツショップ 新宿小田急エース店

 今回頂いたのは、夏季限定ハーゲンダッツ風のかき氷「氷トロピカル」です。


氷トロピカル

 氷トロピカルは、かき氷の上に乗ったトロピカルクリームチーズアイスクリームとマンゴーの果肉にパイナップルソースがかけられています 濃厚なトロピカルクリームチーズアイスと一緒にかき氷を食べると口直しになってすっきり、さっぱり(゚Д゚)ウマー ほてった体も少し涼しくなりました♪

 その後用事があるYさんと分かれて行ったのは、Yさんから教えてもらったヒトカラ専用のカラオケ店ワンカラです。


ワンカラ新宿大ガード店

 店内は近未来型の造りで、どうやら宇宙船をイメージしているようです。 受付で会員になり、ヘッドホンを借りて個室へ向かいます。


入口


各部屋


ヘッドホン

 部屋ではプロ仕様みたいなマイクがあって、ヘッドホンを使って歌います。 このマイクが結構音質が良くて、ヘッドホンを通して聞く自分の歌声は普通のカラオケで聞くよりも良く聞こえます♪


モニターとマイク

 すっかりその気になって2時間たっぷり熱唱してしまいました。 ヒトカラマジヤバイ!笑 (つづく)

2012年7月27日 (金)

東京1日目 ~名古屋からバスで上京~

 本日は用事で上京です。 時間に余裕があるので、今回は高速バス利用です。 この前乗って快適だった車内でインターネットも使える富士セービングバスにしました。


東京行きのバス

 今回は最近開通したばかりの新東名を上っての運行です。 途中浜松のサービスエリアでトイレ休憩。


浜松SA


ヤマハのピアノもあります。

 何か甘い物でもと、SAの売店で岩塩ソフトクリームを買いました。 バニラソフトにヒマラヤ岩塩の粒とエクストラバージンオリブオイルがかかっています。


ペコリータ


岩塩ソフト

 お次のトイレ休憩は足柄SAです。 こちらの売店では、チーズ入りでベーコンをまいたかまぼこが美味しそうだったので買っちゃいました♪


足柄SA


小田原や


チーズベーコンかまぼこ

 東京駅には午後1時半過ぎに到着したので、遅めの昼食を食べるために大丸の近為に行きました。 午後2時近くなのに10分程待たされました。


京のぶぶ漬処 近為

 今回頂いたのは、ヘルシーな金目鯛の粕漬けとごはんです。 まず近為自慢のお漬け物の盛り合わせがお茶と一緒にでます。


漬物盛り合わせ


漬物のアップ

つづいて料理が登場です。 金目鯛の粕漬けを焼いたものに、野菜の南蛮風の小皿、切り干し大根の小皿、湯葉の小鉢、ちりめん山椒、ご飯、みそ汁、わらび餅と賑やかです


金目鯛の粕漬けとご飯


金目鯛のアップ

 お漬け物、ご飯とみそ汁はなかなか美味しく、金目鯛も焼きたて感には乏しく、思ったよりふっくらとはしていませんでしたが上品なお味で美味しかったです。 湯葉は少量でしたが美味しかったです。 食後のわらび餅ももっちりと美味しく頂きました。

 昼食後都内某所で定例会に参加して、夕方いつもの居酒屋で懇親会に参加致しました。


お通し


貝柱かまぼこフライ


枝豆


夏野菜のサラダ


ハモカツ


生本マグロ切り落とし


旨塩牛タンステーキ


うなぎの棒めし


羽付き焼き餃子

 懇親会が終了して、すっかり出来上がって千鳥足で有楽町のピカデリーでダークナイトライジングの先行上映を見ました。


The Dark Knight Rises ©Warner Bros. Entertainment Inc.

 その後歌舞伎町のいつものサウナで宿泊致しました。

2012年7月25日 (水)

はも@春帆楼

 同僚のまーくんがアップルストアでiPadを買いたいと言うので、お付き合いした所、お礼に食事をご馳走してくれるという事になりました。 

 マツザカヤの蓬莱軒でうなぎでも…と来てみたところ、平日の夜なのに店舗前にあふれる大行列のため断念し、すぐ目の前にあり空いていた春帆楼と言うお店に予備知識なく入店しました。


下関 春帆楼 松坂屋名古屋店

入ってメニューを説明を見てみると、こちらの母体はもともと下関で明治時代より続くふぐ料理の老舗だと分かりました。 

 店内のテーブル席は和風のパーティションに仕切られて割と落ち着いた雰囲気です。 10階なので窓からも久屋公園側の良い景色が見られます。 


店内 テーブル席

 今回は、7月8月限定の鱧料理からお手軽な値段である、3、150円の「野あそび」という御膳を頂きました。  この御膳は、鯛のわた塩辛に始まり、はも落とし、八寸、豚角煮、海老塩焼き、鱧天ぷらと鱧釜飯にデザートがついています。
 

鯛のわた塩辛

 鯛のわたは、レモンスライスの上に乗っていて、レモンの程良い酸味と香りが、塩味薄めの上品な鯛わた塩辛と相まって美味しいです。 


はも落とし

 はも切り落としは、身の上にのった少し甘めの梅肉が、味のアクセントでグッドです。


八寸

 八寸の豚角煮、はも天ぷら、海老塩焼きはどれもなかなかちゃんとして美味しかったです。



八寸の豚角煮アップ


八寸のはも天ぷらアップ


八寸の海老塩焼きアップ

 目の前で火をつけて炊いてくれるはも釜飯は、はもの生臭みがほんの少しあり気になりましたが、全体的な味自体は悪くありません。


はも釜めし


釜めしと赤だし

 デザートのマンゴープリンは、甘さが割と控えめな上品な味でさっぱりと頂きました。


マンゴープリン

 お料理は、値段の割に品数も多く、全体的にはまぁまぁといった所です。 接客については、仲居さんの愛想も良く、頻繁にお茶屋おしぼりを換えてくれたりなど良かったです。 次回機会があればふぐ料理も食べてみたいと思います。 ごちそうさまでした。

関連ランキング:ふぐ | 矢場町駅栄駅(名古屋)栄町駅

2012年7月24日 (火)

広島出張2日目 ~あなごめしと宮島~

 本日はホテルを朝8時半にチェックアウトして、中電前バス乗り場から8時41分発呉の阿賀駅を通る高速バスクレアラインに乗車しました。  


ホテル


クレアライン

 しかし乗車してからこのバスは最終的に阿賀駅には行かず、手前の呉市6丁目が最終だと分かりました。 どうやら渋滞で1本前の6丁目行きのバスが41分に来た為間違えて乗ってしまったみたい。

 仕方が無いので、6丁目からタクシーを拾い広島県の某機関へ行き午前中打ち合わせと設備見学しました。  

 業務終了後12時9分の電車で広島駅へ移動。 お目当ては福屋の売店に予約していたうえののあなごめし。


広島行きの電車


福屋のあなごめし売場


うえののあなごめし


あなごめしアップ

 福屋地下の広場で買ったあなごめしを食べてから、再びJRで宮島口へ行き、フェリーに乗って宮島へ。 厳島神社だけを見学しました。


宮島行きのフェリー


厳島神社


鳥居


神社参拝口


神社内部


神社からみる鳥居


本殿


宮島五重塔

再び広島駅に戻り午後5時37分発の新幹線で名古屋へ午後7時51分に到着。 夕食は新幹線ホームのきしめんを食べました。  家には9時半頃到着して1泊2日の広島出張は終了しました。


名古屋行きの新幹線

2012年7月23日 (月)

広島出張1日目 ~名古屋から福山へ~


 本日は会社重役の随行で、後輩のT君と3人で広島へ一泊二日の出張です。 朝9時25分のぞみ101で生まれて初めて行く福山へ行きました。  社内販売の広島県産レモンを使用したレモンサイダーを飲んだけど、Σ(;゚*゚)スッパー!!


のぞみ101


広島レモンサイダー

 福山へは11時21分に到着しました。 駅を出てから予め食べログで調べておいた駅ビルにある地元の魚を食べさせる小料理屋でお昼ご飯を食べる事に。


福山駅


海の幸八

 名物は数量限定のランチ、鯛めし定食。 福山名物の鯛めしにお刺身、天ぷらが、小鉢、お椀などが付いて880円♪


鯛めし定食


天ぷら


刺身


小鉢

 食後タクシーで本日の目的地である広島県の某センターへ。 同センターのレーザー顕微鏡、光度測定器など各種設備を見学の後で、共同研究の内容について3時過ぎまで打ち合わせして、タクシーで再び福山駅へ。 

 福山駅では予約した新幹線の時間まで、駅前にある福山城(跡)を少し見学し駅ビルをウィンドーショッピングしました。 


福山駅


福山城(跡)

 その後4時3分発のさくらにて広島市へ移動です。 さくらは今回初めて乗ったんですが座席がJR東海の新幹線グリーン車みたいな2x2の座席で少し驚きました。


さくら561号





車内

 広島市には午後4時28分に到着し、タクシーで中区のホテルへ行きチェックインしました。 部屋で休憩して午後7時前にタクシーで予約してあった和食レストランへ向かいました。


広島駅


割烹・寿司 うめだ

 こちらは食べログで見つけたお店。 総合評価点がなぜか載っていなけど、レビュー内容やピン!と来る物があったので数週間前に予約しました。 予約に際して、他府県から来たので瀬戸内の魚を中心にお任せで出して欲しいとお願いしてあります。

 お座敷で生ビールを飲みながら、しその乗った玉子豆腐ではじまり、次に今まで見たことがない大人の拳より大きい超大ぶりの岩カキが出ました。 臭みが全くなくて甘くて肉厚のカキの身は(゚д゚)ウマー


玉子豆腐


巨大岩がき

 続いてお刺身がでました。 朝地元で上がった小イワシは、生姜と葱醤油をつける前に一匹食べたけど、青魚が苦手な僕でも生臭みを全く感じなくて甘みすら感じる旨さ!

  白身はこの辺では稀少で幻の魚アコウと呼ばれるキジハタ。 弾力のある独特の食感と脂の乗った味は独特で美味しい♪ 

 マグロも見た目赤身だけど、噛みしめるとうま味のある脂がじわっと出てくるし、白バイ貝も新鮮で(゚д゚)ウマー タコも良かった。


刺身盛り合わせ

 生ビールを2杯飲んだところで、日本酒にチェンジ。 見せてもらった2種類の地酒のうち賀茂鶴の金箔入り大吟醸を冷でもらいました。 続いて出て来た料理はうざく。 香ばしいうなぎとキュウリがさっぱりうまい。


日本酒


うざくときゅうり

 それから出て来たのが天ぷらの盛り合わせ。 アナゴ、ハモはそれぞれの風味が生きて美味しい。 コーンもいいけど、レンコンもほのかな甘みがあって旨い!

 この辺で最初のお酒がなくなったので、最初に見せてもらった2種類のうち入魂というお酒を冷やでもらいました。


天ぷら盛り合わせ

 そして続いて出て来たのどぐろの塩焼きにやられました! 上品な脂がのった繊細な身から旨さに溢れている。 日本に生まれて良かった。((´;ω;`)


のどぐろの塩焼き

そしてお次に出て来たのはハモのしゃぶしゃぶ。 大きくて透明感のある上等なハモをハモの頭で取ったダシで頂きます。 薄味だけど滋養があるうまさ。 後で腹子と肝も。


ハモしゃぶしゃぶ


ハモのアップ


肝と腹子


しゃぶしゃぶの鍋とハモの頭


お椀に入ったハモの身と野菜


お椀に入った腹子と肝

 すっかり腹パンだけど、〆として出て来たのは太田川で取れたうなぎの巻き寿司です。 甘めで軟らかな関西風の酢飯に、香ばしく炙られたうなぎの身がマッチして美味しい。  最後のスイカは普通でした。


うなぎの巻き寿司


うなぎの巻き寿司アップ


スイカ

 予想以上に料理が美味しくて重役もT君も大満足。 腹パンでタクシーでホテルに戻り、シャワーを浴びて早々に寝ました!

2012年7月16日 (月)

2次会@ロジネコ食堂

 オクトーバーフェストの会場から河岸を変えて、東区にあるお店に初めて行きました。 ワインと日本酒そして大皿料理のお店だそうです。


ロジネコ食堂


オリジナルの日本酒ラベル

 今回は仕事でオクトーバーフェストに間に合わなかった友人も合流でき、みなでわいわいがやがやワインと日本酒で飲んだり食べたり。 お料理はこちらに何度も来た事のある友人達にお任せで頼んでもらいました。


お通し


トマトスライス パルミジャーノがけ


枝豆の塩茹で


自家製スモークの盛り合わせ


濃厚寄せ豆腐


ブルゴーニュ・パス・トゥ・グラン・キュヴェ・タガミ 2009


やわふわだし巻き玉子


豚バラ肉の蕗巻き わさび炙り


穴子のコンフィ


恵那鶏のだし塩焼き おろしポン酢


たっぷり野菜のトマト煮

 〆は友人Aさんお勧めのうどん、とSさんお勧めのねこまんま。 どちらも(゚Д゚ )ウマー


手延べ細うどん(かけ)


手延べ細うどん(ころ)


ロジネコまんま

 お昼から飲んだり食べたりで腹パンになりながらゆかいな時を過ごすことが出来ました。 皆さんありがとやんした♪

オクトーバーフェスト@名古屋

 今年2回目のオクトーバーフェスト名古屋に行きました。 昨年より規模が大きくなって新しいブルワリーも増えました。  まずは僕が大好きなミュンヘン空港にあるエアーブロイが出展していました。


エアーブロイ


ヴァイス

 そして、こちらはミュンヘンではありませんが僕が好きなバーデンヴュルテンベルク州シグマリンゲンにあるツォラーホフが出展していました。 (店名はなぜか英語読みでゾラホフになってました。)


ツォラーホフ

 こちらもヴァイスを頼んだのですが、なぜかストレートのジョッキで色も泡立ちも全然現地のものと違います。 非常に残念!


ヴァイス

 お次は定番ホフブロイハウスのヴァイスとソーセージ盛り合わせを食べました。


ヴァイスとソーセージ


ソーセージのアップ

 三連休最後の日とあって結構な来場者で賑わっています。 東海テレビも取材に来ていました。


東海テレビアナウンサー 浦口史帆   


盛り上がるテント会場

 その次はビットブルガーを飲みました。 ドイツでも見たことがない大型のグラスで供されます。


ビットブルガー


他のジョッキやグラスが小さく見えます。

 友人達とわいわいがやがや楽しい時間を過ごすことが出来ました。 そしてこの後2次会へ移動です。 (つづく)

飲茶@上海包湯小館

 今日はオクトーバーフェスト名古屋に行く前の小腹を満たすために、矢場町にある点心のお店で軽くお昼を食べる事にしました。

 点心(てんしん)とは、焼売や餃子など中国で小腹が空いた時に食べる軽食の事で、香港あたりで中国茶を飲みながら点心を食べる習慣を飲茶(やむちゃ)と言います。  点心にはプーアル茶が良く合います。

 取りあえず生ビールと点心の盛り合わせを頂きました。  盛り合わせは、肉焼売、野菜の蒸し餃子、エビ蒸し餃子、フカヒレ蒸し餃子が1個ずつ、そして小籠包が3個です。  


点心盛り合わせ

 当店自慢の小籠包は熱々のスープが入ってなかなか美味しいです。 フカヒレ蒸し餃子も割と良かったです。 続いて上海蟹味噌小籠包、エビ餃子、そしてわたり蟹の内子が入った特製蟹醤の青菜炒めを頂きました。


特製蟹醤の青菜炒め


上海蟹味噌小籠湯包


エビ焼売

 小籠包に代表される、スープ入り点心の湯包(たんぱお)が自慢のお店だけあって、蟹味噌小籠包もいけます。 エビ餃子も悪くないですがエビが硬くて味気ないです。 青菜はまぁまぁでした。 

 〆に麺類を食べたかったですが、オクトーバーフェストが控えていたので我慢して退店しました。 ごちそうさまでした。

関連ランキング:飲茶・点心 | 矢場町駅上前津駅栄駅(名古屋)



2012年7月15日 (日)

長野への家族旅行2日目

 山荘で午前5時前に起床しましたが、昨夜から屋根を叩く大雨でやむ気配はありません。 安曇野の気球体験は絶望的ですが、何とかお袋の願いをかなえてやりたいので一縷の望みを抱いて、車で安曇野に向けて高速を走りました。 

 高速で安曇野に近づく程雨が強くなりましたが、高速を降りたところで雨が小降りになりました。 取りあえず気球の場所まで行く前に近くのファミレスで朝食を食べました。


モーニング

 気球の上がる場所へ車を走らせると今にも降り出しそうな雨模様ですが、気球が上がっているのが見えました!   一同大喜びで気球に搭乗する事が出来ました。


安曇野汽船の係留気球


気球が上がる様子


空気をバーナーで暖めて上昇します


そらから見える安曇野の町

 お袋も念願が叶って良かったと喜んでおり、今回の最大の目的が果たせたので安堵しました。 気球の後はほど近い場所にあるわさび農園に行きました。


大王わさび農園

 入口には大小様々な生わさびが売られています。 そこを抜けて進むと目の前に広大なわさびの農園が広がります。


生わさびの販売


わさび農園


水車小屋

 思っていたより大きい農園の敷地を景色を楽しみながら散歩しました。 途中で売店があり、めずらしいわさびのソフトクリームを食べました。

   
   
農園の風景


売店


わさびソフトクリーム

 その後入口そばの売店でお袋やヨメが土産を買いあさっているあいだ、近くにある売店でわさびコロッケやわさびチーズかまぼこを食べました。


売店


わさび入りのスナック


わさびコロッケ


わさびチーズかまぼこ

 わさび農園を後にして高速をひた走り、ソースかつ丼をお昼に食べたいと言うお袋の要望により駒ヶ根市にやってきました。 歯が悪い親父はおそばが食べたいと言うので、市内でおそばとソースかつ丼の両方を出すお店に入りました。


福寿美手打ちそば


店内

  お袋と息子と僕がソースかつ丼、そして親父とヨメがざるそば、娘がもりそばを頼みました。 

 まず、最初にソースかつ丼が来ました。 ミニサラダ、ミニ冷奴、みそ汁、漬物がついています。  とんかつを一口かじるとサクッとキメの細かなパン粉の衣が歯切れ、ソースダレと一緒に割と軟らかな信州豚のお肉が口の中に。 

 ソースダレは結構甘みが強いですが、丼のご飯と千切りキャベツにかかっているソースは甘みがあまり無い為、食べ進むとバランスが取れて美味しいです。  


ソースかつ丼


かつのアップ

 続いてざるそばが登場です。 そば粉9割で打たれたそばは黒みが強く、見るからにいかにも田舎そばです。  

 そばつゆは、割と辛口で、少しつけてそばを食べてみると割とぼそっとした感じで、あまりそばの香りはしませんが、食べ進むにつれて口中には確かにそばの味わいが広がります。


ざるそば


ざるそばのアップ

 お腹も満腹になったので、再び高速に乗り名古屋へ戻りました。 とても楽しい家族旅行はこれで終了です。

2012年7月14日 (土)

長野への家族旅行1日目

 一度熱気球に乗ってみたいと言うお袋の願いを叶える為に、うちの家族と両親で熱気球に乗れる安曇野まで車で行くことにしました。 

 熱気球が乗れるのは早朝の短い時間だけなので、途中長野の御嶽山にある山荘で一泊する事にしました。

 名古屋から高速で中津川経由国道を北上して途中木曽川の花崗岩が浸食されて出来た観光スポットの寝覚めの床で休憩しました。




寝覚めの床

 寝覚めの床にはドライブインがあり、長野名物のおやつが売っていたので、皆で食べてみることにしました。 五平餅といももちを一つずつ買いました。


売店


いももち


五平餅

 休憩してから再び国道を北上して、お昼頃に開田高原に到着しました。 お昼は目星を付けておいた開田高原の中にあるあいばし亭で食べる事にしました。


あいばし亭が入っている地元特産品を販売する彩菜館


あいばし亭入口

 この日は天気が良かったので、高原の緑が見えるテラス席で食べることにしました。 1200円の日替わりランチがオススメみたいですが、いろいろ少しずつ食べるために皆で何品か頼み味見をしました。


ランチのサラダとオードブル


ランチのメイン(チキン)


コーンスープ


オムライス


ざるそば


天然いわな丼


生ハム


ランチのデザート

 
 どれも地元の食材を使って調理されており、なかなか美味しいですが、いわな丼は少し生臭かったです。 

 ランチ後は近くにある山荘に入り、夜は持ち込んだ食材で焼肉バーベキューをしました。


バーベキュー


トルコのワイン

 バーベキューの終わりがけに激しい雨が降り出して来ました。 明日は晴れるといいんですが、心配です… (つづく)

2012年7月13日 (金)

京都出張2日目

 京都2日目の朝はゆっくり目のスタートです。 梅ちゃん先生を見てからホテルすぐ裏にある有名な日本茶サロンに朝食を食べに行きました。


伊右衛門サロン

 このお店は伊右衛門を販売するサントリーがプロデュースする、京都の町屋を現代風にアレンジしたカフェです。 お茶やお茶をベースとした飲み物を飲みながら、食事やおやつが楽しめる空間となっています。


店内


中庭

 僕が入店したのは開店時間直後なのでお客さんも2組程しか入っておらず、サロン奥にある禁煙席の4人がけテーブルに着席しました。

 開店時間の8時から11時までのモーニング時間は、次の朝ご飯を頂く事が出来ます。 今回僕が選らんだのはIYEMONの朝ご飯です。 内容は大釜で炊いた会津ブランド米のご飯、みそ汁、オーブン焼魚、きんぴらと湯葉の小鉢です。


IYEMONの朝ご飯


焼き魚のアップ

 ご飯は期待した程ではありませんが普通に美味しいかったです。 オーブン焼きの魚は脂が乗ったカレイで、やや甘めの味噌ベースの味付けです。 悪くないですが、僕にはちょっと甘さが強め。 胡麻酢味の湯葉は美味しかったです。 お味噌汁は田舎者の僕には気持ち薄かったです。

 朝食を済ませて昨日の会議場へ再び向かい午前中もセミナーです。 昨日より参加者が若干減っています。


セミナー2日目

 お昼は一年前に入って焼きそばが美味しそうだった食堂に入り、焼きそばを注文しました。


焼きそば


焼きそばのアップ

 とっても美味しそうに見える焼きそばは、盛りが良くてキャベツがたくさん入っていて丼ご飯とみそ汁、漬物が付いています。 焼きそばは少し油っぽく、味付けもご飯のおかず向けなのかやや濃い目になっています。 ごくごく普通の味でした。

 食後セミナー会場で再びセミナーを聴講して、夕方の新幹線で名古屋へ戻りました。


名古屋行きののぞみ

 新幹線のエキナカ売店で昨年抹茶アイスがなかなか美味しかったちべたのアイスクリームを買いました。 今回はひやしあめって味にしました。


ひやしあめのアイスクリーム

 ひやしあめって、勝手に水飴みたいなもんだと思って蓋を開けてみたら、何やら茶色くてびっくり。  食べてみると苦手なシナモン(ニッキ)風味で、生姜の香りまでします。 超苦手


ひやしあめのアイスクリーム

 後で調べてみると、ひやしあめって京都を中心とした関西で比較的ポピュラーな昔ながらの飲み物なんですね。 知りませんでした。 二度と買いません… ってな訳で京都1泊2日の出張はこれで終わりです。

2012年7月12日 (木)

京都出張1日目

 本日はある会合に参加のため国内出張です。 朝ご飯を名古屋駅新幹線下りホームにあるきしめんのお店で頂きました。


JR名古屋駅・新幹線下りホーム店 住よし


かき揚げ玉子入りきしめん

 サクッと朝食を済ませて、すぐ来た新幹線に飛び乗って京都へ向かいました。


のぞみ

 向かったのは某大学別館の会議室です。 こちらで今日明日とセミナーに参加します。

続きを読む "京都出張1日目" »

2012年7月11日 (水)

すき焼き@木曽路

 ドイツ人シャチョーさんと夕食2日目。 本日はいつもの木曽路に行きましたが、いつものしゃぶしゃぶではなく、たまにはすき焼きでもと言う事ですき焼きのコースにしました。 まずはコースの先付やお造りなどが出てきました。


蟹とキュウリのカルカン寄せ


茗荷豆腐、ずんだ団子、トマトゼリー、うなぎすし、ゴマ団子


タイとマグロの刺身

 ドイツ人シャチョーさん、日本通の筈なのにすき焼きは初めてみたいで、興味津々に仲居さんが調理する様子をみています。


すき焼きのお肉

 出来上がったお肉を卵白が嫌いな僕は卵黄のみに付けて食べます。 ドイツ人シャチョーさんは生卵は拒否です。(笑)  一口食べてみて皆一同(゚Д゚)ウマー
ここのすき焼き美味しいわ!


玉子に付けて


野菜


野菜を焼きます

 すき焼きが終わりかけの頃、口直しのトマトサラダでお口の中をさっぱりさせます。


トマトサラダ

 続いて白米が十六穀米か選べるご飯。 僕はヘルシーに十六穀米にしました。


十六穀米

 ご飯の後で稲庭うどんが出てきたので、ドイツ人シャチョーさんはビックリ! 日本人はどんだけ炭水化物好きだーっ!て感じです。


稲庭うどん

 〆はアイスクリームではなく、わらびもちにしました。 もちっとしてなかなか美味しい♪


わらびもち

 僕も初めてこちらですき焼きを食べましたが、結構美味しくて驚きました。 次回またすき焼きを食べたいです。 ごちそうさまでした。

関連ランキング:しゃぶしゃぶ | 栄駅(名古屋)伏見駅栄町駅


2012年7月10日 (火)

焼肉@松庵

 今日は久しぶりにドイツ人シャチョーさんが来日したので、滞在先ホテル近くにあるいつもの焼肉屋さんに行きました。 料理は一人8千円のお任せコースです。
 まずナムルとキムチの盛り合わせ、サラダ、焼肉3種盛りが出てきました。 コースを予約するにあたり、内臓系は外して欲しいとお願いしたのにミノが出てきましたが、薄切りで食べやすいので良しとしました。


キムチとナムルの盛り合わせ


韓国のりサラダ


和牛短冊タン、純系名古屋コーチン、薄切り塩ミノ

 続いてぶつ切りにした大ぶりのエビ、焼き野菜がでました。


ぶつ切り大エビ


焼き野菜の盛り合わせ

 それから薄切りにした和牛炙りサーロインが出ました。 さっと軽く炙って食べます。


和牛炙りサーロイン

 サーロインの後は美味しい部位が4種類盛り合わせです。 どれも肉厚で(゚Д゚)ウマー


上ロース、和牛カイノミ、和牛三角、特選ハラミ

 それからなぜかホルモンの盛り合わせが出ました。 予約時に内臓系は外すようにとクレームしたところ、慌てて中落ちロース、中落ちカルビ、そしてハラミが来ました。 ハラミも内臓(横隔膜)ですが、軟らかいので良しとしました。


中落ちロース、中落ち下駄カルビ、ハラミ

 最後は冷麺で〆めました。 デザートは皆腹パンで誰一人として注文しませんでした。


冷麺

 いつも安定して美味しい焼肉が食べられる良いお店です。 ごちそうさまでした。

関連ランキング:焼肉 | 伏見駅丸の内駅国際センター駅

2012年7月 9日 (月)

桜えびのかき揚げそば@鐘庵

 今日は同僚が最近はまっているというおそば屋さんへ会社帰りに連れて行ってもらいました。  場所は名古屋と岐阜を結ぶ名岐バイパス沿いです。


鐘庵 名岐バイパス春日店
 

店内

 このお店の名前は、今まで耳にした事がありませんが、どうやら静岡発祥のうどん・そばのお店らしくて、桜エビのかき揚げが自慢の様です。 

 今回は夜限定の桜エビ、そば、静岡おでん、ご飯のセットに温泉玉子を追加しました。


メニュー


桜エビ、そば、静岡おでん、ごはんのセット

 おそばは麺自体は大した事ありませんが、つゆは少し甘みがありダシの聞いたなかなか好みの味です。 桜エビのかき揚げもサクサクと軽く揚がっていて美味しいです。 静岡おでんも良いツユの染み具合で良かったです。


そばのアップ


桜エビかき揚げのアップ

 サクッと麺類が食べたい時にお勧め出来るお店です。 他にも牛丼や海鮮丼などがありましたのでまたこの辺を通りかかったら立ち寄りたいと思います。 ごちそうさまでした。

2012年7月 6日 (金)

滋賀プチグルメツアー

 本日は友人のまーくんが、滋賀で美味しい割烹のお店を見つけたので是非一緒に行って評価して欲しいと誘ってくれましたので行ってきました。 琵琶湖に面した大津市は浜大津駅から少し行った所です。


割烹 ゆう介

 入口の暖簾をくぐりお店へ入ると、中はやや手狭で左側に調理場に対面するカウンター、右に個室があります。


店内カウンター

 カウンターに着席して、本日はまーくんがお予約していてくれたお昼の定食を頂きました。


ランチ限定 ゆう介定食

 ランチの定食は、小鉢、造り、焼物、揚物、煮物にご飯とみそ汁がついて2000円と結構お値打ちです。 


もずく


だし巻き玉子と小アユ塩焼き


お造り


ナスの味噌がけ

 煮物は少し甘めの味付けです。 お造りは新鮮で、だし焼き、小アユ塩焼きは美味しく頂きました。 ただ今回ご飯の炊きあがりがちょっと不満でした。

 そしてゆう介の後は、まーくんが食べログで発見した評判のケーキ店へ行きました。 何でも食べログで滋賀ナンバーワンのお店だそうです。


W.ボレロ

 こちらのお店のスペシャリテは、アイアシェッケと言うチーズケーキだという事で、アイアシェッケと、店名を冠するシュークリームのシュー・ア・ラ・モード・ボレロをエスプレッソと一緒に頂きました。


アイアシェッケとシュークリーム


ケーキのアップ

 ケーキはどちらもなかなか美味しいですが、感動を覚える程ではなかったです。 その後まーくんと岐阜へ戻り、まーくんが最近はまっていると言うちょっと変わったカフェに行きました。


MAPカフェ ドバイ

 店内はちょっとキッチュな感じですが、エスプレッソは本格的でなかなか美味しかったです♪


エスプレッソ

 この後まーくんにJR岐阜駅まで送ってもらい、名古屋駅経由で自宅へ帰りました。 これにて滋賀プチグルメツアーは終了しました。

2012年7月 5日 (木)

焼鳥@一文銭

 今日は娘が我家に帰って来たので、焼鳥で一杯やりにお気に入りの焼鳥のお店にいきました。 地元の人気店なので平日の夜でも満員で、予約必須です。

 ビールを飲みながら、せせり、レバ刺し、豚ねぎま、うずら卵醤油漬け、ぼんじり、つくね、ししとうなどを頼みました。


せせり


レバ刺し

 レバ刺しはデフォルトではごま油と塩ですが、いつもワサビ醤油でお願いしています。 脂がのって
いて(゚Д゚ )ウマー


豚ねぎまとうずら卵

続きを読む "焼鳥@一文銭" »

2012年7月 3日 (火)

天せいろ@千種豊月

 今日は、会社帰りに娘を車で拾って送って行く途中、娘の家の近くにあるおそば屋さんで夕食を食べることにしました。
 

千種豊月

 こちらのお店は厚さが5~6センチもある大きなかき揚げで有名なお店です。 今回もかき揚げとおそばが一緒になった天せいろを頂きました。 


天せいろ

 こちらのおそばは、北海道のそば粉を石臼で挽き、つなぎに山芋を使用した更科系のおそばです。 昔はあまり美味しいと思いませんでしたが、最近は歳のせいなのかこういったおそばも美味しく感じる様になりました。


おそばのアップ

 かき揚げには大きく切られた活車エビ、モンゴウイカ、椎茸がたくさん入っていて食べ応え十分です。 イカは若干火が通り過ぎている感じで少々硬いですが。


かき揚げのアップ

 娘もこちらの天せいろに満足したようで、とても喜んでいました。 ごちそうさまでした。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 今池駅車道駅千種駅



« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31