無料ブログはココログ

« 世界一周13日目 ~ドイツでインド料理~ | トップページ | 世界一周15日目 ~メルセデスベンツ博物館見学~ »

2012年11月17日 (土)

世界一周14日目 ~世界で一番狭い通り~

 本日は客先での業務が午前中で終了したので、お昼はO君、ハンガリー技師のヨゼフと3人で隣町のロイトリンゲンにある中華レストランへ行きました。


Asia Restaurant Sky Palace (天旺酒家)


店内

 注文したのは北京スープ、豚肉と野菜の炒め、鶏肉焼きそば、豚肉チャーハンです。 豚肉と野菜炒めはちょっと味が濃かったですが、チャーハンも焼きそばのなかなか美味しくて満足しました。


北京スープ(酸辣湯)


豚肉炒飯


鶏肉焼きそば


豚肉野菜炒め

 食後ロイトリンゲン市内を少し観光する事に。 まず街のシンボルであるマリエン教会を眺めてから、ネットで知ったギネスブックにも載ったと言う「世界一狭い通り」へ行きました。


マリエン教会 (Marienkirche)


「世界一狭い通り」の記し Engste Strasse der Welt


無理くり通るヨゼフ

 その後ロイトリンゲンの旧市街をぶらぶらしてヨゼフの車でホテルへ送ってもらいました。

   
   
ロイトリンゲンの旧市街

 ヨゼフと分かれたので、夜はO君と二人でホテルから歩いていけるドイツ料理のお店へ夕食を食べに行きました。


Gasthof Südbahnhof


店内

 クリスマスの特別醸造と言うビールを飲みながら、僕はカボチャのスープ、O君はパンケーキのスープ。 


クリスマスビール


カボチャのスープ


パンケーキスープ


付け合わせのサラダ

 メインは僕が「レー」とメニューに書かれていたので、店員に聞いてみると英語ではわからないが、バンビみたいな野生の動物だというから「ヒルシュ」かと聞いたら、そんな感じと言うことなので鹿の一種だと思い、レーのウィーン風シュニッツェルを注文しました。 

 そしてO君は折角ドイツにきたからソーセージが食べたいとブラットヴルストヘェン(ソーセージ)を注文しました。


「レー」のシュニッツェル


シュニッツェルのアップ


ブラットヴルストヘェン


パン

 レーのシュニッツェルは鯨肉みたいな若干野性味は有るけれど、臭みもなくあっさりと美味しく頂けました。 ソーセージはシュワブ地方独特のすり身見たいなソーセージです。 ちなみに後でレーを調べたらノロジカと言う小型のシカでした。

 そして食後のデザートは、バニラアイスクリームを頂きました。


アイスクリーム

 食事が終わりホテルに9時頃戻り、適当に休みました。

« 世界一周13日目 ~ドイツでインド料理~ | トップページ | 世界一周15日目 ~メルセデスベンツ博物館見学~ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

ドイツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界一周14日目 ~世界で一番狭い通り~:

« 世界一周13日目 ~ドイツでインド料理~ | トップページ | 世界一周15日目 ~メルセデスベンツ博物館見学~ »

最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31