無料ブログはココログ

« 海外出張15日目 ~エルチェでの休日~ | トップページ | 海外出張17日目 ~本場バレンシアでパエリアを食す~ »

2013年2月10日 (日)

海外出張16日目 ~エルチェの日曜日~

 本日も日曜日で仕事はお休み。 午前中はホテルでのんびりして、11時にホテルへ迎えに来てくれたセルヒオ家族と5人でエルチェ市内の観光へ行きました。。

 まずはちょっとした資料館にもなっているバジリカ(聖母教会堂)へ。 このバジリカの建造が始まったのが1672年、完成が1784年でバロック、ロココなど多様な建築様式が取り入れられた建物です。


バジリカ (Basílica Menor de Santa María)


 まず裏手の資料館みたいな所に入ると真っ先に目に入るのが聖母マリアの人形で、これはその昔地中海を小舟に乗ってこの人形が漂っているのを村人が発見してから、聖母マリアの昇天の象徴として大事に祭られているそうです。


マリア像

 資料館を見学した後は表側に回りミサ中のチャペルをさっと見学してから、物見塔へ昇りました。 結構細くて長い螺旋階段で息が上がります。 上からみるエルチェははるか向こうの地中海、山そして椰子の森。


チャペル


塔からの眺め

 バジリカを見終わってから、通りを渡った向こう側にあるアルタミーラ宮殿とつながっているMAHE(歴史資料博物館)を見学しに行きました。。 


MAHE


博物館内部

 博物館を回った後、どこかで休憩しようと歩いていると、「ブニュエロ」(Buñuelo)と書かれた屋台が目に入りました。 何かと思ってセルヒオに聞いたら、チュロスとそのブニュエロを製造販売しているお店だとのこと。


チュロスとブニュエロのお店


ブニュエロを揚げてます

 僕が興味津々だったのをみて、セルヒオが一つブニュエロを買ってくれました… 食べてみると塩のきいた小麦粉がオリーブオイルベースの油で揚げられていて、もちっとした歯切れる素材の塩気と上からまぶされた砂糖の甘みが良いハーモニー。 ドーナッツより軽くていいかも。


ブニュエロ

そして近くのアイリッシュパブで一杯パウラナーを飲んで休憩してから、世界遺産であるエルチェの椰子園へ行く事になりました。


Jackson Irish Pub


ウェルト・デ・クラ (Huerto del Cura)

 この公園は椰子の木をはじめとしていろいろな樹木がある森林みたいな公園で、目玉はインペリアル・パーム(Palmera Imperial)という地面からでた1本の幹が7本に枝分かれした巨木です。


池と樹木


インペリアル・パーム

 その後ホテル近くのシーフードレストランでお昼ご飯。 カツオの塩漬けとトマトの盛り合わせから始まり、各種タパスを楽しみ最後はスペイン風カニのリゾット。 デザートは3種類を分けて食べました。 クレープ、フリートデレチェ、後名前忘れましたがフレンチトーストみたいなやつ。





カツオの塩漬け






地場の白ワイン


チストーラ、ブルーチーズとポテト




ムール貝






カニのリゾット(Arroz Caldoso de Necoras)




クレープ


フリートデレーチェ


アイス

 食後楽しく過ごしたセルヒオ一家と別れ夕方ホテルに戻り、本日も夜までのんびりして腹パンなので晩飯を抜いて早々に就寝しました。

« 海外出張15日目 ~エルチェでの休日~ | トップページ | 海外出張17日目 ~本場バレンシアでパエリアを食す~ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

スペイン(バルセロナ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193417/58646279

この記事へのトラックバック一覧です: 海外出張16日目 ~エルチェの日曜日~:

« 海外出張15日目 ~エルチェでの休日~ | トップページ | 海外出張17日目 ~本場バレンシアでパエリアを食す~ »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31