無料ブログはココログ

スロバキア

2007年11月24日 (土)

ブラチスラバ~ウィーン列車の旅

今回スロバキアの首都ブラチスラバからオーストリアのウィーンまで列車で移動しました。

列車はブラチスラバ中央駅(Bratislava Hlvana Stancia)からウィーン南駅(Wien Sudbahnhof)を約1時間で結んでいます。    料金は二等車で287SKK(≒1400円)です。

ブラチスラバ中央駅正面
P1040164

ブラチスラバ中央駅前
P1040165

ブラチスラバ駅構内
P1040166

9時発のウィーン行き列車
P1040168

P1040169

最初"QBB"ってどっかのチーズ会社の名前みたいだなぁと思ったけど、後で調べたら"ÖBB"だった。(^_^;)

P1040170

P1040171

座席は自由席。 ヨーロッパ的でオシャレな座席だけど車内はやや狭い。 車内にはトイレもあります。

P1040172

時間になるとアナウンスもなく動き出します。  もちろん駅弁売りも来ません。笑

P1040173

P1040174

P1040175

P1040176

 たいした景色もないので、D-snapで音楽を聴いていたら知らない間にオーストリア領内に。 スロバキアはシェンゲン加盟前だけど、車内でパスポートコントロールも何にもない。

P1040178

オーストリア南駅構内
P1040180 

 

  わりと快適な列車の旅でした♪

2007年11月23日 (金)

すし@ブラチスラバ

 今日お昼にクリスマスマーケットで食べたソーセージが胃にもたれたので、夜は和食が食べたくなり旧市街にある「寿司バー 東京」へ繰り出しました。  旧市街は夜はライトアップされ、昼間にもましてにぎわっています。

 ブラチスラバの日本食レストランについてはネットでいろいろ調べましたが全くと言っていいほど日本人のレポートが検索されないので、地雷を踏む覚悟で行ってきました。 場所は旧市街のPanskaからStrakovaに入った所です。

 店内は店員を含めて全く日本人がいません。 メニューの雰囲気からタイ人が経営しているのかと思いました。 だってデザートが全部タイのデザート。 テーブル席のみでカウンターはございません。

 まず、地場のビールを一杯。 "SARIS"ビール、55SK(約280エン)。

 日頃の野菜不足を補うために、ミックスサラダを注文。 69SK(約350エン)。 レタスメインでキュウリ、ニンジン、トマト、コーン、グリーンピースが入っている。  味は生ニンニクが入った醤油ベースのドレッシング。 新鮮で美味しい。

 そして本日のメンエベントである寿司セットスペシャル。 599SK(約3000エン)。

 ネタ自体は海外にしてはそれ程悪くないけれど、シャリが全然だめ。 まるでオハギかオギヤハギを食べているみたい。 海苔も昔の複写用カーボン紙を食べているかの如し。(笑)

 まあ、日本を離れて長くてお寿司がどうしても食べたい人以外にはあまりお勧めできませんね、このお店。

SUSHI BAR TOKYO
Panska 27
81101 Bratislava
Tel: 02 5443 4982

2007年11月22日 (木)

チェコ・スロバキアどさまわり

11月18日(日)にデュッセルドルフから飛行機に乗ってプラハに入りました。 翌週はプラハから車で隣国スロバキアのお客さんを巡回する予定です。

Slovakia_2

 19日(月)はスロバキアに乗っていく取引先社長の車が故障し、緊急修理と言う事で一日フリーでしたが、体調不良で一日ホテルの部屋で休養し、翌日20日からスロバキアへ移動しました。 最初に着いたたのがブルノ近くのスロバキア国境沿いにあるクロメリジュという町。 ここでお客様を訪問してお昼を一緒に食べました。 ここでメイン食べたのが後で分かったのですが、スロバキア名物の「ハルシキ」(halsuky)という料理でした。

◇スロバキア名物「ハルシキ」
P1040012

 メニューには「ニョッキ」と書かれていたので、イタリア料理のニョッキを想像していたのですが、ニョッキににた小麦パスタと羊チーズとベーコンで作られたとってもヘビーな料理。(^_^;  実は、前菜にチーズがあったので、それも食べた後だったのです。

P1040007

 さて、お昼を食べてから車でさらに移動して夕方近くにスロバキア国境沿いの「プホフ」と言う町に着きました。 ここに取引先の事務所があるので、そこを訪問した後近くの小さな町のホテルに宿泊して夕食を食べました。 食べたのは名物ガーリックスープとジビエの鹿肉ステーキ。 鹿肉は硬くてソースがしょっぱかった。(^_^;) 

P1040024

P1040026

翌日には雪のうっすら残るホテルを後にして移動を続けました。

P1040028

P1040029 

国境沿いの町ジリナを経由してから南下。 道沿いの断崖の上にあるお城御廃墟など見つつ、途中でお昼。 お昼は国道沿いの名もない様なレストランで「キャベツのスープ」と「鴨肉のオレンジ風味、ライス添え」。

P1040034

P1040035

P1040036

 キャベツのスープはとっても美味しかったけど、鴨肉は鴨くさい上に鴨の脂が皿に大量にたまっていて脂っぽくてダメでした。(>_<)

 そして午後にはズヴォーレンという町に着き、客先を訪問した後この日はここで宿泊です。 ホテルは"Polana"という一見よさげな建物。 でも、部屋は古くて寒くて最悪。(*_*)

P1040044

 夕食はホテルのレストランで。 タダで出された前菜は結構いける。 昼も夜も飲んだ「ガーリックスープ」も美味しい。 お肉を食傷気味で頼んだ「スパゲティアーリオオーリオ」は冷めてたけど、割と美味しかった。

P1040041 P1040042 P1040043

 翌日はニトラの町とドゥナスカ・ストレダの町を通ってお客さん回り。 お昼もお客さんの招待で"Villa Rosa"というレストランで食事。 「フレンチオニオンスープ」と「うさぎ肉」を。

P1040051 P1040052

 「フレンチオニオンスープ」は上品なお味で美味しい。 「うさぎ肉」も鶏肉みたいで美味しいけど、グリル、フライ、シュニッツェルと三位一体のボリュームは多すぎ! で、そんなこんなで夕方には首都ブラチスラバに入りました。 ここが今回のチェコ・スロバキアのどさ回りの終点です。 

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30