無料ブログはココログ

イギリス(ブリストル)

2008年6月30日 (月)

ブリストル大学@ブリストル

 今回ブリストルを訪問したのは、ブリストル大学に用事があったからです。 とある教授との面談が無事終了し教授と助手と大学近くにあるブラッセリーにお昼を食べに行きました。

ブリストル大学

ブラッセリー

店内

 何にするか迷いましたがイギリスに来ているのでフィッシュ・アンド・チップにする事にしました。 メニューによると材料のタラもイギリス産らしいですし…

フィッシュ・アンド・チップス

 食後に助手の方にブリストルの街を案内してもらいました。 今では学生の街として栄えているブリストルも非常に歴史があり古くは奴隷貿易で栄えたそうです。

大学校舎

カテドラル教会

マリオットホテルとエリザベス女王銅像

中心街

あるビルのアート

 助手の方に小一時間中心部を案内してもらった後、お別れして次の目的地への飛行機が出ているバーミンガムへ移動しました。 途中例の吊り橋に寄りました。 約150年前に作られた素晴らしい橋です。 

吊り橋

橋の袂

橋からの眺め

 橋を見学した後はバーミンガムに向けて2時間程車で移動し、空港近くのホテルに宿泊しました。 空港のホテルなので回りになにもなく、ルームサービスでギネスビールとチキン・カレー(コルマ)を食べました。

ギネス

チキン・コルマ

 ここのカレーはすっごく美味しいです♪。 今度これだけを食べに来てもいいぐらいです。(笑) 疲れたので早々に寝ました。 オヤスミナサイ。

2008年6月29日 (日)

インド料理@ブリストル

 短かったリスボンの滞在に別れを告げ、TAP航空で次の目的地へ向かいました。 まず初めは乗り継ぎのフランクフルトです。

TAP航空搭乗

リスボンの街

 お昼に着いたフランクフルト空港のラウンジで腹ごしらえです。 野菜中心でヘルシーランチです♪

タダ飯

 そして別のルフトハンザ便で再び機上の人となり次の目的地であるイギリスのブリストルに向かいました。

LH便(eurowings)

  リスボンを出たのが朝の8時過ぎで、ブリストルに着いたら夕方の5時過ぎです。 空港がなぜか停電していて真っ暗な中でパスポート審査をしました。 タクシーに乗ってホテルに向かう中、ブリストル名所の吊り橋が見えます。

吊り橋

 ホテルにチェックインしてお腹が空いたので、街に出かけました。 しばらく辛いものを食べていないので、インド料理でも行こうと適当に歩いていたらありました、「テイスト・オブ・インディア」

Taste of India Restaurant

 店に入ると穴蔵みたいです。 愛想の悪いインド人の店員が応対してくれました。 インドビールとつまみにチキンティカとレシミケバブを頼みました。

怪しい店内

キングフィッシャー生(1パイント)@£2.95

 最初にオムレツが出てきたので、「頼んでないよ!」と言ったらレシミケバブでした。 なぜ卵焼きの下敷きになっているかは謎です。

オムレツ風レシミケバブ@£2.50

下にケバブ

 次にチキンティカが来ました。 タンドリーは無いみたいですが、それなりに上手く焼いてます。

チキンティカ@£2.50

 それから頼んだメインのカレーは「プローン・チリ・マサラ」。 変な金属鍋に入って出てきました。 ライスは軽くて雪を食べているみたいです。

Prawn Chilli Masala@£5.45

ライス国務長官@£1.60

 まあ期待した程ではありませんでしたが、一応満足致しました。 でも店員の愛想の悪さには驚きました(^◇^;)

Taste of India Restaurant
1 Upper Byron Place, Clifton
Bristol BS8 1JY
Tel: 0117 930 0170

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30