無料ブログはココログ

イタリア

2013年6月21日 (金)

海外出張16日目 ~ヴァルドビアーデネからモスクワへ~

 今朝の朝食はホテルでジャム入りのクロワッサンとハムとサラミを。 イタリアのサラミは激うまでどんだけでも食べられる!


朝食

 ホテルを8時半にチェックアウトして、取引先の個展に参加。 お昼は個展で出された軽食をプロセッコと一緒に頂きました。  ロールサンドイッチのパンは日本の食パンみたいにやわらかでふんわりしていてヨーロッパで初めて見ました。


ロールサンド


ホットサンド


いわゆるサンドイッチ


プロセッコ


スナックパン

 午後2時半に皆に別れを告げて取引先スタッフの車でヴェニス空港へ行き、午後4時55分発のAir Dolomiti 8205便にてミュンヘンへ向かいました。 機内食は珍しくアイスクリームコーンが出た。 美味しかった。 こういうのいいな


ヴェニス空港


ミュンヘン行きの飛行機


機内食のアイス

 ミュンヘン空港ではヴァイスヴルストが食べたかったので、ターミナル内のダルマイヤーに行ってヴァイスビアとヴァイスヴルストを食べました。 


ヴァイスビアとヴァイスブルスト

 ヴァイスビアはホーフブロイハウスのビールでした。 ヴァイスヴルストはちょっと塩気が強めだけど、ぷりぷりで美味しかったです。  


ヴァイスブルストのアップ

 その後、ミュンヘン空港内で醸造しているビールを飲みにエアーブロイへ行ってヴァイスビアを頼んだらアルディンガーのヴァイスが来ました。 後で聞いたら現在ビール醸造タンクを交換しているので、自家醸造ビールは当面休止しているとの事で、残念…orz  


エアーブロイ(Airbroau)


Erdinger Weissbear

 その後セネターラウンジで時間を潰していると、キムタクの宣伝するカップヌードルの広告があったので頼んでみたら、辛ラーメンみたいなカップヌードルが来ました… 


セネターラウンジ


カップヌードル


ドイツ版カップヌードル


カップヌードルのアップ

 その後、21:35発のモスクワ行きLH2530便に搭乗しようとゲートに行ったら、30分遅れなので一旦ラウンジに戻りました。 結局1時間半ぐらい遅れた23:05に出発が遅れたので、仮眠室でうとうとしてから搭乗しました。


モスクワ行きLH2530

2013年6月20日 (木)

海外出張15日目 ~ヴァルドビアーデネの一日~

 今朝は10時にクラウディオ社長が迎えに来てくれて、クラウディオ社長の会社で打ち合わせ。 打合せが終了後、クラウディオ社長まずがアペリティーボを飲んでから美味しいピッツァを食べに行こうとランチに誘ってくれました。 まず行ったのがヴァルドビアーデネの中心広場にあるBar Alpino。 ここでプロセッコを飲みながらイタリアの焼豚、ポルケッタ'を食べました。


Rivendita vino Bar Alpino


プロセッコとポルケッタ


ポルケッタのアップ

 アペリティーボを楽しんだ後は車で少し走り、クラウディオ社長がここのは薄生地で何枚も食べられるピザだと絶賛するピッツェリアへ。 


Pizzeria Da Lino

 Da Linoと店名がついたピッツァにははタマネギ、ハム、アーティチョーク、サラミなどなど具だくさん。 薄い生地はクラッカーに食感がなんとなく似ている。 クラウディオ社長はここのピッツァは何枚でも食べられると言ってたけど、8割程食べたところでお腹いっぱい。  でも当店名物のポルケッタは是非食べておけって味見させてくれた。 確かにピザ釜を使って自家製のポルケッタはしっとりして美味い。


Pizza Da Lino


ポルケッタ

 昼食後は一旦ホテルに戻って夕方まで休憩し、夜8時15分にミラノから来た取引先アンジェロ社長やスタッフ達と一緒にワイン畑の中のレストランへ行きました。


Riva de Milan

 こちらにはワイン畑でなく、牧場もあってサラミやチーズなども自家製造していて、シンプルながら美味しい料理を出すと評判だそうです。 

 タンクで大量生産する工場とは違って、瓶の中で2~3ヶ月発酵させて作るうす濁りのプロセッコをやりながら、いろいろなおつまみを。


テラス席


瓶で発酵させた自家醸造のプロセッコ


パン

 トマトやラルドのブルスケッタ、リコッタチーズとトマト、ソプレッサ、コッパ、パンチェッタの盛り合わせ、牛肉のカルパッチョ。 リコッタは新鮮な牛乳の香りがするおぼろ豆腐みたいで美味い。 サラミの盛り合わせもソプレッサが上品で柔らか美味い。


トマトのブルスケッタ


ラルドのブルスケッタ


トマトとリコッタチーズ


牛肉のカルパッチョ


サラミの盛り合わせ

 プリモはニョッキのラグーにしました。 これは手作り感が溢れる一品です。 セコンドは食べられないのでお断りしたけど、だれかが頼んだウサギ肉とポレンタを少し食べさせられました。 


ニョッキのラグー


ウサギ肉とポレンタ

 ウサギ肉は鶏肉ににているけどパサッとしてちょっと塩っぱかったです。 ポレンタは大根餅みたい。 デザートはケーキの盛り合わせとビスコッティ。 エスプレッソを飲んで食事が終了したのが午後11時過ぎ。  あたりはすっかり真っ暗です。


ケーキの盛り合わせ


ビスコッティ


宵闇の中のレストラン

 ホテルまで送ってもらい、シャワーを浴びてバタンキューしました。

2013年6月19日 (水)

海外出張14日目 ~ミラノからヴァルドビアーデネへ~

 本日はミラノからの移動日です。 ホテルをチェックアウトして8時にR君とタクシーに乗り、R君は帰国便に乗るべくカドルナ駅で下車しお別れ、僕単独で中央駅へ行き9時5分発のベニス行きユーロスターに乗車しました。


ミラノ中央駅


中央駅構内


ユーロスター


ユーロスター車内

 取引先のエドアルドが迎えに来てくれているパドバには11時12分の定刻より10分弱遅れて到着して。 エドアルドの車で一路ヴァルドビアーデネに向かいました。 

パドバ


ヴァルドビアーデネへ向かう道

 ヴァルドビアーデネには1時間20分程で到着し、途中のリストランテで昼食を食べました。


Ristorante Casa Caldart

 まず地元ヴァルドビアーデネ産のプロセッコで乾杯し、前菜はブッラーティナ・プリエーゼと言うバッファロー・モッツァレラから作られたクリーミーでもっちりしたチーズにホタテ貝とトマトを合わせてカリカリのパンチェッタを添えた一品を、プリモはビゴリと言う極太のパスタを濃厚な鴨のラグーソースを頂きました。。


プロセッコ


Burratina pugliese con capasanta, pomodoro e pancetta croccante


Bigoli al sugo d'anatra

 食後エドアルドの車でプロセッコのブドウ畑が見渡せる景色の良いところへドライブに連れて行ってもらいしばしの観光を楽しんだあとホテルへチェックインしました。  


ヴァルドビアーデネ村の標石


一面のブドウ畑

 ホテルで少し休憩した後、夜はエドアルドにアーゾロと言う中世の面影を残す街へ観光に連れて行ってもらいました。 古い要塞に昇って眺めを楽しんだあとは、中央広場のカフェでスプリッツァを飲んで休憩しました。


Asolo Square


アゾロ要塞 Asolo Rocca 


要塞からの眺め


中央広場のカフェ


スプリッツァ

 夕食は広場から少し車で行ったロカンダ・バッジョに連れて行ってもらいました。 エドアルドが本日は料理に合わせて2006年のレナート・ケーベルの白を選んでくれました。 

 有機トマトにアンドリアのブッラータチーズを詰めた前菜と、低温調理で外はサクッと中はしっとりと焼かれた肉厚の豚肉にオレンジ・ピュレを添えたメイン。 〆は新解釈のティラミス♪ 食後の珈琲と一緒にグラッパ、そしてオーナーの息子がイタリア産のブランデーを持ってきてくれたので3人で乾杯しました。


Locanda Baggio


テラス石


パンとスプレッド


Renato Keber Collio Sauvignion 206


Burrata di Andria su pomodoro biologico e salsa di basilico


トマトのアップ


Reale di maialino "da latte" arrosto


お肉のアップ


Elogio al tiramisù


食後のビスコッティ


イタリア産ブランデー

 楽しく飲んで食べて食事が終わったのが深夜。 ホテルへ送ってもらいバタンキューしました。

2013年6月18日 (火)

海外出張13日目 ~オスタリア・ボロメイ~

 今朝はバタバタして時間がなかったので朝食抜き。8時45分に迎えにきたステテファノの車で事務所へ行き、午前中は打ち合わせ。  お昼はファブリッツィオとマルコと一緒にVERVEと言うピッツェリアへ行きシシリア風ピッツァを食べました。 もっちりとしてなかなか美味しかった。

             
Verve Gusto Italiano          


シシリア風ピザ 

 午後は日本でも有名な製鞄メーカーのO社事務所と工場を訪問して商談。 一旦夕方ホテルへ戻り休憩し、8時に迎えに来たエレナとアンジェロと一緒に徒歩でHostaria Borromeiへ行きました。             
O社の製品


Hostaria Borromei             


看板


中庭席                

 ワインを飲みながら肉団子が入った幅広パスタとミラノ風カツレツを食べました。 パスタは肉団子も入っている豆も美味しい♪ カツレツは今まで食べたカツレツの中で一番美味しかった。 デザートのパンナコッタはちょっと弾力が強くて、ミルク風味が薄かった…             
 肉団子のパスタ
                      
ミラノ風カツレツ    


パンナコッタ             

 食後はホテルに戻り、シャワーを浴びて爆睡しました。
                           

2013年6月17日 (月)

海外出張12日目 ~三輪車でミラノを疾走~

 今朝はホテルでヴィエノワズリーとハムなどの朝食を食べ、ホテルへ9時に迎えにきたステファノの車で取引先の事務所へR君と行きました。 


朝食

 本当は午前中に客先へ行く予定だったけど、急な来客で午前中はフリーとなり、お昼は近くのレストランScibuiでネジみたいな形のパスタ、フッジリのジェノヴェーゼを食べました。


フッジリのジェノベーゼ

 昼食後は郊外の客先を訪問してから、一旦ホテルに戻りしばし休憩。 夕方迎えに来てくれたステファノとホテルのトゥクトゥクみたいな電動三輪車でナヴィリオ地区リストランテへ夕食に行きました。  


電動三輪車


路面電車


ティチネーゼ門 (Porta Ticinese)


ナヴィリオ運河 (Naviglio Grande)


Posto di Conversazione


店内


パン

 甘エビみたいなシシリアの赤いエビやヨーロッパシーバス、ツナ、サーモンのイタリア風刺身、ツナのタルタル、タコの炭焼きを前菜にもらいました。 


シシリアの赤エビ


刺身


ツナ、リンゴ、オリーブのタルタル


タコの炭焼きトロペーア・オニオンソース

 赤エビは昨日のエビと同じぐらいの鮮度で(゚д゚)ウマー。 刺身は悪くないけど、それ程でもなかったです。 甘めのピュレみたいなタマネギのソースがかかったタコは柔らかく炭焼きされていて絶品!

 メインはパッケリ(Paccheri)というナポリ地方の極太マカロニのシーフードソースと、ミラノ風仔牛のスネ肉煮込み(オーソブッコ)をもらいました。 パッケリ自体は美味しかったけど、シーフードは昨日の店の具材の方が新鮮だったです。 スネ肉は少し塩辛かったし。


パッケリのシーフードミックス


オーソ-ブッコのミラノ風リゾット添え

 食事の後は、三輪車に乗って来る時に見かけたGROMでジェラートを食べるべく歩いて行きました。 午後10時すぎだけど30度以上もある熱帯夜でGROMも行列が出来る程盛況。 シシリア風レモン味のグラニータを食べたけど、ちょっと僕には酸味が強すぎました。


GROM


シシリア風レモン風味のグラニータ


夜10時でも長蛇の列

 アイスを楽しんだ後は、迎えに来てくれた三輪車に乗ってホテルに戻り、爆睡致しました。


2013年6月16日 (日)

海外出張11日目 ~パリからフランクフルト経由ミラノへ~

 本日はパリからの移動日です。 社長、T部長と一緒に8時30分にタクシーに乗りシャルルドゴールへ行き、チェックイン後ラウンジで朝食を食べ、10時50分発のLH1029でフランクフルトへ向かいました。


朝食


フランクフルト行きLH1029便


フランクフルト空港

 フランクフルト空港では、日本へ帰国する社長とT部長とターミナル内別れた後、ピアA-Plusにあるレストランで一人昼食を食べました。 ヴァルシュタイナーのビールに仔牛のソーセージ… ソーセージはちょっとパサッとしていたけど、普通に美味しかったです。


Hausmann's


ビール


仔牛のソーセージ

 フランクフルト空港からは、15:40発のLH274でミラノのリナーテ空港へ向かい、リナーテ空港には16:50に到着しました。 空港からホテルへタクシーで向かうが、夕方5時過ぎだというのにミラノは30度以上あってめっちゃ暑い(*_*)


ミラノ行きLH274便


ミラノへの向かう機内から


リナーテ空港

 ホテルにチェックイン後、先にミラノ入りしていた後輩のR君と6時半に待ち合わせて食事する事にしました。 目当てのシーフードレストランが7時からのオープンなので、取りあえず近くのバールでビールを。  ビールが8ユーロと高いと思ったらハッピーアワーでカウンターの上のつまみが食べ放題ってことで、いろいろつまむ。  肉団子が一番美味しかった…


Bar Magenta


ハッピーアワーはつまみが食べ放題


ビールとおつまみ

 バールで時間を調節したあと、目的のレストランへ行きスプマンテを飲みながら前菜にサラーメの盛り合わせとシーフードのコールドプレートをもらいました。


Ristorante Acqua di Mare


店内のネタケース


店内


スプマンテ


シーフードのコールドプレート


サラーメの盛り合わせ 

 シーフードもサラーメンもどちらも一人で食べるには結構な量があります。 えび類は多分冷凍だろうけど、刺身で十分食べられるレベル。 サラーメも美味しい… 
 メインにシーフードリングイネとイカとズッキーニの花のタリオリーニを頼んだのに、イカとズッキーニではなく、ウニのタリオリーニが来ました。


シーフードリングイネ


ウニのタリオリニーニ

 どちらのパスタも抜群のアルデンテで、シーフードの方はムール貝がプリッと、エビもしこっと、素晴らしい鮮度。 ウニも濃厚で(゚Д゚ )ウマー さすがイタリア。

 食後はカドルナ駅から10分程の所にあるジェラートのお店でピスタチオとクレームディグロムのジェラートを食べました。 


GROM


ピスタチオとクレームディグロム


R君のジェラート

 ピスタチオはこの前日本のItaliaで食べた方が美味しいかな。 クレームディグロムはチョコチップとビスケットが入っていて美味しいけど、好み的にはRONO>GROMかな。  その後徒歩でホテルへ戻り、シャワーを浴びて爆睡しました…

2013年2月17日 (日)

海外出張23日目 ~イタリアからポルトガルへ~

 今日はイタリアを離れる日です。 朝11時すぎにホテルをチェックアウトして、カドルナ駅から11時29分のマルペンサエクスプレスでマルペンサ空港へ向かいました。 


マルペンサ・エクスプレス

 無事チェックイン後、お腹が空いたのでターミナル内のラウンジ・バーでパニーニとスプライトを昼食に頂きました。。 パニーニはパンがいまいちなのと、中まで焼けて折らずチーズが冷たくていまいち。。・゚・(ノД`)・゚・。 


SKY Lounge Bar


ラウンジからの眺め


ハムとチーズのパニーニ


パニーニの中味

 お食ご飯後にルフトハンザのラウンジに行き休憩しました。  その後2時10分発のTAP813便にてオポルトへ向かいました。 途中機内食が出ましたが、オレンジだけ食べた。


ルフトハンザのラウンジ


ラウンジ内部


オポルト行きTP813


機内食

 飛行機は予定通り4時少し前にオポルトに到着しました。 本日のオポルトは雨模様。 迎えに来てくれるはずのユリアが30分ぐらい遅れて来てくれたので、彼女の車でギマランイスホテルへ。 夜は7時に旧市街のレストランへ連れて行ってもらいました。


オポルト空港


Histórico by Papaboa


店内

 ポルトガルの微発泡のワイン、ビーニャベルデのロゼを飲みながら前菜に中世ユダヤ人が作り出したという豚肉を使っていない鳥肉とパンのソーセージ”アレイラ”を食べました。 中はしっとりした感じで外はカリッと、ニンニクと軽い燻製風味がしてなかなか美味しいです。


パン


ビーニャベルデ


アレイラ(Alheira)


アレイラのアップ

 メインはバカリャウ(塩ダラ)のオーブン焼き。 シンプルだけどなかなか美味しい。 デザートは豚の脂を使ったと言うソフトエッグ入りクルミのマフィンのアイスクリーム添えと、エッグプリン。 どちらもねっとりした魅惑てきな甘みで美味しかった。  〆にミルク入りエスプレッソのピンゴを飲んで食事は終了。  帰りは夜景を楽しみながらホテルまで徒歩で帰り、22時頃就寝しました。


バカリャウのオーブン焼き


バカリャウのアップ


豚脂を使ったソフトエッグ入りクルミのマフィン


エッグプリン


夜の噴水


教会

2013年2月16日 (土)

海外出張22日目 ~ミラノでの休日~

 本日は土曜日で仕事はお休みですー。 午前中部屋でのんびりしてから、ホテルの目の前にある最後の晩餐で有名なサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会を覗くことにしました。 
             
Santa Maria delle Grazie 

 案の定、最後の晩餐を見るための見学チケットは売り切れてたので、教会内を見学してからカドルナ駅まで行きました。 
           
中庭
             
教会内
             
聖堂 
           
フレスコ画                 

 カドルナ駅からウェブで見つけたイタリア料理のお店に行こう路面電車に乗りました。 着いてみるとそれらしき住所には別の名前のお店が。(;・∀・)ハッ?   
            
路面電車    
          
路面電車の内部 
           
Ristorante Al Grissino                 
 
 思い切って入ってみると落ち着いた雰囲気でなかなかよさげです。 入口すぐに鮮魚のショーケースがあります。
              
ショーケース
             
店内

  着席してプロセッコに、生ウニが1個2ユーロであったので4個頂く事に。 メインは魚介のタリオリーニにしました。
                
プロセッコとパン
             
生ウニ 
           
ウニのアップ 
           
魚介のタリオリーニ               

 生ウニは身が少ないけど新鮮で甘みがあって美味しかったです。 タリオリーニも素材は鮮度抜群、麺もアルデンテで美味い! とっても良いお店です。 デザートは食べずにカフェで締めることに。
             
カフェ                 

 食後は、これもウェブでみたジェラートのお店を訪問し、クレマと生クリームのジェラートを食べました。 僕にはちょっと甘みが強めでした。 そしてその後にドゥオモに行き本日最終日のミラノのカーニバルの行列を楽しみました。
                             RIVARENO GELATO
               
店内 
           
クレマと生クリームのジェラート
             
ドゥオモ                                                                            

 カーニバルの様子                      

 パレードを見たあと、ホテルに一旦戻り、夕方は疲れたのでホテルの近くでみつけたトラットリアで夕食を食べる事にしました。    
            Torattoria Meneghina    
          
店内
      

パン

 軽くて少し酸味がある赤ワインを飲みながら、ハム・サラミの盛り合わせを頂く事にしました。 パルマハムは間違いない味、サラミも脂肪の甘みと香りがイイネ! モルタデッラも良い歯ごたえと味です。
                              
ワイン
               
サルーミ(パルマハム、サラミ、モルタデッラ)                 

 プリモは野菜のスープにしました。 薄めだけどコクのあるスープに具だくさんの美味しい野菜で満足です。
                
野菜のズッパ                 

 メインは、地場料理のコトレッタ・アラ・ミラネーゼ。 Tボーンステーキみたいな仔牛のお肉をきめの細かい衣でさっくり揚げてあり激うま! 量が多かったけど全部食べちゃいました。
                              
コトレッタ・アラ・ミラネーゼ 
             
コトレッタのアップ                 

 メインを食べ終えた後は、さすがにデザートもコーヒーも入らなかったので、ホテルに戻り就寝しました。               

2013年2月15日 (金)

海外出張21日目 ~ミラノで激うまナポリピッツァ~

 本日も午前中取引先で打ち合わせ。 お昼は3日連続でSCIBUIでランチです。 今日の日替わりはガルガネッリと言う少しペンネに似たショートパスタにしました。  プンタレッラと言う茎の食感がアスパラガスに少しにたイタリア野菜とソーセージが入ってます。 割とあっさり目のクリームソースで、サルシッチャも独特の風味で美味しかったです。


Garganelli con puntarelle e salsiccia

 昼食後も夕方まで打ち合わせしてホテルへ送ってもらい、夜は一人で晩飯を食べに出かけました。

 ホテルからほど近くて、とあるサイトで美味しいと書いてあった、ナポリピッツァのお店に入りました。


Pizzeria BIAGIO

 お店はこぢんまりとして、赤白のチェックがモチーフになったかわいらしい内装です。 でも店員はいかついし、特に薪窯の前のおっちゃんはプロレスの武藤みたいな人。(゚Д゚)  まずピッツァにはビールでしょうとツボルグを頼み、つまみにパルマハムを頂くことに。


店内


窯前の武藤敬司


ツボルグとパルマハム

 生ハムは注文すると店の奥で生ハムの塊をスライスして出してくれます。 ねっとりして(゚Д゚ )ウマー。 ツボルグもきれがあってイイネ! ピザはいろいろ悩んだけど、悪魔風のディアボラにしました。


PIZZA DIAVOLA


ピザのアップ

 いかつい武藤が豪快に焼き上げるピッツアはさっくり感ともっちり感が交差して(゚Д゚ )ウマー パクパクムシャムシャなんぼでも食えます。

 お店を出てホテルへ買える道すがらジェラテリアが有ったので入ってみました。 おカマっぽいインド人らしき店員はちょっとへんだけど、いろいろある美味しそうなジェラートの中から牛乳とチョコを。 あっさりでもコクがあるラッテとパリットした薄くて軽いチョコ片が(゚Д゚ )ウマー


ジェラート屋


ショーケース


牛乳とチョコのジェラート

 腹パンで満足してホテルへ戻り、23時頃就寝しました。 (-_-)゜zzz…

2013年2月14日 (木)

海外出張20日目 ~ミラノの郷土料理~

 今日もミラノ郊外の取引先事務所へ移動です。 今朝は昨日と違って霧がなくて高速道路から遠くの山がキレイに見えます。


ミラノ郊外

 午前中の打ち合わせの後は、今日も近くのイタリアンでパスタを食べました。 今日はペンネの娼婦風(プッタネスカ)。 アンチョビベースのトマトソースで、オリブオイルが入っていて美味しいです。

続きを読む "海外出張20日目 ~ミラノの郷土料理~" »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31