無料ブログはココログ

スイス

2012年5月23日 (水)

海外出張3日目 ~シンガポールからチューリッヒ経由でドイツへ~

 飛行機の登場時刻まで深夜12時過ぎまでラウンジがあるフロア奥の仮眠スペースでうとうとしてからゲートへ行き、23日の午前1時20分発のSQ346便に搭乗しました。 機材はエアバスの大型機A380。

 搭乗後しばらくして食事のサービスがありましたが、断って爆睡しました。 数時間寝てから目が冴えたので、機内映画で「どろろ」、「ALWAYS三丁目の夕日64」、「MIB」を見て時間を潰しました。

 チューリッヒへ到着する2時間半前ぐらいに朝食のサービスになりました。  今回選んだのは、シンガポール風の点心。 ローマイカイ(糯米鶏)という餅米と鶏肉を蒸したちまきに蝦蒸、肉焼売です。 結構美味しい♪ 


SQ346便の機内


ローマイカイと点心の朝食


ローマイカイのアップ

 チューリッヒ空港には予定より30分早い7時半頃到着しました。 到着ゲート出口に出たんですが、来ているはずの迎えがいません。 少しまってから、どうせしばらく来ないだろうと、取りあえず最近出来たスイス航空到着客用のラウンジに入りシャワーを浴びて長旅の疲れをリフレッシュする事が出来ました。 


スイス航空アライバルラウンジ

 ラウンジを出てみたら、丁度迎えも来ていたので車に乗って、スイスを出てドイツの取引先がある町まで移動。  ドイツ人社長さんは外出中との事だったので、取りあえずホテルにチェックインしました。


チューリッヒ空港ビル

 ホテルの部屋でメールチェックなどをした後、お昼ご飯を食べにホテルそばのドイツ料理店へいきました。 

 さすがに長旅の疲れでビールが飲みたくなったので、ヴァイスビアに本日のランチを頂く事に。 英語がまったく通じないので良く分からないけど、恐らくニンジンとショウガのスープ、それに乳のみ子豚のグリル(Spanferkel gebraten)にしました。 

 スープも美味しかったけど、豚も上品な味付けで肉も柔らか味わい深くてとても美味しかった♪。


Traube Biergarten


店内


パウラナー・ヴァイスビア


ニンジンとショウガのスープ


乳のみ子豚のグリル(Spanferkel gebraten)

 食後になぜか甘い物が食べたくなったので、近くのカフェでショーケースで美味しそうだったティラミスとエスプレッソを頂く。 ティラミスはドイツサイズでばかでかくて、2/3程食べた所でギブしました


Cafe Intermezzo


ティラミスとエスプレッソ

 その後取引先に行き打ち合わせをしてから夕方ドイツ人シャチョー夫妻につれられて近くの村のホテル・レストランへいきました。  

 まずヴァイスビアを飲んで、季節のアスパラガス料理を注文する事に。 アスパラガスのクリームスープにアスパラガスにハムなどが添えられたアスパラガス・クラシックをメインに。 


ヴァイスビア


アミューズのミニスープ

 知らなかったですが、アスパラガスに合わせる白ワインがあるとの事で、それを頂く事に。 一口飲んでみると、ヴァイサー・ブルグンダー(ピノ・ブラン)と言う品種のブドウで作られた、良い香りがするドライですっきりしたとても美味しいワインで驚きました。


Julius Zotz, Zotz Exklusiv, Weisser Burgunder 2011


アスパラガス・スープ


アスパラガス・クラシック

 季節のアスパラガスを堪能した後は、時差も手伝ってホテルに戻り爆睡致しました。

2012年3月14日 (水)

海外出張12日目 ~モスクワからチューリッヒ経由でプラハへ~

 本日はドイツ社長さんと朝5時半にホテルチェックアウトして空港へ向かいました。 そして7時35分出発のスイス航空LX1325便に乗って一旦スイスのチューリッヒへ。 


早朝、雪の残るドモジェドヴォ空港

 機内食は鶏肉が乗ったオムレツでしたが、あんまり美味しくないので殆ど食べませんでした。  飛行機は定刻の8時25分より20分程早く到着しました。 


機内食


チューリッヒ空港

 ドイツ人社長さんはチューリッヒから車でドイツへ帰るのですが、僕も乗り継ぎに9時間程余裕があるので、車に乗せてもらい市内へ向かう事にしました。 チューリッヒ市内の駅で降ろしてもらい駅前のスターバックスでコーヒーを飲みながらネットして時間を潰します。


チューリッヒ中央駅

 11時過ぎにスタバを出て目抜き通りのバーンホフ通りを歩いて川沿いを少し散策。 スイス独特の素敵な風景を楽しみました。

   
   
   
チューリッヒの風景

 11時半少しすぎにツォイクハウスケラーに入店しました。 ここは築500年の古い建物を利用したレストランで、もともとは兵器庫だった場所です。 今回のお目当てはドイツ人社長に教えてもらったチューリッヒ名物のゲシュネッツェルテスと言う料理です。 

 これはスイス版ビーフストロガノフみたいなもので、 タマネギ、マッシュルーム、細切りの牛肉をクリームとデミグラスが入ったソースと一緒にレシュティと言うジャガイモのパンケーキが付いてきます。


ツォイクハウスケラー (Zeughauskeller)


店内


地場の白ワイン


ゲシュネッツェルテス(Geschnetzeltes)

 食後は再びバーンホフ通りを歩いて中央駅を目指し、創業1836年の老舗菓子店シュプリングリ
へ。  ここは日本はおろかチューリッヒ以外に出店していないお店です。

 ここで日本への土産にチョコレートと、当店名物クルセンブルグリーと言うミニマカロンを購入しました。  ルクセンブルグリーは日持ちしないので、取りあえず空港へ戻る前にチューリッヒ中央駅の駅舎の中でで食べてみました。  マカロンってそんなに好きじゃないけど、ここのやつは結構美味しいと思いました。


シュプリングリ(Sspruengli)


ルクセンブルグリー (Luxemburgerli)


ルクセンブルグリー

 その後中央駅から電車に乗ってチューリッヒ空港駅へ戻りました。 空港では5時頃までラウンジで時間を潰し、5時25分発のLX1498便でプラハへ向かいました。


中央駅


スイス航空ラウンジ


ラウンジ内


チューリッヒ発プラハ行きLX1498便


眼下のスイスアルプス

 プラハには定刻より10分程遅れた午後7時頃到着しました。 そして港に出迎えに来てくれていたチェコ取引先社長の車でいつものチェコ料理屋で一緒に夕食を食べました。

 フェルネットで乾杯してチェコビールを飲みながら、ビーフスープに、チェコ牛のビーフステーキを頂く。 いつ食べてもここの肉厚の赤身のステーキは(゚д゚)ウマー! 絶品です!


プラハ空港


チェコレストラン


店内


フェルネットとビール


ビーフスープ


ビーフステーキ


見事なレア♪

食後は腹パンでホテルにチェックインし、メールチェックなどしながら10時過ぎに就寝しました。。

2012年3月11日 (日)

海外出張9日目 ~メーアスブルクからモスクワへ~


 本日はロシアへの移動日です。 朝食はホテルでカイザーゼンメルパンにハム、トマト、キューリをはさんで頂きました。


朝食

 ホテルをチェックアウト後一緒にロシアへ行くドイツ人社長さんの車でメーアスブルクのフェリー乗り場からフェリーに乗ってボーデン湖の対岸の町コンスタンツへ行き、そこから下船してチューリッヒ空港へ向かいました。


ボーデン湖のフェリー


コンスタンツ

 チェックイン後スイス航空のラウンジで時間を潰す事に。 空港内のパスポートコントロールを超えた免税店とかあるエリアではドゥカティのキャンペーン中みたいであちらこちらにバイクが置いてありました。


チューリッヒ空港


ドゥカティのバイク


スイス航空ラウンジ


ラウンジ内


ラウンジから見る駐機場

 モスクワへは12:25発のスイス航空LX1326便に搭乗です。機内食はバジル風味のスパゲティとチキンピカタのトマトソースがでました。  

 飛行機は定刻より30分程遅れて出発したため、モスクワ、ドモジェドヴォ空港へ着いたのも定刻より30分遅れて午後7時20分頃です。


機内食


ドモジェドボ空港


空港駐車場

 本日のモスクワは気温零下4度で雪も結構降っていますが、湿度が低いせいかそれほど寒くは感じなかったです。 出迎えに来てくれたロシア取引先社長子息夫婦の車でまずホテルへ向かいました。


ホテルからの眺め

 ホテルへチェックインしたのが午後9時ごろで、チェックインしてから4人でホテル近くの日本食タヌキへ食事に行きビールを飲みながらわかめ酢、天ぷら、寿司盛り合わせなどを頂きました。。


レストランタヌキ


トリビー


ワカメ酢


お寿司


天ぷら


握り盛り合わせ

続きを読む "海外出張9日目 ~メーアスブルクからモスクワへ~" »

2010年11月 1日 (月)

出張2日目 ~シンガポールからヨーロッパへ~

 搭乗時刻が近づいたので眠い目を擦って搭乗ゲートへ。 手荷物検査の後、待合室で窓の外をみると今日乗る機材はどうやら新型のA380です。 やっぱりデカイですね。


SQ346便


A380機内

 A380と言えどもエコノミー席は従来の機材とほとんど変わらないですね。  今回ラッキーな事に、横の3人掛けの席が空いていたので、ボーディングが完了する直前に確保して、飛行機がクルージングに入るやいなやすぐに3席使って爆睡しました。

 ぐっすり眠って目が覚めたのはアゼルバイジャン上空あたり。  暇つぶしにみた映画は、"Sorcere's apprentice" なかなか面白かったです♪

 そうこうしているうちに朝食の時間。 今朝の選択はチャーシュー入り焼きそば。


朝食


焼きそば

 朝食を食べてしばらくするとスイスのチューリッヒ空港にアプローチし、無事着陸しました。


スイス上空

 チューリッヒ空港に取引先の人に迎えに来てもらい、南部ドイツに移動。

 この日の夕食はホテルのレストランで、地元のシュヴァーベン料理を食べました。


ヴァイスビア


レストラン


パン


アミューズ


グリーンサラダ


フレードルスープ


ローストビーフ、シュヴァーベン風


ヨーグルトムース、ベリーのラグー添え

 今日からまたヨーロッパでの生活が始まります…

2009年6月11日 (木)

Sushi-Bar WASABI@St. Gallen

 今日は商用で隣国スイスのザンクト・ガーレンという街まで行きました。 ボーデン湖の南にある小さな街です。


大きな地図で見る

 ザンクト・ガーレンまではボーデン湖をドイツ側ののフリードリヒスハーフェンからカーフェリーに乗り渡ります。 スイスはEUには加盟していませんが、シェンゲン条約に加盟しているので簡単(ランダム)なパスポートと税関チェックのみで乗船出来ます。 (ちなみにこの日僕はドイツ側ではノーチェック、下船したスイス側でパスポートを質問もなくチェックされただけです。)


フィリードリヒスハーフェンのフェリー乗り場


フェリー内部


フェリー船内カフェ

 ドイツを走っているときは雨模様でしたが、乗船してしばらくすると天気がどんどん良くなって来ました。 キャビンの外へ出てみると海かと見まごうボーデン湖の広い水面が見えます…


フェリーはボーデン湖を進む

 さて、対岸のスイスの街ローマンショーンで下船してひたすら走ってようやくザンクト・ガーレンにたどり着き商用を済ませました。

 日本に何度も来たことがあり、お寿司が大好きなスイス人取引先が近所の寿司屋に連れて行ってくれました。


レストラン入口

 店内はヨーロッパにありがちなモダンな感じの回転寿司です。 カウンターの中にはアジア系の女性職人が寿司を握っています。 取引先の人といろいろお寿司をつまみました。


鉄火巻き(左) スパイシーツナ巻(右)

カリフォルニア巻(左) イカにぎり(右)

刺身盛り合わせ(左) あなごにぎり(右)

茶そば(左) エビ天南蛮風(右)

 最初はスイスの田舎町なのでなんちゃって寿司かと思っていましたが、寿司はどれもまともで、海外で食べられるお寿司としてはなかなか美味しいです♪

 カウンター中の女性に日本語で話しかけると、なんと生粋の日本人でした。 こんな田舎町にも日本人が働いているんだなぁと驚きました。(・υ・)

 最後にヨーロッパの寿司屋らしくエスプレッソで締めたら、お店からお好きなスイスチョコをデザートに食べて下さいとサービスしてもらいました♪


デザートのチョコ


店内と日本人女性の職人さん

 お店を出るときに、ブログに載せるから写真撮らせてと撮影して来ましたが、はたしてこのブログが女性職人さんの目にとまる日が来るのでしょうか…

Sushi-Bar WASABI
Engelgasse 15
9000 St. Gallen
Tel: +41 71 222 00 81

2008年9月21日 (日)

ミラノ⇒チューリッヒ@LX1617

ミラノでの仕事を終えて、本日スイスのチューリッヒに移動しました。 乗ったのはスイス航空の小型ジェット機です。


LX1617便へ歩いて搭乗


機内の様子

ミラノからチューリッヒまでは丁度一時間のフライト。 眼下にはアルプスの山々が広がります。


アルプスの眺め1


アルプスの眺め2

アルプス山脈を越えて程なく街らしい景色が見えて着陸となりました。


チューリッヒ郊外の街並み


チューリッヒ空港

今回は諸事情で五つ星のホテルに泊まることができました。 目の前にチューリッヒ湖が広がる歴史と格式あるホテルです。


ホテル入口


ホテル室内


窓の外にはチューリッヒ湖が望めるテラスが

ホテルにチェックインしてから、チューリッヒ湖に面したシーフードレストランでお昼ご飯を食べる事に。 この日は天候が悪かったので室内で食べましたが、天気が良ければ屋外席が気持ちよさそう…


レストラン


屋外席

まず前菜として山羊のチーズが乗ったサラダを。 次にツァンダー(パーチ)のフライを選択。 そして絶対量が少なくてなかなか市場に出回らないと言うスイスワインの白を飲みました。 


グリーンサラダ、山羊のチーズ添え


ツァンダーのフライ


スイスの白ワイン

fischstube zurichhorn
Bellerivestrasse 160, CH-8008 Zurich
Tel: 044 422 25 20

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30