無料ブログはココログ

デンマーク

2010年1月27日 (水)

出張11日目@デンマーク

 昨晩は空港近くのホテルに泊まり、本日は朝も早から移動です。 朝5時にホテルからイエテボリ空港へ向かいます。  今日の天気予報は40cmの積雪が予想される大雪。 すでに結構雪が降り始めています。


ホテルから見える空港

 無事チェックインと手荷物検査を済ませたのでラウンジで一休み。  スウェーデンの変わったパンをメインに朝食を頂きました。(^O^)


SASラウンジ


ラウンジ内部


今日の朝食

 搭乗時刻になったのでゲートに向かい搭乗します。 ゲート眼下に僕が乗るコペンハーゲン行きのSK1439便が見えます。 搭乗は駐機場を歩いて機体前部のタラップからです。


SK1439便


搭乗タラップ

 窓から見える空港は雪が結構降って積もっています。 どの飛行機も離陸前に機体に降り積もった氷雪を取り除くディアイス(除氷)作業待ちです。  (ディアイスをしないと翼の形状が降り積もった氷雪で空力的に変形して十分な揚力が得られず事故に繋がる事もあるそうです。)

 僕らの飛行機も20分ぐらいディアイスの順番待ちで出発が遅れました。


窓の外は雪


ディアイス作業

 多少の遅れはあったものの、コペンハーゲン空港に無事到着し乗り継ぎ便に間に合いました。  目的地はコペンハーゲンから50分のカールプ空港です。 予約はSAS便になっていますが、単なるコードシェアで、実際はキンバー・スターリングというマイナーなローカル航空会社のプロペラ機です。


SK3407便(QI305便)


狭い機内

 機内はフリーシーティングで、好きな場所に座れます。  小さい機体なので当然機内も狭苦しいです。 飛行機は予定時刻に出発し、カールプ空港に無事到着しました。


カールプ空港

 取引先に空港まで迎えに来てもらい、取引先がある車で30分ぐらいのヘアニングと言う町へ到着。  商談後遅めの昼食を僕のホテルのレストランで取りました。

 ここでもやはりデンマーク名物のオープンサンドイッチを食べることに。 でも今回はアカガレイのフライのにしました。 飲み物は取引先の社長さんお勧めの「ニワトコ」のジュース。  蜂蜜のようなかすかな花の香りのする優しい甘みのジュースです。


ニワトコのジュース


カレイのフライ乗せオープンサンドイッチ
 
 食後に一度ホテルに戻り、夕方取引先社長マイケルさんのご招待で夕食に。 午後5時に待ち合わせお目当てのレストランに行ったら開店前だったので、ホテルに一旦戻ってバーでビールを飲みました。


BRYGGERIET

 ホテルのバーにはいろいろな生ビールがあります。 カールスバーグの「スペシャル」と「エール」という見慣れないビールがあったので、それを順番に飲みました。 そして最後にツボルグを…


いろいろなデンマークのビール


ツボルグ

 開店時間の5時半を過ぎたので先ほどのお店に戻りました。 ここは自家醸造のビールが自慢のレストランだそうです。  店内に醸造タンクが鎮座ましましています。


店内のタンク

 取りあえずパンとバターが出てきました。 自家製低温発酵のパンだそうです。


パン

 先ほどのタンクで店のおっちゃんが何かしているので見に行きました。  なにやら加熱した材料で作ったビール原液を次の発酵タンクに送った所らしいです。熱々のタンクから煙が出ています。


熱々のタンク


発酵用タンク

 席に戻るとタンクを見前に頼んでおいたサンプラービールが届いています。 ピルスナー、エールなど三種類を少しずつ楽しめます♪


サンプラービール

 メインはリブアイステーキ。 レアで頼んだらミディアムぽかったですが、肉質は良かったです。 ヨーロッパで食べたステーキの中で五本の指に入りますよん。(*^o^*)


リブアイステーキ

 先ほどのサンプラーの中では真ん中のグラスにあったエールが一番美味しかったので大きめのグラスでもう一杯注文。 その後スカンジナビアでよく飲まれているアクアヴィットを初めて飲みました。


アクアヴィット

 一般的にアクアヴィットはジャガイモから作られるようですが、このお店ではビールを造った後の材料から自家製造します。 今回飲んだのはかなり寝かせた55°とやや普通の40°に比べるとアルコールが高めのもの。 クセもなく美味しく頂きました。

 その後歩いて近所のアイリッシュパブへ。 ここではシーバスリーガルのロックを一杯と、デンマークの"FUR"と言う小さな島で作られているビールを飲みました。


アイリッシュパブ


FUR BEER

 マイケルさんとは今回初対面でしたが、年齢が近いこともあり飲む内に打ち解けてすっかり仲良くなる事が出来ました。 マイケルさん、TAK!

2010年1月24日 (日)

出張8日目@デンマーク

  本日は日曜日でお休みですが早く目覚めたのでホテルで朝食を食べました。  折角デンマークにいるので、本場のデニッシュペストリーを満喫しました♪



 午前中少し仕事をしてから、11時にホテルを出て地下鉄に乗り市内へ向かいました。 最初のお目当ては近衛兵の交代が12時に見られるというアメリエンボー宮殿です。


アメリエンボー宮殿

 12時少し前にローゼンボー宮殿から行進して来た交代要員の近衛兵達が広場に集合します。


広場に集まった交代要員の近衛兵

 それに呼応するべく宮殿の中から勤務を終えた近衛兵が出てきて号令に従って交代します。


任務終了の近衛兵たち

 交代式を見終えた後はお腹も空いてきたので、腹ごしらえにレストランを物色します。 日曜日なのでほとんどのお店が閉まっていますが、ニューハウンで良さそうなお店を見つけて入りました。 「Heering」と言う名前です。


Heering


レストラン内部

 ノンアルコールな本日の気分により、リンゴジュースとデンマーク名物オープンサンドイッチにしました。
 
リンゴジュース


オープンサンドイッチの具材4種


オープンサンドイッチのライ麦パン

 サンドイッチの具材は全てニシン。 手前から時計回りに生ニシンのカレーマヨネーズ和え、ニシンの南蛮揚げ、生ニシンの甘酢漬け、生ニシンのケイパー酢漬けです。  もともと光り物が苦手なので、3種類はなんとか食べられましたが、ケイパー漬けはちょっと生臭くてギブしました。(>_<)

 お腹がふくれたので次の目的地であるローゼンボー宮殿に向かって歩きます。 途中街中でアメリエンボー宮殿から行進してきた近衛兵に再会しました。


近衛兵の行進

 ローゼンボー宮殿にはデンマーク王室のお宝が見学出来るとの事です。 まずは宮殿内部を見学し、次に地下の宝物館へ行きました。


ローゼンボー宮殿

 お城の中には素敵な調度品の数々があります。 中でも興味深かったのは見る角度によって違う人物が見える絵です。

Dsc00410

Dsc00411
見る角度によって変わる絵


クリスチャン7世の間

 宮殿内部を見学した後、一旦城外に出て地下にある宝物館を見学します。 いろんなお宝がたくさんあります。

デンマーク王室のお宝の一部

 中でも素晴らしいのがクリスチャン4世の王冠と、クリスチャン5世からクリスチャン8世の絶対王権時代に使用された王と王妃の冠です♪


クリスチャン4世の王冠


絶対王権時代の王および王妃の王冠

 ローゼンボー宮殿の見学を終えたので、今度はコペンハーゲンの街を一望できるラウンド・タワーに行きました。


ラウンド・タワー(円塔)

 急な坂道を屋上まで上りコペンハーゲンの街並みを楽しみました。


ラウンド・タワー屋上からの眺め

 ラウンド・タワーを見学した後は国立博物館へ行き、またまたお宝などを見学しました。


国立博物館

博物館の展示品の一部

 見学を終えたので、ホテルへ帰る前に早めの夕食にしました。 本日は辛いものが食べたかったので、ガイドブックに載っていた「サール」と言うパキスタン料理のお店に行きました。


レストラン「サール」

 トリビーとつまみにチキンティカを頼んだのですが、出てきたのは骨付きのタンドリーチキンでした。 少しパサついてはいましたが、味自体は悪くありません。


タンドリーチキン

 メインはチキン・ヴィンダルーにしました。 ご飯は白いのを期待していたのですがなぜか色つきのご飯です。 でもなかなか美味しかったです♪


ライス


チキン・ヴィンダルー

 お腹もふくれたので再び地下鉄に乗ってホテル帰ることにしました。  コンゲンス・ニュートゥ駅近くの「マガジン・デュ・ノルド」デパートがライトアップされてキレイでした。


マガジン・デュ・ノルド

 この後地下鉄に乗り無事ホテルに期間。 翌朝早いこともあり、9時に就寝しました。 お子ちゃまみたいですね。(笑)

2010年1月23日 (土)

出張7日目@デンマーク

 昨日でロシアの業務が終わったので、本日はデンマークのコペンハーゲンへフランクフルト経由で移動でです。 

 フランクフルトへはサンクトペテルブルクのプルコヴォ空港を朝5時50分発のLH3221便です。  朝3時に起床して、ホテルを4時に出ました。 チェックインを済ませて、空港のビジネスラウンジで登場まで時間を潰しました。


ビジネスラウンジ入り口


ビジネスラウンジ内部

 5時半に登場開始。 窓際の席だったので、タクシー前に外を撮影。 寒々として霧も出ています。


離陸前の空港

 無事離陸し、水平飛行に入ってから食事のサービス。 ハム、チーズ、ピクルスとパン、オレンジジュースのシンプルな朝食です。


今朝の機内食

 エコノミークラスの一番前の席を取ったのですが、ラッキーな事に隣2席は空いており、食後横になってぐっすりと眠る事ができました。  飛行3時間でフランクフルトへ到着です。  フランクフルトは2時間の時差があって、現地時刻朝の6時50分。

 到着後バスでターミナルへ移動。  最近のテロ未遂事件を受けフランクフルト空港のセキュリティが強化されてターミナル内の手荷物検査も時間がかかりました。 乗り継ぎ時間1時間10分ギリギリでコペンハーゲン行きの8時発LH3070便に乗り込む事が出来ました。


LH3221便からバスでターミナルへ移動

 飛行時間1時間25分でコペンハーゲンへ到着。 こちらは時差なしで朝の9時25分。  コペンハーゲンでは空港のヒルトンホテルに宿泊。  今回ウィンターセール50%引きで1泊朝食付き1万3千円とお値打ち価格。  ホテルへは空港施設内の歩道を歩いて3分と便利。


コペンハーゲン空港ロビー


ヒルトンホテルの部屋

 ホテルで一休みしてから、コペンハーゲン市内へ繰り出します。 空港内から出ているエストーと呼ばれる芋虫みたいな形のデンマーク国鉄の列車に乗って中央駅まですぐです。料金は34.50デンマーククローネ


エストー列車内部


エストーの車体


コペンハーゲン中央駅


コペンハーゲン中央駅のコンコース

 お腹が空いたので昼食を食べることに。 中央駅の目の前にチボリ公園と言う観光名所があり、その通り沿いのアンデルセンベーカリーのホットドッグコーナーでホットドッグを食べることに。  知らなかったんですが、このお店日本が発祥なんですね。


アンデルセン


店内

 店内はカウンターのみで、メニューもホットドッグ5種類と飲み物のみ。  メニューはデンマーク語のみなので良く分からなかったのですが、一番人気が"GrandDanois"(グレート・デーン)と名付けられたホットドッグだと言うので、これにしました。 お値段は50DKK


Grand Danoisホットドッグ

 ホットドッグには図太いソーセージにマスタード、ケチャップ、ピクルス、そしてフライドオニオンがてんこ盛りに乗ってます。(..;)

 お上品に食べようと思っても、上のトッピングがどんどんこぼれて散々な目に遭いました。  手なんかべとべとです。 


ソーセージのアップ

 肝心のお味は、ソーセージがやや強めの塩気がありますが、粗挽き肉で美味しい♪ パンも少々クラスト感があり、美味しいパンです。  ただソーセージの皮(ケーシング)が厚くて噛みちぎりにくい上に、熱々なので上顎を火傷しちゃいました。(;_;)

 飲み物はそのデザインに惹かれたコーラ。 なんと読むんでしょうか。 「オーコ」コーラかな? 20DKKでした。 味は普通。


OKO COLA

 お腹がふくれたところで、お店を出てチボリ公園を通り過ぎ、コペンハーゲン市庁舎を目指します。 目的は人魚姫の像で、市庁舎前広場から26番バスが出ているとの事。


チボリ光園入り口




コペンハーゲン市庁舎

 市庁舎前広場からバスに乗って15分程で人魚の像最寄りバス亭"Indiakaj"に着きました。  寒々とした風景の中人魚の像を目指して歩きます。

 目的の人魚の像はバス亭から歩いて5分の所にありました。 真冬だからか観光客もそこそこしかいません。 取りあえず写真を撮影して、その辺にいた観光客を捕まえて、僕と人魚姫のツーショット撮影もお願いしました。


人魚の像


人魚の像パノラマ

 寒さに震えながらさっき降りたバス亭を目指し、反対側の車線のバス亭から26番線に乗りコンゲンス・ニュートーゥバス亭を目指します。 次の目的地はニューハウン。  コンゲンス・ニュートゥバス亭を折り、王立劇場を抜けてニューハウンに着きました。


26番バス


王立劇場

 ニューハウンは運河沿いにカラフルな木造家屋が建ち並ぶコペンハーゲンの名所。 童話作家のアンデルセンもここに居を構えるほど愛したとか…

 でも真冬の運がは氷が張って寒々としています。 観光客もそれ程多くはありませんね。


ニューハウンの運河


運河に停泊する船舶

   
   
ニューハウン通りの景色


氷を押し分けて進んでくるカナルツアーの船

 10分程通りを歩いて、次の目的地のストロイエに向かいます。  途中コンゲンス・ニュートゥのクリスチャン5世像にご挨拶。


クリスチャン5世像

 ストロイエはコンゲンスニュートゥーと市庁舎を結ぶ目抜き通りで、北欧一のショッピングストリートだそうです。 有名ブランドやお店が建ち並んでいます。


ストロイエ入り口


ギネス・ワールド・オフ・レコーズ博物館


ルイ・ヴィトン


ジョージ・ジェンセン


ロイヤルコペンハーゲン

 精霊教会前にはコーヒーやお菓子を売る屋台が出ており、ストリートミュージシャンが演奏してました。


コーヒー屋台


お菓子の屋台


ストリートミュージシシャン

 ニュートーゥ広場を右に曲がると聖母教会があります。 中で聖歌隊が歌の練習をしています。 休憩がてらかれらの美しい歌声を聞きました。


聖母教会


教会内部

 そろそろ疲れて来たので、早めの夕食を取ってホテルに戻る事にしました。 「地球の歩き方」の読者のお便りコーナーで神奈川県の山下友子さんがお勧めする聖母教会近くのレストランを目指して歩きます。

 聖母教会からは3分程ですぐに見つかりました。 "Det Lille Apotek"と言う半地下になったお店です。 よさげなので入りました。


Det Lille Apotek

 店内は古い絵やら写真やら皿やらが飾られてなかなか雰囲気があります。 ウェイトレスも愛想が良く、英語も問題無く通じます。


店内

 取りあえず、デンマークの地場の物を食べたかったので地のダークビールとウェイトレスがお勧めしたミートボール(フリカデーレ)を注文しました。


Norrebro Bryghusのダークビール 54DKK


フリカデーレ 64DKK

 ダークビールは良く冷えており、口当たりとのど越しも良いとっても美味しいです。 フリカデーレも多少ぱさついていましたが薄味でいけます。 付け合わせはピクルスとビーツそしてライ麦パン。

 テーブル上のペーパークロスに書いてある能書きでは、もともと薬屋(Apotek)だったそうで、1720年にレストランとしてオープンし、内装なども当時のままだそうです。  アンデルセンなどの著名人も良く通った名店なんだそうです。

 お腹が一杯になった所で、ホテルのある空港を目指して再び歩きます。 午後5時なのに空は既に暗くなり始めています。  来るときは国鉄でしたが、帰りは空港まで地下鉄で行くことに。  最寄りのノアポート駅から乗りました。

 コペンハーゲンの地下鉄車両は駅は非常にモダンです。 そして車両は無人運転。 内部も北欧風デザインでシンプルに纏められています。


コペンハーゲン地下鉄


地下鉄内部

 無事にホテルまで戻り、疲れた体を休めるために早めに就寝しました。 (-_-)zzz


Anderson Bakery Doghouse (Tivoli Nimb内)
Bernstorffsgade 5, 1577 København V

Det Lille Apotek
Store Kannikestræde 15, 1169 København K
Tel: 33-12-56-06
平日:11:00-24:00
日曜:12:00-24:00

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30