無料ブログはココログ

カナダ

2013年3月17日 (日)

海外出張7日目 ~モントリオールからLAへ~

本日はカナダからの移動日です。 ホテルを朝5時過ぎにチェックアウトしてモントリオール空港へ向かいました。 チェックイン自体はものすごくスムーズに終わったけど、出国検査ラインが以上に混雑していて1時間以上並びました。 予算の関係により人員不足で長蛇になる旨貼り紙やアナウンスが再三あったけど、その通り。(#゚Д゚)ゴルァ!! 

 手荷物検査の後は、アメリカ入港審査が当地で出来るので、入国許可をもらってからゲートへ。 途中カナダ航空のラウンジがあったので、軽めの朝食を食べました。 その後8時5分発のAC797に搭乗しました。  


ラウンジ


朝食


AC797便

 機内では機内食は有料なので飲み物だけもらって映画をひたすら見て過ごしました。 エディーマーフィーのBowfingerと、イランの米大使館占拠事件をテーマにしたArgo。 全社はドタバタナンセンスコメディだけど、後者は実話を元にしていて面白かった…

 そして6時間程でロサンゼルス空港に到着。 入国審査はすでにカナダで済ませてあるので、直ちに手荷物ロビーへ。 ロビーには現法のT氏が迎えに来てくれていたので、荷物を受け取り車でトーランスのホテルへ。  


LA空港

 チェックイン後すぐに車で近くのスーパーのフードコートへ行き昼食を食べました。 今回はラーメンな気分だったので山頭火でチャーシュー麺とミニチャーシュー丼そして味玉子が付いたセットにしました。  


山頭火 トーレンス店


チャーシュー麺とミニチャーシュー丼に味玉子


ラーメンのアップ

 山頭火は過去日本にもあるし、シンガポールでも見かけたけど実食するのはこれが初めて… とんっこつベースでコクのあるスープに腰のある中華麺が(゚Д゚ )ウマー この前パリで食べたなりたけより美味い! チャーシュー丼のチャーシューはちょっと硬いね。

 食後は一旦ホテルへ送ってもらい、時差の関係で部屋で夕方まで仮眠しました。 午後6時にT氏の車でトーランス和食レストランへ。 今回は以前うちの会社の現法で働いていて、今はライバル会社に勤務する韓国人のパク氏も情報交換のため同席。


さぬきの里

 最初に刺身の盛り合わせ。 その後、きんぴらごぼう、一口かつ、鶏竜田揚げ、豚角煮、リブアイステーキ、漬け物を3人でシェアして食べる… どれも外れがなくて美味しいです♪ 


刺身盛り合わせ


きんぴらごぼう


一口かつ


鶏竜田揚げ


豚角煮


リブアイステーキ


漬物盛り合わせ

 〆は冷やしウニとろろうどんにしました。 麺はここで手打ちかと思って店員さんに聞いたら、こっそり冷凍麺だと教えてくれました。 食べてみるとなるほど冷凍麺って感じですが生麺と比べてもそれ程遜色はありません。



ウニとろろうどん


うどんのアップ

 食後ホテルに戻りネットを少しやってから早めに就寝しました。

2013年3月16日 (土)

海外出張6日目 ~モントリオールの休日~

 昨日は午後6時に爆睡したので、夜中の2時過ぎに空腹感とともに目覚めました。 モントリオールの名物の一つに、モントリオールスタイルのベーグルがあります。 ニューヨークスタイルのベーグルと比べると小ぶりで甘みがあって美味しいです。 モントリオールスタイルのベーグルで有名なお店が2軒ありますが、その内の一つであるFairmount Bagelに行ってベーグルをポピーシード、セサミ、ガーリックを買って持ち帰り部屋でコンビニで買ったチーズクリームを塗りながら食べました。


Fairmount Bagel


薪窯でベーグルを大量に焼き上げる店内


買ってきたベーグル


ベーグルの断面


クリームチーズを塗って食べます。

 セサミベーグルは、まだ温かくもちっと(゚Д゚ )ウマーで2個あっという間に食べた。 ポピーシードは冷めていたけど、これも美味しい。 ガーリックはやや硬くて、ガーリックの苦みが少しあったので半分ぐらい残しちゃいました。

 夜食を食べた後で二度寝して、起きてからは午前中は部屋でのんびり過ごしました。 お昼頃起き出してぐるなびで見たケベック州の郷土料理を食べられるお店へ地下鉄で行きました。 


ホテル


地下鉄の改札


モントリオールの地下鉄

カウンターがメインの大衆食堂的なお店だけど、結構有名店みたい。 後から隣に座った地元のカップルのお兄ちゃんもメキシコから戻る飛行機の雑誌でこの店を見てきたと言っていた。


ラ・ビネリー・モン・ロワイヤル (La Binerie Mont Royal)


店内

 注文したのは、地元ケベック州の郷土料理が盛り合わせてあるケベックプレートのセットです。 まず豆のスープが出て来たけど、豆のうま味がある薄味で美味しいスープです。 


豆のスープ


スープのアップ

 次は当店名物のベイクドビーンズです。 寒いケベック州の冬を乗り切るために、豆をラードで煮るように焼いてある高カロリーな一品。(゜Д゜) シンプルながら、ラードのコクがあって美味しかったです。 


ベークドビーンズ

 メインのケベックプレートは、ミートボールにトルティエと言うミートパイ、そしてマッシュポテトに温野菜が乗っています。 ミートボールはコリアンダーか何かの風味が強いグレイビーがかかっています。 


ケベックプレート

 ミートボールのひき肉は、肉の繊維がつぶれていてパサッとした感じです。 ミートパイもまぁまぁの味で、ケチャップをかけて味を調えて食べました。 郷土料理だから素朴でまぁこんなもんでしょう。 セットにはお好きなデザートが付いていたのでブランマンジェを選びました。 想像していたのと違ってライスプリンみたいなドロドロのやつ。 甘さ控えめでなかなか素朴で美味しかったです。


ブランマンジェ


セットのコーヒー

 レストランからホテルへ地下鉄で帰る時、地下鉄駅横にある売店が気になって入ってみました。 


地下鉄駅の売店

 店頭で雪に見立てた氷の上に、熱々のメープルシロップを帯状に流して固めたものをキャンディーとして売ってたので買ってみました。 一つ2カナダドル。 シンプルだけど、メープルシロップの香りがして美味しいです。 地元の食料品もいろいろ売っているので、チョコとかメープルシュガーキャンディーとか買ってみました。


熱々のメープルシロップを雪に見立てた氷に流します


冷えて固まったメープルシロップを棒に巻き付けます



メープルタフィー (Tire d'érable sur la neige)

 その後は一旦ホテルに戻り、夜まで休憩し夕方はホテル横にあるホットドッグのお店で夕食をたべました。 


モントリオール・プール・ルーム(Montreal Pool Room)


店内

 こちらのお店は創業100年以上経つ老舗のホットドッグのお店です。 名物のホットドッグとプーティンと言う料理をサイドで頂きました。


ホットドッグとプーティン

 プーティンは、移民の国カナダで生まれた数少ない国民食だそうで、フライドポテトにチーズカード(熟成する前のチーズ)とグレイビーソースをかけたシンプルな料理です。


プーティンのアップ


ホットドッグ

 こちらのホットドッグは、パンとソーセージを蒸してつくるモントリオール式のホットドッグで、刻みタマネギやコールスローが乗っていてやや酸味があってさっぱりとして美味しいです。 プーティンもポテトがカリッと揚げられていて、妙に後を引くグレービーとチーズ味が控えめなカードがマッチして美味いっす。(゜Д゜) このグレイビーとチーズカード、かつ丼にかけてもいけるんじゃないかと考えながら食べました。

 食後は再びホテルにもどり、翌日に備えて9時すぐに就寝しました。

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30