無料ブログはココログ

ニュージーランド

2013年8月16日 (金)

海外出張13日目 ~オークランドからシンガポール~

 本日は心配したけど、ホテル内ロビーに設置されたSQの伝言ホワイトボードによると予定通り午後2時になんとか飛びそうなので、9時半頃お粥とベーコンなんかを朝食を食べて部屋に戻り荷造りして11時にチェックアウトしてタクシーで空港へ行きチェックインしました。


SQの伝言ホワイトボード


朝食


オークランド空港

 チェックイン時には当初17日早朝だった名古屋行き便の代わりにアシアナのソウル経由名古屋便を確保していてくれました。

 チェックイン後ラウンジで休憩しているとGo to Gateになったのでゲートへ行き無事搭乗する事が出来ました。 ゲートでは心づくしのスナックやドリンクがあり、SQのスタッフが機体の不良の原因とその善後策や進行状況を説明した上で、深い謝罪の意を表明したら、僕を含めてSQの対応に納得した乗客の多くから拍手が生まれました。


シンガポール行きSQ便

 飛行機は無事出発し一安心。 機内ではネットも出来ます。 映画をみながら食事は最初が豚肉のキャセロールペンネ添え、2回目がブレーズしたサーモンのアジアソース、ライス添えを頂く。


豚肉のキャセロール


アイスクリーム


サーモンのブレゼ

 飛行機は予定より20分程遅れてチャンギに到着しました。 空港からBooking.comで急遽予約しておいた市内のPark Regisホテルへ向かいました。


チャンギ空港


Park Regis Hotel


ホテルの部屋

 ホテルにチェックインしてシャワーを浴びると小腹が空いたので、目の前にあるクラークキーで喉を潤す為にビアホールへ行きIPAとカラマリを食べました。


クラークキー


Brewerkz


店内


IPI (Indian Pale Ale)


フライド・カラマリ

 〆にラクサが食べたくなりタクシーでラオパサまで行ったけど、唯一ラクサをやっているお店がラクサ売り切れだったので諦めてホテルに戻り、ネットして就寝しました。

2013年8月15日 (木)

海外出張12日目 ~オークランドで立ち往生~

 本日はオークランドを離れる日です。 ブルースにホテルへ9時半に迎えに来てもらい空港へ送ってもらい、12:45発のシンガポール航空便にチェックインしてラウンジで軽食を食べて休憩し、搭乗時刻少し前になったのでゲートへ向かいました。


オークランド空港


ラウンジ


ラウンジの朝食

 ゲートで予定の搭乗時刻になっても搭乗がちっとも始まらず、どうしたのかと思ったらアナウンスがあり、飛行機の部品の欠損が見つかったので、2~3時間搭乗が遅れると言われました。(゜◇゜) 

 取りあえずバウチャーを出すので昼食を食べに言って2時間後に戻って来いと言われたので、もらった20ドルのバウチャーを握りしめて、フードコートにある怪しげな寿司屋でシーフードうどんとチキン照り焼きやアボガドが入った巻ものを食べました。 丁度20ドル。 


リフレッシュメント・バウチャー


巻き寿司とうどん

 うどんは具材も麺も冷凍だったけど、スープも悪くなく日本のカッパ寿司で食べる程度の味はあります。 巻寿司も悪くないです。 食後近くにあったショコラティエのニュージーランド産のアイスクリームを食べたけど、今ひとつでした。


アイスクリーム

 午後3時まで時間があるので再びラウンジへ行ってネットして時間を潰しました。 ところが、掲示板を見ると3時予定の出発が6時に変更になっている! 

 仕方が無いので6時近くまで時間を潰してゲートに行ってみると、機体の修理が間に合わないので、出発を明朝10時にすると言われた。ガ━━(;゚Д゚)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━ン!!!!!

 取りあえずSQのスタッフに、「市内にホテルとホテルまでのバスを用意した」と言われ、ゲートで配られた入国申請書を再び記入して、再入国し戻ってきた手荷物を持ってロビーへ行くと、SQの係員が立っていてビジネスクラスの乗客かと聞いてきました。 違うけどスターアライアンスゴールド会員だと言ったら、空港からホテルの往復タクシーバウチャーをくれました。 そしてLanghamと言うホテルに行けといわれたのでタクシーで向かいました。

 着いてみると指定されたホテルは結構ゴージャスで、宿泊代の他に30ドル迄の電話料金、インターネット、夕食ビュッフェ、朝食ビュッフェが付いていると言うので納得してチェックインして部屋で取りあえずシャワーを浴びました。


ホテルの部屋

 落ち着いたらお腹が空いたので、食事をしにレストランへ行ったら結構ビュッフェが凄くて驚きました。 カキ、3種類のエビ、カニの冷製コーナー、シーフード鉄板焼き、ステーキ、寿司、カレー、フレンチのコーナーがあって、シーフードとステーキは選んだ素材をシェフに渡すと目の前で調理してくれる。  SQ持ちなんだけど貧乏性なんで元を取ろうといろいろ食べました!


寿司コーナー


サラダコーナー


シーフード鉄板コーナー


フレンチコーナー


カレーコーナー


デザートコーナー


生ガキ


エビ、カニの冷製、点心


シーフード鉄板焼き


寿司とローストビーフ


カレー


デザート

 超腹パンで部屋に戻りしばらくするとSQのスタッフから電話が入り、明日の朝は10時の出発だったが、14:00に変更になったのでホテルを11時に出発して欲しいとの連絡がありました。 そして予定していたシンガポール滞在が遅れたので、乗り継ぎ便を新たに探してくれるとの事でした。

 取りあえず、特に何をしていたわけでもないけど疲れたので、そうそうに休みました。

2013年8月14日 (水)

海外出張11日目 ~オークランドプチ観光と巨大ステーキ~

 本日は午前中客先を訪問を済ませ、午後は最終日なのでブルースが観光に連れて行ってくれました。 事務所から海沿いの道を走ってBristomart駅あたりへ抜け、スカイタワーの中にあるスカイシティーへ行き52階の1時間で1回転する展望レストランでランチしました。


海沿いの道から見えるオークランド市街


スカイタワー


Orbit 360° Dining


展望レストランから海側


展望レストランから陸側

 料理は前菜とメインに飲み物がついているエクスプレスコースが49NZドル。 展望台へ上るだけでも28ドルなので実質21ドルでランチが頂けます。  

 前菜に選んだソルト・アンド・ペッパー・スクイッドは、早い話がイカの唐揚げです。 新鮮なイカがカリッと揚がっていて美味しい♪ 



 メインには本日のHapukaと言うスズキみたいな白身魚のグリルにしました。 これも新鮮で上品な味わいで、魚の下に敷いてあるリゾットもイカやらエビの細切れが入っていて深い味わいで、ココナッツミルクの風味もあってポリネシアン・タッチ♪  


ハプカのグリル

 食後はレストラン下にある展望台に降りて、スカイタワーからの展望を堪能してから、ホテルへ送ってもらいブルースと分かれました。

 夕方は折角オークランド最後の夜だからと、思い切って再びオークランド市内まで電車で来て、ネットで評判のステーキ・レストランへ行きました。 


アンガス・ステーキ・ハウス

 こちらのお店は38ドルでサラダバーが付いて、冷蔵ショーケースから好きなお肉を選んで焼いてもらうシステムです。 

 どうせなので巨大なTボーン・ステーキに挑戦。 頼んだ通りレアに焼かれたTボーンは、少し繊維質だけど、サクッとした歯ごたえとなかなかジューシーで割と美味しかったです♪


冷蔵ショーケース


巨大Tボーンステーキ


調理場


サラダバーのサラダ


Tボーン・ステーキ


レアに焼けています

 腹パンになったその後、今度は間違え無いように電車に乗って、ホテルへ戻り就寝しました。

2013年8月13日 (火)

海外出張10日目 ~オークランドのダウンタウンへ~

 本日はブルースに午前中事務所で打合せし、お昼は近くのカフェへ連れて行ってもらいました。 


KREEM PENROSE

 食べもにも力を入れているお店で、ショーケースにはキッシュやパイやサンドイッチにならんでビーフカレーライスがあったので食べてることにしました。 


色々な食べ物があります


ビーフカレーライス

 頂いたカレーライスは、スパイスが効いてなかなか本格的で美味しいカレーでした。  午後は打合せをして、夕方ホテルへ送ってもらう前にホテル近くの町にあるブルワリーバーへ連れて行ってもらい一杯やりました。


Union Post Brewbar


陽気な店員さんたち

 バーで飲んだ後はホテルへ戻り、夕食は一人でダウンタウンへ出かける事にしました。  ホテルすぐ前にあるGreenlane駅から電車に乗ってオークランドの中央駅であるBritomart駅へ行きました。。


Bristomat駅


電車

 目的のお店は、ネットで見つけたオークランドのランドマーク、スカイタワー(SKYTOWER)の下にあります。 駅から徒歩でスカイタワーを目指して歩きました。


遠くに見えるスカイタワー


スカイタワーの真下

 お店はネットの評判通り満席で待ちがあったので、予約して近くのカフェに行き時間を潰して8時半に戻ったらカウンター席が空いたので着席できました。


Depot Eatery


店内

 飲み物はビールみたいにタップから注がれるワインをもらい、料理はまずカキやクラムのバーからそれぞれを2個ずつとラムのあばら肉を頂きました。 


貝類のショーケース


カキとクラムの盛り合わせ


薄焼きパン


ラムのあばら肉

 カキとクラムは新鮮でなかなか良かったけれど、オーストラリアのスパゲティ屋で食べたカキの方がずっと美味しかったかな。 ラムは少しラム肉独特の臭いがあるけど、脂が乗っていました。 マリネみたいにたれに漬け込んだな状態のお肉を焼いてあり、ベリー系と思われる甘めのソースもかかっていて美味しかったです。 

 帰りもBristomart駅からGreenlane駅へ行く電車に乗ったつもりだったけど、乗り間違えて全然違う方面へ行った事に気づき、親切な車掌さんのアドバイスに従い、途中の駅で下車し、車掌さんが呼んでくれたタクシーでホテルへ戻りました。下車した際に車内にいたマオリ系の日本語を話すニュージーランド人がタクシー乗り場まで連れて行ってくれてありがたかったです。(..;)

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31